HOME > 2015年04月16日
このエントリーをはてなブックマークに追加

2015年04月16日

Q: 直帰率と離脱率の違いは何でしょうか?また、これらの率が高まると検索順位に悪影響を及ぼすのでしょうか?

2015年04月16日
A: この2つは似ている感じなので最初はわかりづらいですが、直帰率と離脱率の違いは次のようになります。

直帰率:
当該ページから開始されたすべてのセッション数に占める、ユーザーがそのページだけ閲覧してサイトを離れたセッション数の割合です。英語ではbounce rateと言います。

これは平たく言えば、Googleなどの検索エンジンで御社のサイトを見つけたユーザーが御社のページに訪問してそのまま検索結果ページに戻ってしまったら直帰されたということになります。

こうしたことが増えていくとそのページの直帰率が高まることになります。



離脱率:
当該ページのすべてのページビュー数に占める、そのページを最後にユーザーがサイトを離脱したセッション数の割合。つまり、訪問者が最後に見たページになる割合ということです。
英語ではabandonment rateと言います。

これは平たく言えば、Googleなどの検索エンジンで御社のサイトを見つけたユーザーが最初のページを見た後に複数のページを閲覧し、その後申し込みフォームのページに行ってからそこでブラウザーを閉じたり、前のページに戻っていったとします。
そうするとそのページは離脱されたということになります。
そしてこうしたことが増えていくと御社のお申込みフォームのページの離脱率は高まることになります。

もう一つのご質問ですが、離脱率や直帰率も検索結果に影響あるかということですが、影響はあります。
そして年々影響する度合いは高まってきています。

直帰率、離脱率を下げるための対策はたくさんあります。
今後このブログ内で、どうすれば直帰率、離脱率を下げることが出来るかの工夫を解説させていただきます。
Q:どうすれば直帰率を下げることが出来るのでしょうか?

地域キーワードでの検索順位が落ちる原因は?

2015年04月16日
本日、無料コンサルティングをご利用いただいた方のうち2社の方が同じ問題で検索順位が落ちていることがわかりました。

それは、地域キーワードの書きすぎという問題です。

地域キーワードを狙っている場合、例えば「工務店 横浜」を狙っている場合、横浜という言葉を書きすぎると「工務店 横浜」での検索順位が著しく落ちることになります。

特に気をつけるべき点はブラウザのソースモードでウェブページを見た時に

title="



alt="

の部分に地域名が入っている場合です。

そうしたところはブラウザーの通常のモードで見た時に目に見えない部分なので見過ごしてしまうことが多いのが現実です。

トップページだけではなく、どのページにおいてもメインのキーワード(例:工務店)が7回書かれているとしたら地域キーワードは2回(例:横浜)の7:2の比率以下に地域キーワードを書く比率を抑えるようにしてください。

最近見かけるのは、地域キーワードのほうがメインのキーワードよりも多く書かれており地域キーワードを含めた複合キーワードでの検索順位が下がっている事例です。

地域キーワードが含まれる複合キーワードを目標キーワードにしている方はその部分を再確認して修正してみてください。
このエントリーをはてなブックマークに追加
                    
鈴木将司の最新作品
プロフィール
一般社団法人 全日本SEO協会 代表理事

鈴木将司
<< 2015年 04月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
最新記事