HOME > 2020年02月
このエントリーをはてなブックマークに追加

2020年02月

マイクロソフトが『2020年にマーティング担当者にとって最も重要なハードスキルはSEO』と発表

2020年02月14日

年末年始にGoogleは2つのアップデートを実施しました。

1つ目のアップデートは2019年12月10日に日本語版Googleを含む70カ国で実施したBERTアップデートで、2つ目のアップデートは2020年1月14日に実施したコアアップデートです。

これまでコアアップデートの意味と上位表示対策を一年半に渡って解説してきましたが、それらの対策をしていたところは無事検索順位が上がりGoogleの自然検索結果ページからのアクセス数が大幅に増えています。

2月も中旬に差し掛かりましたがその間アルゴリズムアップデートは実施されていません。

今回は、マイクロソフトが発表したSEOに関わるレポートをご紹介したいと思います。



マイクロソフトが1月30日に発表したレポート「2020 Vision: Trends to define the next decade」(2020年のビジョン:次の十年を決めるトレンド)によると・・・

2020年にマーティング担当者にとって必要なスキルは:

《ハードスキル》
SEO
データ分析
コピーライティング
行動分析
自動化


《ソフトスキル》
独創性
人間性
共感力
適応性
透明性


だということです。

そして、求められるハードスキルの中で最も重要なものが「SEO」だと述べています。

SEOに関わる人にとってはとても嬉しいニュースです。

ハードスキルとは:
学習や教育から得た知識を使いこなせる能力。特に技術的能力。XX検定2級、XX資格試験3級というように、試験を行うことによって測定可能。(英辞郎より)

ソフトスキルとは:
対人的な交渉・指導・意思疎通などをうまく行える能力(または知恵)。ハードスキルと異なり、能力の測定が困難。(英辞郎より)

ということですので、SEOの技術は学習すれば獲得できて、レベルもある程度測定できるということです。

求められるハードスキルの中でSEOが一番重要だと発表されたことはとても嬉しいですが、その下にある:

データ分析
コピーライティング
行動分析
自動化


などもよく考えてみるとSEOを成功させるにあたって重要な技術です。

データ分析:サーチコンソールやGoogleアナリティクスを始め、各社が提供するSEOツールを使いこなせないと自社サイトの状況ばかりがライバルサイトのことが全くわからずどの程度まで努力すればよいのか、どの方向に進めば良いのかが見えてきません。

コピーライティング:コピーライティングというのは広告文を書くライティングテクニックのことです。そしてそれは広告文だけでなく、Webサイト上のコンテンツの質を高める武器になります。コンテンツの質が高いものがユーザーに好まれ、それをGoogleが評価してサイトの検索順位を引き上げてくれます。

行動分析:これは主にGoogleアナリティクス等のアクセス分析ソフトを使ってユーザーのサイト内での行動等を分析するスキルなのでSEOの成功に役立つ技術です。

自動化:Webサイトの品質を上げたり、メディアサイトやSNSに情報を投稿するには全てを手動で行うのは時間的なロスになります。これを避けるためにはある程度の自動化が求められ、すでに多くの企業が自動化するためのツールをクラウド型サービスとして提供しています。

SEOの成功のために必要なスキルはこれだけではありません。

ソフトスキルと分類される:

独創性
人間性
共感力
適応性
透明性


等のスキルも、良質なコンテンツを作る際や、それを世の中に広めようとするときに使うSNSやプレスリリース、そして急拡大するYouTubeでの情報発信で求められる重要なスキルです。

サイト運営者に求められるSEO技術は近年高度化する一方ですが、2020年からのSEOの成功のためには特にこれらのハードスキルとソフトスキルを幅広く磨く必要があります。

BERTアップデート・コアアップデート実施後でも検索上位表示出来るページを作る方法

2020年02月29日

年末年始にGoogleは2つのアップデートを実施しました。
1つ目のアップデートは2019年12月10日に日本語版Googleを含む70カ国で実施したBERTアップデートで、2つ目のアップデートは2020年1月14日に実施したコアアップデートです。

これら2つの大きなアップデートが実施された後でも高い検索順位を維持しているページがあります。

それらのページの最大の特徴は一問一答形式のWebコンテンツづくりに徹しているという点です。

たとえば「坐骨神経痛」というキーワードで順位を上げたいときにはどのような内容のWebページを作れば良いのでしょうか?

それは、検索ユーザの検索意図を推測して、その意図を満たすページを作成することです。

検索意図というのは検索ユーザーが探しているページに期待している情報の中身=コンテンツのことです。

検索ユーザの検索意図を知るにはどうすれば良いのでしょうか?

現実的な方法は1つしかありません。それは実際に「坐骨神経痛」というキーワードでGoogle検索してどのようなWebページが上位表示しているのか、Webページの内容を読んでみることです。

ただ、漠然と文章を読むのではなく・・・

ページの構成はどうなっているのか?

という観点で観察するのです。

実際に以前私が「坐骨神経痛」というキーワードでGoogle検索したら上位表示しているページには必ずと言ってもよいほど:

(1)意味
(2)原因
(3)治療方法
(4)予防方法


の4つの項目で構成されていました。

目標キーワードの1〜20位くらいまでが、どんな構成のWebページで占められているのか徹底的に調べましょう。

上位10位に関しては、検索意図を満たすページに仕上がっている可能性が高いです。このため、それらの構成は大いに参考になります。学ぶべき点は貪欲に取り入れましょう。

ただ11位〜20位までに関しては? それほど検索意図を満たせていない恐れがあります。そこで、ページ構成を安易に取り入れることは控えましょう。

これらの検索意図がはっきりしたら、それをページ構成に忠実に反映することです。その意図から外れたことを載せてしまうと、ノイズと判定されるため自ら墓穴を掘ってしまうことになります。

ノイズの無いページを作ることの他に、もう一つ重要なポイントがあります。

それは複数の検索意図を1つのページで満たそうとしないことです。

【複数の検索意図を1つのページで満たそうとしている悪い例】


【1つのページで1つの検索意図を満たそうとしている良い例】


このように1つの検索意図を1つのページで満たすという切り分けが上手くいっているページがBERTアップデート・コアアップデート実施後でも検索上位表示出来ています。

Googleという検索エンジン会社から見ると、検索ユーザーが検索キーワードはクエリ(問い)です。

そして私達Webサイト運営者が作成するWebページはその「問い」に対する「答え」なのです。

検索ユーザーが入力した「問い」に対して最も的確な「答え」を提供したWebページが上位表示する、それがBERTアップデート・コアアップデート実施後のSEOでの最も重要なキモです。

このキモを絶対に外さずに一問一答のWebページ作りを目指して下さい。

必ずその努力は大きく報われるはずです。
このエントリーをはてなブックマークに追加
                    
鈴木将司の最新作品
プロフィール
一般社団法人 全日本SEO協会 代表理事

鈴木将司
<< 2020年 02月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
最新記事