HOME > 上位表示のヒント
このエントリーをはてなブックマークに追加

上位表示のヒント

Googleはページ内に書かれている内容を厳しくチェックしている!

2024年05月17日

今回は、Googleの検索エンジンにおけるコンテンツ評価の仕組みについて解説します。これから自分のウェブサイトやブログでコンテンツを作成しようと考えている方は、ぜひ参考にしてみてください。

Googleは、ユーザーに役立つ良質な情報を提供することを目指しています。そのため、ウェブサイト上のコンテンツが一定の基準を満たしているかどうかを厳しくチェックしています。では、どのような点に気をつければ良いのでしょうか?


法律的な問題に注意する



法律的な問題に注意することは、ウェブサイトのコンテンツ作成をする上で年々非常に重要になってきています。特に、医療や健康に関する情報を発信する際は、慎重な対応が求められます。

例えば、「この食品にはガンを予防する効果がある」や「このサプリメントには高い効果がある」といった表現は、医学的な根拠がない限り使用を避けるべきです。なぜなら、このような主張は、医療法や薬機法(旧薬事法)などの法律に抵触する可能性があるからです。

医療法とは、日本の医療サービスの質と安全性を保障し、国民全体の健康を守るために制定された法律群のことを指します。特に、「医療法」という名の法律があり、これは医療機関の設置や運営、医療従事者の資格や行動規範、医療に関する施設基準などを定めています。具体的には、病院やクリニックが適切な設備と体制を備え、高い医療サービスを提供できるように規制しており、医療の質を維持するための重要な役割を担っています。
《関連情報》 医療法

医療法では、医師でない者が医療に関する広告を行うことを禁じています。また、薬機法では、医薬品や医薬部外品、化粧品などについて、虚偽または誇大な広告を行うことを禁止しています。薬機法(正式には「医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律」)は、医薬品や医療機器、化粧品等の安全性と品質を確保するための日本の法律です。この法律は、医薬品や医療機器の開発、製造、販売、輸入などの全プロセスにおいて、厳しい基準を設けています。

ウェブ上での医薬品や医療機器の広告に関しては、薬機法により特に厳しい規制があります。これは、誤情報や不適切な広告が消費者の健康に直接影響を及ぼすリスクがあるためです。インターネットでの広告では、製品の効能や安全性に関する正確でバランスの取れた情報の提供が求められています。具体的には、過大な効果を謳ったり、未承認の利用を推奨したりすることは法律違反となります。また、製品の正式な承認内容と異なる使い方や効果を示唆するような広告も禁止されています。

さらに、広告には副作用や使用上の注意も明示する必要があり、消費者が製品を安全に使用できるよう十分な情報提供が義務付けられています。これにより、インターネット上での医薬品や医療機器の情報が消費者に誤解を与えることなく、適切に理解され、安全に使用される環境が促進されることが期待されます。

これらの法規に従う必要があるため、専門的な知識や資格を持たない一般人が、健康食品やサプリメントに医療効果があると言及することは、法的なリスクを伴います。さらに、根拠のない主張は、ユーザーからの信頼を損ねる可能性もあります。医療や健康は多くの人にとって重大な関心事です。もし誤った情報を提供し、それによって健康被害が生じた場合、法的責任を問われるだけでなく、ウェブサイトの信頼性も大きく損なわれるでしょう。

したがって、医療や健康に関する情報を発信する際は、信頼できる情報源から得た正確な情報のみを提供するように心がける必要があります。個人的な意見や経験談を述べる場合も、あくまで主観であることを明確にし、読者に誤解を与えないよう注意が必要です。

このように、法律的な問題に配慮することは、ウェブサイトの信頼性を高め、安全なコンテンツ作成につながります。医療や健康についての情報発信には細心の注意を払い、専門家の監修を受けるなどして、正確で信頼できる情報のみを提供するようにしましょう。


科学的コンセンサスに反する情報に注意する



次に、科学的なコンセンサスに反する情報は避けましょう。例えば、地球温暖化の原因が人間活動によるものであるというのは、気候科学の分野における科学的なコンセンサスの一例です。このようなコンセンサスは、多数の研究や論文、データが一致することによって形成され、科学的な理解や政策決定の基盤となります。

科学的なコンセンサスは、必ずしも全員の意見が一致しているわけではなく、新しい証拠が現れれば変化する可能性もあります。しかし、一般的にはその分野の多くの専門家が支持する理論や見解として認識されています。

科学的なコンセンサスに反する情報を避けることは、信頼できるコンテンツを作成する上で欠かせません。科学的なコンセンサスとは、専門家の間で広く合意が得られている知見や理論のことを指します。

例えば、「新型コロナウイルスは存在しない」という主張は、科学的なコンセンサスに反しています。世界中の研究者や医療機関が、ウイルスの存在を確認し、その特性や感染経路について研究を重ねてきました。こうした事実を無視し、個人的な意見や陰謀論を主張することは、読者に誤った情報を与えるだけでなく、公衆衛生上の悪影響をもたらす可能性があります。

同様に、「地球は平面である」という主張も、科学的な根拠に乏しいものです。人工衛星からの画像や、大規模な測地学的調査、数多くの科学実験によって、地球が球体であることは明らかにされています。こうした確固たる証拠を無視し、平面説を唱えることは、科学的リテラシーの欠如を示すだけでなく、読者の知的好奇心を損ねることにもつながります。

科学的なコンセンサスに反する情報を発信することは、Googleからも低く評価される傾向にあります。Googleは、ユーザーに信頼できる情報を提供することを目指しているため、科学的に誤った主張や根拠のない情報を含むウェブサイトは、検索結果で下位に表示されるか、場合によっては表示されなくなることもあります。

ただし、科学的なコンセンサスは、新しい発見や研究によって更新されていくものです。過去には一般的だった理論が、のちに覆されるケースもあります。したがって、コンテンツ作成者は、最新の研究動向を踏まえつつ、慎重に情報を発信することが求められます。

確かな証拠に基づかない主張や、科学的なコンセンサスに反する情報を安易に取り上げることは避けましょう。代わりに、信頼できる情報源から得た、確かな根拠に基づく情報を提供するように心がけることが大切です。そうすることで、読者から信頼され、Googleからも高く評価されるコンテンツを作成することができるでしょう。


偽情報や捏造情報に注意する



また、偽のランキングや口コミ、捏造された体験談なども、Googleから非常に低く評価されます。最近では、このような虚偽情報は検索結果にほとんど表示されなくなっているようです。

偽のランキングや口コミ、捏造された体験談などの虚偽情報は、Googleから非常に低く評価され、検索結果に表示されにくくなっています。これは、Googleが「E-E-A-T(Experience, Expertise, Authoritativeness, Trust)」という品質評価の基準を重視しているためです。

E-E-A-Tは、コンテンツの信頼性を評価する指標です。偽のランキングや口コミ、捏造された体験談は、いずれもこのE-E-A-Tの基準に反するものです。なぜなら、これらの虚偽情報は、専門的な知識や経験に基づかない、信頼性に欠ける内容だからです。

例えば、根拠のない「商品満足度ランキング」や、実在しない人物による「感動的な体験談」などは、読者を惑わすだけでなく、ときには違法行為に加担することにもなりかねません。商品やサービスの評価を偽ることは、景品表示法に抵触する可能性があります。

こうした虚偽情報は、一時的には読者の関心を引くかもしれませんが、長期的には、ウェブサイトの信頼性を大きく損ねることになります。読者が一度騙されたと感じれば、二度とそのサイトを訪れることはないでしょう。

Googleは、こうした虚偽情報によって読者が不利益を被ることを防ぐために、E-E-A-Tの基準を設けています。偽のランキングや口コミ、捏造された体験談を含むウェブサイトは、品質が低いとみなされ、検索結果での表示順位が下がるか、場合によっては検索結果から除外されることもあります。

実際、最近ではGoogleのアルゴリズム改善により、虚偽情報を含むウェブサイトが検索結果に表示されにくくなっています。これは、Googleが読者に信頼できる情報を提供することを重視し、コンテンツの品質評価をより厳格に行うようになった結果です。

したがって、コンテンツ作成者は、虚偽の情報を発信することは厳に避けるべきです。代わりに、実際の経験や確かなデータに基づく、正直で信頼できる情報を提供することが求められます。読者に誠実に向き合い、価値あるコンテンツを発信することが、Googleからの高評価につながり、結果として検索順位の上昇や読者からの信頼獲得につながるのです。

極端な主張や攻撃的な内容に注意する



過激な意見や誹謗中傷も同様に、低評価の対象となります。客観的な視点を失わず、攻撃的な表現は避けるように心がけましょう。

過激な意見や誹謗中傷を含むコンテンツは、Googleから低く評価される傾向にあります。これは、Googleが「Your Money Your Life(YMYL)」と呼ばれる、ユーザーの生活や健康、財政に大きな影響を与える可能性のあるコンテンツについて、特に厳しい基準を設けているためです。
《関連情報》 YMYLとは?

過激な意見や誹謗中傷は、YMYLの観点から見ても問題があります。なぜなら、こうしたコンテンツは、読者の心理的健康に悪影響を及ぼしたり、社会的な対立を煽ったりする可能性があるからです。例えば、特定の人種や民族、性的指向などを差別的に扱う内容や、根拠のない陰謀論を主張するコンテンツは、読者に不安や偏見を植え付けるだけでなく、社会的な分断を助長しかねません。

また、個人や組織に対する誹謗中傷は、名誉毀損やプライバシー侵害などの法的問題につながる可能性があります。事実に基づかない主張や、侮辱的な表現を用いることは、たとえ意図しなくても、相手の名誉や社会的信用を傷つける行為です。こうした行為は、法的な責任を問われるだけでなく、ウェブサイトの信頼性を大きく損なうことにもなります。

客観的な視点を失わず、冷静で中立的な表現を心がけることが大切です。自分の意見を主張する際にも、相手の立場に立って考え、建設的な議論を促すような姿勢が求められます。感情的な言葉や攻撃的な表現は避け、事実に基づいた論理的な主張を心がけましょう。

また、異なる意見や立場を持つ人々の存在を認め、多様性を尊重することも重要です。一つの見方だけを絶対的なものとして押し付けるのではなく、様々な視点があることを認識し、建設的な対話を通じて相互理解を深めることが、成熟した議論につながります。

過激な意見や誹謗中傷を避け、客観的で冷静な議論を心がけることは、Googleからの評価を高めるだけでなく、読者からの信頼を得ることにもつながります。コンテンツ作成者は、自らの発信する情報が社会に与える影響を意識し、責任を持って行動することが求められているのです。


コンテンツ作成において大切なものは?


コンテンツ作成において大切なのは、真実性、正確性、公平性です。事実に基づいた情報を提供し、中立的な立場を保つことで、ユーザーからの信頼を得られるはずです。その結果として、Google検索でも高く評価されるでしょう。

皆さんも、これらのポイントを意識して、オリジナルで価値のあるコンテンツを発信していきましょう。読者に喜ばれ、読者を喜ばすサイトを高く評価するGoogleにも認められるような、素晴らしいウェブサイトを作り上げることを目指しましょう。


「ノイズ」とは何か?ノイズを減らすとGoogleで上位表示しやすくなる!

2024年05月13日

Googleでウェブページを上位表示させるには、ページ内にあるコンテンツの「ノイズ」を減らすことが重要なカギとなります。今回は、ノイズとは何か、そしてページからノイズを削除する具体的な方法を解説します。


ノイズとは何か?


ウェブページにおける「ノイズ」とは、訪問者が求めている情報以外のすべてを指します。これには無関係なテキスト、関連性の低い画像、そして訪問者の目的に合わない広告などが含まれます。例えば、あるユーザーが「健康的な朝食レシピ」を検索しているときに、「夜食のアイデア」に関する情報が表示されると、これはノイズとなり得ます。このようなノイズが多いと、ユーザーが求めている情報にたどり着くまでの時間が長くなり、ウェブサイトの使い勝手が悪くなります。



ページ内にノイズがあると、検索エンジンの順位が下がります。Googleを含む検索エンジンは、ユーザーにとって有用なコンテンツを優先して表示するよう設計されています。ノイズが多いと、検索エンジンはそのページが質が低いと判断し、ランキングを下げるようになります。

何故、検索エンジンがノイズがあるページの検索順位を下げるかというと、ノイズが多いウェブページは、訪問者にとって混乱やフラストレーションの原因となるからです。ノイズが多いページを見るユーザーは、自分が必要な情報を見つけるために余計なコンテンツを読み飛ばす必要があり、結果的にユーザー体験が損なわれることになります。そうなると、そうしたページが上位表示している検索エンジンはユーザーに良いユーザー体験を提供できなくなりユーザーからの支持を失うことになります。そうした事態を避けるために検索エンジン運営者会社はノイズが多いページを検索の上位から排除するよう努めているのです。

こうしたノイズの削減は、ウェブサイトの全体的な品質を向上させてSEO効果を出す上で非常に重要です。清潔で関連性の高いコンテンツを提供することで、Googleはそのページをより高く評価し、結果的に検索結果での上位表示が期待できます。さらに、訪問者は自分が必要とする情報を簡単に見つけられるため、より満足度の高いウェブ体験が提供され、リピート訪問やサイト内での長い滞在時間に繋がります。


ノイズを削減する方法


ノイズを減らすための方法はいくつかありますが、ここでは最も効果的な手法をいくつか紹介します。

@ 関連性の低いテキストコンテンツの削除


テキストコンテンツは情報伝達の主要な手段ですが、関連性のないものはページの価値を下げる原因になります。例えば、あるページが「健康的な朝食レシピ」を提供することを目的としている場合、そのページに「最新の映画レビュー」のような完全に異なるトピックの内容が含まれていると、訪問者の混乱を招きます。



他にも、例えばあるページが主にガーデニング技術や植物の選び方についての情報を提供している場合、その中に「犬のしつけ方法」や「猫の健康管理」に関するセクションがあると、訪問者は自分の求めている情報を見つけるために余分なコンテンツを読み飛ばさなければなりません。これは明らかに目的から逸脱しており、ページからこのようなペット関連の情報を削除することで、ガーデニングに興味がある訪問者にとってより満足のいくページになります。



このような関連性の低い内容を削除することで、訪問者は目的の情報に素早くアクセスできるようになり、サイトの利用効率が向上し、そのことを検索エンジンが認識して検索順位を高くしてくれるようになります。

A 関連性の低い画像や動画を削除する


ウェブページにおいて画像や動画は視覚的な魅力を加え、内容を強化する役割を果たしますが、メインテーマと関連しないものはただの邪魔になります。たとえば、健康食品の販売サイトに高級車のバナー画像の広告が表示されている場合、これは明らかに目的から逸脱しており、訪問者の注意を散漫にさせます。これらの不要なメディア要素を削除することで、ページはより専門的で誠実な印象を与え、ユーザーの目的に直接的に貢献する情報だけが強調されます。



B 関連性の低いサイト内リンクを削除する


ウェブサイト内のナビゲーションはユーザー体験に直接影響を及ぼし、訪問者が必要とする情報へ簡単にアクセスできるようにするためには、ページ間のリンクが適切に設定されていることが重要です。しかし、関連性の低いサイト内リンクは、訪問者を惑わせるノイズとなり、サイトの効果性を低下させる可能性があります。

たとえば、ソファを販売しているページからベッドを販売しているページへのリンクがある場合、これは一見すると同じ家具カテゴリに属しているため自然に思えるかもしれませんが、ユーザーが特定の製品に焦点を当てて情報を探している場合には適切ではありません。ユーザーがソファについての詳細を求めているときにベッドの情報へ誘導するリンクは、彼らの検索意図とは異なるため、ナビゲーションの混乱を招く可能性があります。



C 関連性の低い外部リンクを削除する


ウェブページに外部リンクを設置する際、そのリンクがページの内容や訪問者の期待と密接に関連していることが重要です。外部リンクは、訪問者に追加情報を提供するためのものであるため、リンク先がページの主題と一致しない場合、それはユーザー体験を損ねる「ノイズ」となり得ます。

たとえば、ソファを販売しているウェブページを運営している場合、訪問者はそのページにおいてソファに関連する情報を期待しています。もし、そのページから食品販売サイトや自動車保険のページへのリンクがあると、これらはソファの購入や情報収集とは無関係であるため、訪問者の興味や目的から逸脱しています。このようなリンクは訪問者にとって有益ではなく、彼らが求める情報への道を複雑にしてしまいます。



D 広告を最適化する


ウェブサイトでの広告は収益源として重要ですが、その配置と量は慎重に管理する必要があります。過多な広告はページを乱雑にし、訪問者が内容を読むことを妨げるため、ユーザーエクスペリエンスを著しく低下させることがあります。広告の数を適切に管理し、コンテンツと調和するようにすることが重要です。例えば、記事の間や画像の横に控えめに配置された広告は、訪問者の体験を損なうことなく、効果的に収益を上げることができます。



ノイズを減らすときの重大な注意事項


ただし、ノイズを減らす時に、1つ重大な注意事項があります。それは単にページ内からノイズを減らすとページ内の情報量が減ってしまい検索エンジンからの評価が下がることがあります。例えば、1,000文字しか書かれていないページに600文字もノイズがあった場合、そのページから600文字のノイズを削除してしまうとそのページの文字数は400文字になってしまいます。400文字しか書かれていないページが上位表示しているという例は今日ほとんど見かけません。検索エンジンはある程度読み応えのある文字数があるページを上位表示させる傾向があります。反対に、文字数が極端に少ないページは内容が薄いと判断して上位表示させない傾向があります。

こうした理由のため、ページ内からノイズを減らすときには、同時に、ノイズではないテキストコンテンツを増やすことが上位表示効果を生み出します。1,000文字しか書かれていないページから600文字のノイズを削除するときは、600文字近くか、それ以上のノイズではないテキストコンテンツを追加するようにしましょう。そうすることにより、ページ内の文字数を極端に減らすことなくページの品質を高めることが可能になります。



以上が、ノイズの意味と具体的なノイズ削減対策についてです。ウェブサイトの品質を向上させるためには、ユーザーが求める情報を的確に提供し、不要なコンテンツや画像を減らすことが極めて重要です。適切なバランスで必要な情報を整理し、過剰な広告や装飾を控えることで、Googleでの評価も向上し、最終的にはサイトの訪問者数やエンゲージメントの向上につながります。



文字数が十分でないとGoogleでは上位表示できない!上位表示に必要な文字数を知る方法

2024年05月08日

最近のSEOのトレンドとして、Googleで上位表示するためには、ウェブサイトの運営者の都合でコンテンツを作るのではなく、検索ユーザーに求められるクオリティの高いコンテンツを提供することが求められます。ウェブサイトを運営する方々は、自分たちが伝えたいことよりも、ユーザーが知りたい情報や見たいものを優先して提供する必要があります。

一つの典型的な問題は、コンテンツの情報不足です。多くの場合、ページに掲載されているテキストの量が不十分で、ユーザーが満足する情報を提供していないことが原因です。何故そのような情報不足という問題が生まれるのかというと、「とりあえずサイトに新しいページを追加してサイトの更新頻度を高めGoogleに評価されたい」というユーザーの存在を無視した自己都合の動機が原因であることがほとんどです。



そのような後ろ向きで、Googleのことだけを意識した発想でサイトを運営していてもGoogleは決してサイトを高く評価することはありません。何故なら、Googleは検索ユーザーに喜ばれるコンテンツを提供するサイトだけを高く評価してその検索順位を高めるからです。つまり、Google検索で上位表示をしたいなら、Googleのことを意識するではなく、Googleが意識している検索ユーザーのニーズを意識する必要があるのです。

コンテンツの情報不足という問題を解決するための解決策は、コンテンツの改善、特に文字数の増加です。文字数が少ないページを見つけたら、ユーザーが必要とする情報量を推測し、それに合わせて文字数を増やすことが重要です。

たとえば、基礎知識コラムなどのコンテンツにおいて、文字数が足りないことが問題となる場合がよくあります。文字数を決める際には、競合他社のページを観察し、彼らの文字数と同じか、それよりも少し多いくらいを目指すと良いです。例えば、あるトピックについて競合他社が平均して750文字しか書いていない場合、それに合わせて自分のページの文字数を調整し、750文字から900文字くらいの範囲の文字数のページにするのが効果的です。



ただし、文字数を増やす際には注意が必要です。過剰に文字数を増やすと、関係ない話題に話が逸れることがあり、これは新たな問題を引き起こす可能性があります。したがって、文字数の増加は、コンテンツの質を損なわない範囲で行うことが大切です。このことを行うには、競合他社のページを観察し、彼らのページにどのような項目が書かれているかを注意深く調べ、自分が上位表示を目指すページにもそれらの項目を載せることが重要です。それにより検索ユーザーの「検索意図」を満たすことができる質が高いページを作ることが可能になります。検索意図とは、ユーザーが検索した時に、ページ内に期待する情報の内容のことを指します。

このように、ウェブサイトのコンテンツは、ユーザーのニーズに応えるために十分な情報を提供し、かつ検索意図を満たす質の高い内容でなければなりません。適切な情報量と質を持つコンテンツを提供することで、Googleでの上位表示の可能性を高めることが可能になります。

例えば、「リフォーム 東京」というキーワードで上位表示を目指す場合、そのキーワードを含めた検索を行い、競合他社のウェブサイトがどれだけの文字数を使用しているかを調べます。そして上位表示をしている競合サイトのページの文字数が1,600文字から2万4,000文字までの幅広い文字数が使用されていたとします。



この1,600文字から2万4,000文字までの幅広い範囲の中で、どのくらいの文字数が自分のページにとって適切かを決める際には、自分のウェブサイトが目指すべき内容と、競合他社のサイト内容を比較することが重要です。自社のサイトがポータルサイトであれば、同じくポータルサイトの文字数を参考にし、工務店のサイトなら同じく工務店のサイトの文字数を参考にすべきです。競合他社のサイトの文字数を把握するためには、文字数カウントツールの使用が有効です。

文字数カウントツールには、測定したいページのメインコンテンツ内の本文の部分にある文字をコピーして、貼り付け、測定ボタンをクリックします。そうすると何文字書かれているかを即時に教えてくれます。



このように文字数カウントツールを使って自社と同業のサイトのページの文字数を測定し、自分のページの文字数と比較します。そして上位表示をしている同業の競合ページの文字数が1,600文字から2,500文字の範囲だったとしたら、自社のページの文字数もその範囲か少し多めに調整します。

ただし、何度も言いますが、単に文字数を増やせば良いというものではなく、検索意図を満たす文章を書く必要があります。ユーザーの検索意図から逸れた内容の情報をページ内に載せてしまうとそれは「ノイズ」ということになり、上位表示にプラスになるどころか、逆効果になってしまいますので注意が必要です。

競合他社のページを観察し、彼らのページにどのような項目が書かれているかを注意深く調べ、自分が上位表示を目指すページにもそれらの項目を載せるようにしましょう。そうすることにより、ユーザーのニーズを十分に満たす内容と情報量のページを作ることができ、Google上位表示にチャレンジすることが可能になります。

このエントリーをはてなブックマークに追加
                    
鈴木将司の最新作品
プロフィール
一般社団法人 全日本SEO協会 代表理事

 鈴木将司

フォローしてSEOを学ぼう!
X facebook insta tiktok youtube
2024年 05月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
最新記事