HOME > 2015年04月30日
このエントリーをはてなブックマークに追加

2015年04月30日

スマホ対応をしていないとスマホ版Googleの検索順位が落ちるだけではなく、直帰率が高まるのでPC版Googleの検索順位も落ちる?!

2015年04月30日
ユーザーが検索結果ページに直帰する9個目の理由として考えられるのが・・・

【9】スマホ対応をしていない

という理由です。

2015年4月21日から全ページがスマホ対応していないとスマホ版Googleでの順位が落ちるとGoogleは発表したばかりです。

すでに先日
https://www.web-planners.net/blog/archives/000055.html
でもご報告したようにスマホ対応していないサイトはスマホ版Googleでの検索順位を下げられています。

通常、今のサイトをスマホ化しようとするとかなりのコストがかかります。

そのためPCサイトの一部だけをスマホ化している企業が多いです。

しかし、Googleがウェブマスター向けブログで発表しているとおり、PCサイトの一部をスマホ化するのでは不十分なのです。

理由は検索ユーザーはトップページから来るだけではなく、サイト内のどのページに突然検索エンジンから来るか予想できないからです。

PCサイトの一部だけを御社が独断でスマホ化したとしても、必ずしもそれらはユーザーが見たいページとは限らないのです。

下の図は米国のShari Thurow氏のプレゼン資料です。そこには「検索エンジンから検索ユーザーが1つのウェブサイトに辿り着いた時、サイト内の深い階層のページに大抵辿り着く」と書かれています。



御社が予期していないページに検索ユーザーが検索エンジンから来た時にそのページがスマホ対応してなければスマートフォンで見た時に「見づらいウェブページだ」と思われてしまったら検索エンジンに戻られてしまい直帰率が高まりサイト滞在時間が減ります。その結果、御社のサイトの評価がGoogleによって下げられてしまいスマホ版Googleでの検索順位が落ちてゆくのです。

そしてそれはドメイン全体の評価を落とすことになり、同じドメインにあるPCサイトの検索順位も徐々に下げられることになります。

今するべきことはPCサイトの全てのページをとにかくスマホ対応することです。

これを御社のウェブ集客における最優先の仕事として取り組んで下さい。

以上、当ブログでは9回にわたって直帰率を下げるための対策について提案させていただきました。

新しいSEO対策のルールの1つは直帰率を下げてサイト滞在時間を伸ばすことです。

出来るところから実施してGoogleによる御社のサイトの評価を上げて、検索順位アップを達成して下さい。
このエントリーをはてなブックマークに追加
                    
鈴木将司の最新作品
プロフィール
一般社団法人 全日本SEO協会 代表理事

鈴木将司
<< 2015年 04月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
最新記事