HOME > 2015年04月27日
このエントリーをはてなブックマークに追加

2015年04月27日

Googleがスマホ版Googleの検索結果を変更開始!!

2015年04月27日
Googleが2015年2月27日に予告した通りに、4月21日から徐々にスマホ版Googleの検索結果がPC版のGoogleの検索結果と違うものになりつつあります。

Googleの公式発表によると4月21日から一週間くらいかけて徐々に差をつけるということです。

スマホ対応しているサイトはスマホ版Googleの検索結果で順位アップして、対応していないサイトの検索順位は落とすようになりました。

4月25日にいくつかのキーワードでPC版Googleとスマホ版Googleで検索して見比べた所徐々に差がついていることがわかりました。

4月21日直後は両者の差はほとんどありませんでしたが、だんだんと差がつくようになりました。

下の図をご覧下さい。

これは「医療用ウィッグ」という検索キーワードでPC版Googleの順位(左)とスマホ版Googleの順位(右)を比較した表です。



1位〜9位は全く同じ順位ですが、10位以下の順位がPC版とスマホ版では異なっています。

ご覧のようにほとんどの場合、スマホ対応をしているサイトは検索順位が上がっており、反対にスマホ対応をしていないサイトは検索順位が下がっています。(赤色のサイトはPC版Googleの順位よりもスマホ版Googleの順位の低い順位ダウンしたサイトで、その他の色のサイトは反対にPC版Googleの順位よりもスマホ版Googleの順位のほうが高いサイトです)


しかも、複数のサイトの検索順位が極端に変動しています。

「医療用ウィッグ」の検索順位は今のところは1位から9位までは同じ順位ですが、今後はそれらの順位も変動するはずです。

今すべきことはとにかく出来るだけ多くの御社のPCサイトのページをスマホ対応することです。

GoogleはPCサイトの一部のページだけをスマホ対応するのではなく、全てのページをスマホ対応するべきだと発表しています。

全てのページを一気にスマホ対応出来ない状況の方は、少なくとも主要なページだけでもスマホ対応するようにしてください。

何が主要かをどうやって判断するかは、御社のアクセス解析ログを見て、どのページのページビューが多いのかを確認してページビューが多いページからスマホ対応すれば順位ダウンの被害は少なくてすむはずです。

しかしそれは一定期間だけのことであり、最終的には全ページをスマホ対応する必要があります。

すぐにアクションを起こして下さい。

全日本SEO協会ではこうした社内でスマホ化の作業をするために2つの解決策を提供しています。

1つはPCサイトの全ページをスマホ対応するためのレスポンシブWebデザインという技術をたった2日間で修得する集中講座です。

https://www.web-planners.net/nintei/responsivewebdesign_school.html

講師は2012年からレスポンシブWebデザインを教えて多くの卒業生を輩出している中村義和先生です。2日間の講座の後は1ヶ月の無料サポートがついていますのでわからない事は質問が出来ます。

2つ目の解決策はレスポンシブWebデザインのテンプレート集30種類です。
https://www.ajsa-members.com/seo-tool/webdesign/
全日本SEO協会のCコースの会員として入会
https://www.zennihon-seo.org/annai/ippan.html
していただくとこれら30種類全てがダウンロード出来ます。

好きなデザインをダウンロードしたらテキストや画像をテンプレートにコピーして
調整すれば自分の力で全ページをスマホ対応することが出来ます。
このエントリーをはてなブックマークに追加
                    
鈴木将司の最新作品
プロフィール
一般社団法人 全日本SEO協会 代表理事

鈴木将司
<< 2015年 04月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
最新記事