HOME > 2015年04月15日
このエントリーをはてなブックマークに追加

2015年04月15日

Q: ヤフーのビジネスエクスプレスに登録済みのサイトからリンクしてもらうのと、そうでないサイトからリンクされるのでは、やはりわずかながらでも効果は異なりますか?

2015年04月15日
A: はい。効果に差は出ます。ヤフーのビジネスエクスプレスに登録されているサイトのほうがそうでないサイトに比べるとトラフィック(アクセス)が多い傾向があるので、トラフィックが多いサイトからのリンクの方が効果があるからです。

昨年2014年11月に開催された福岡のSEOカンファレンスの会員様の方が非常に優秀な方が参加者の皆さんの前でプレゼンをしてくれました。

その方のプレゼンの内容はまさにヤフーカテゴリに登録されているサイトを見つけて、それらのサイトの管理者に相互リンク依頼をしていった結果、検索順位が劇的にアップしてアクセスが劇的に増えていったというものです。

私は今でも忘れらませんが、その方がGoogleアナリティクスの訪問者数のグラフを見せてくれましたが、見たこともないくらいの右肩上がりのアクセスの伸びで角度は40度くらいの右肩上がりの伸びでした。

正直感動しました。

その方のお話だとやったことは3つで:

(1)Googleキーワードプランナーで見込み客が検索しそうな複合キーワードをたくさん見つける

(2)見つけたキーワードをテーマにした新規ページを800文字以上で書き、サイトにアップする

(3)相互リンク依頼をヤフーカテゴリに登録されたサイトだけに継続的に依頼する

というステップをひたすら繰り返したそうです。

他の会場でのSEOカンファレンスでも会員様より似た事例を2回ばかり見せてもらったことがあります。

検索順位アップ、アクセスアップはこのようなシンプルだけど少し面倒なことを継続的に行うという時代が来たことを実感しました。

問題は何故、ヤフーカテゴリに登録されているサイトとの相互リンクがそんなに効果があるかですが、考えられる理由は:

(1)ヤフーカテゴリに登録することが昔はやっていたので現在登録されているサイトのほとんどが古いサイトであり更新を長年やってきた優良サイトである

(2)ヤフーカテゴリに登録するためには一定の基準をクリアしないとならないので、コンテンツの質が最低限の条件をクリアした安心出来るサイトなのでサイトが検索ユーザーによって閲覧されているトラフィックの発生しているサイトである

という2つの理由です。

2010年以前は、ヤフーカテゴリに登録すること自体が検索順位アップに貢献していました。

今日ではそうしたことはありません。

しかし、コンテンツの質という面で意外な形でヤフーカテゴリ登録という命題はまたSEO対策に影響を及ぼしているようです。

以上ですが、出来れば自社のサイトはヤフーカテゴリに登録をしたほうが良いです。

しかし、審査料金は安くないですし、審査基準は相変わらず高いです。

ですので、自社サイトの登録が無理な場合は、少なくとも登録されているサイトからリンクを張ってもらうように相互リンクの依頼、または登録を募集しているサイトなら登録依頼をするようにしてください。

ちなみにヤフーカテゴリ以外に登録すべき効果があり安全な大手ディレクトリサービスは2015年4月時点ではクロスレコメンド、クロスメディアディレクトリがあります。

これらは審査基準はヤフージャパンのビジネスエクスプレス(カテゴリ登録有料審査サービス)よりも甘いですし、審査料金も安めです。

このエントリーをはてなブックマークに追加
                    
鈴木将司の最新作品
プロフィール
一般社団法人 全日本SEO協会 代表理事

鈴木将司
<< 2015年 04月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
最新記事