HOME > 2015年04月06日
このエントリーをはてなブックマークに追加

2015年04月06日

スマホユーザーはどのようなキーワードで検索するのか?それを確実に調べる方法がある

2015年04月06日
Googleキーワードプランナーを使うと、上位表示を目指しているキーワードがどのくらいのスマホユーザーが検索しているのか、つまりスマホユーザーとPCユーザーの比率がわかります。

スマートフォンユーザーが検索するキーワードの特徴を理解することがスマートフォンSEOで成功するための第一歩です。

調べ方は次の手順です。お試し下さい。

【手順】

(1)「Googleキーワードプランナー」にログインする


(2)「新しいキーワードと広告グループの候補を検索」をクリックする


(3)「宣伝する商品やサービス」のところに調べたいキーワードを入力して「候補を取得」をクリックする


(4)「検索ボリュームの傾向」をクリックして「デバイス別のデータを表示」



(1)から(4)までの手順を踏むと以下の様な円ブラフが出てきます。

このツールを使えば、どんなキーワードで上位表示すればスマホユーザーを集客できるのかがわかります。

様々な種類のキーワードで調査した結果次のことがわかりました。

1、B2C商材(消費者向け商品・サービス)のキーワードはスマホユーザーの比率が70〜85%。PCユーザーは10〜20%。タブレットユーザーが5%前後

特に若い女性向けの商材になるとスマホユーザーの比率は85%以上になります。
それ以外の商材でもほとんどのものが60%を超えるようになってきています。

2、B2B商材(法人向け商品・サービス)のキーワードはスマホユーザーの比率が20〜50%。PCユーザーは40〜80%。タブレットユーザーが5%前後

B2B商材ですら多くのキーワードにおいてスマホとPCの比率は5:5になってきています。今後さらにスマホの比率は増えると思われます。

Googleキーワードプランナーでの実際の使い方と各種データの詳細については動画をご覧下さい ↓





この動画の完全版(100分)は
https://www.web-planners.net/video/sumahoclick.html
でご購入いただけます。
このエントリーをはてなブックマークに追加
                    
鈴木将司の最新作品
プロフィール
一般社団法人 全日本SEO協会 代表理事

鈴木将司
<< 2015年 04月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
最新記事