HOME > 上位表示のヒント > Q: 質の良いリンク元はどんなところのサイトがありますか?
このエントリーをはてなブックマークに追加

Q: 質の良いリンク元はどんなところのサイトがありますか?

2015年04月11日
観光協会・商工会議所・出身の専門学校や組合・団体、またその業種のポータルサイト以外に何かありましたらお聞きしたいです。

A: トラフィック(アクセス)が発生しているユーザーにメリットのあるサイトからリンクを張ってもらうことが必要になってきました。

実際にトラフィックが発生しているかどうかの確認方法は・・・

Googleで
related:http://www.ドメイン名.com
で調べることです。

そして1件でも検索結果にウェブページが出てくればユーザーに見られているサイトだということになります。

このやり方で調べると「関連ページ」が表示されるのです。

「関連ページ」というのは特定のページを見ているユーザーが他にどのようなサイトを一定期間に見ているかで算出されます。

その数が多ければ多いほどトラフィックがあります。
ただし、表示件数の上限数は現在49件になっています。

その検索結果ページに一流の企業または個人のサイトが出てくればくるほどそのサイトの価値は高いということがわかります。

下の図はトヨタ自動車のサイトのトップページの結果ですが、日産自動車や有名な自動車メーカーのサイトが表示されています。



これはトヨタ自動車のウェブページを見ているネットユーザーが他に日産自動車のサイトも同じ時期に見ていていることを意味します。
別の言い方をするとネットユーザーはトヨタ自動車のサイトと日産自動車のサイトを比較しているという事がわかります。

この件数がゼロということはそのウェブページはどことも比較されていない、つまりほとんどアクセスがないということになります。

逆に何件か関連ページが出てくればそのウェブページはアクセスが発生しているということになります。

現在のリンク対策における基本は、こうしたアクセスが発生しているサイトからリンクを張ってもらうことです。

そしてさらにそのリンクをクリックして自社サイトにユーザーに訪問してくれるようになればトラフィック効果が発生して検索順位アップに貢献します。

こうしたトラフィックを増やすための解説と具体的な効果のあるリンク元獲得の方法についてはセミナー動画をご覧下さい。予告編がこちらにあります ↓




このセミナー動画のオンライン版・DVD版は
https://www.web-planners.net/video/imasugudekiru.html
で販売しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加
                    
鈴木将司の最新作品
プロフィール
一般社団法人 全日本SEO協会 代表理事

鈴木将司
<< 2015年 04月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
最新記事