HOME > スマートフォン集客・モバイルSEO > スマートフォン集客6つのステップが見えてきた!!
このエントリーをはてなブックマークに追加

スマートフォン集客6つのステップが見えてきた!!

2015年06月10日
最近クライアントさんのサイトの検索順位をPC版Google、スマホ版Googleの両方で調べるとやはり傾向としてスマホ対応している場合はスマホ版Googleでは順位が1個か2個上に表示されているケースを頻繁に目にするようになりました。

スマホ版Google上で、そのクライアントさんたちのサイトの下のサイトを見ると「スマホ対応」印が表示されていないのでスマホ対応していないために順位が下がっていることがわかります。

この状況はいつまで続くのでしょうか?

それは世の中のほとんど全てのサイトがスマホ対応をする時まででしょうが、その日は迫ってきています。

その日が来たら再度全てのサイトに平等のチャンスが与えられることになるはずです。

スマホ対応をHTMLレベルでするのは結局は新しいスマートフォン集客の世界でスタート地点に立つだけのことです。

その後の優劣はどのように決まるのでしょうか?

6つ考えられます。

(1)アプリ活用
(2)スマホ対応サイトを持つ
(3)スマホ対応ウェブデザインをする
(4)スマホSEOのためのコンテンツ展開
(5)スマホSEOのためのトラフィック獲得戦
(6)スマホ広告活用


です。

(1)アプリ活用
スマートフォンの主役は残念ながらスマホ対応サイトではありません。
主役はホーム画面に鎮座するアプリです。

そこには序列があります。

Facebook、Twitter、LINE、YouTube等の膨大なスマートフォンユーザーが日常的に使っているソーシャルアプリ、動画アプリです。

そこで御社は情報発信を継続的に行い自社のプレゼンス(存在感)を確立しなくてはなりません。
そこでプレゼンスを確立するためにはいくら自分だけが努力しても駄目です。
何故ならそれらはソーシャルメディアと言われるメディアだけあって社会から評価されなくてはなりません。

どうすれば社会から評価される事が可能になるのでしょうか?

それはある意味とてもシンプルです。

先ず自分から相手を評価する事からスタートすれば最終的に自分が社会から評価されるはずです。
私はこれまでラッキーなことに同業のWebコンサルタントの人たちから言葉ではなく、彼らの行動によって教えてもらいました。彼らの共通点は「自分が欲しければ先ず相手が欲しい物を与える」というスタンスです。

他に集客に役立つアプリはあるのでしょうか?

あります。

それは、すでにPCの世界で知名度の高い企業のアプリに掲載してもらうことです。
これはお金か、手間をかければ出来ることがたくさんあります。

もしあなたが理想とするアプリが無ければ自分で作るという手があります。
独自アプリです。
最近では中学生向けにアプリのプログラミングを教える塾が流行っているそうです。子供の未来を案じる親が我が子にスマートフォンアプリを習わせようとしているのです。

子供がアプリをプログラミングする時代に大人が集まる会社がアプリを作れないはずはありません。発注先を探しより安く人に作ってもらう手段も増えてきています。

(2)スマホ対応サイトを持つ
PCサイトの一部のページをスマホ対応するのではなく、全ページをスマホ対応する必要があります。
理由は、Googleはページ検索エンジンであり、御社のサイトのどのページがいつ検索結果に出てくるかは予想出来ず、検索結果に表示された時に「スマホ対応」印が表示されていないことが足かせになり順位が上がりづらくなるからです。

(3)スマホ対応ウェブデザインをする
HTMLとスタイルシートをスマホ対応するだけでは全く不十分です。
何故ならスマートフォンユーザーはGoogleのロボットではないのでソースを見るのではなく、ブラウザ上でデザインパーツの集合体を一つのまとまりとして認知するからです。いくらソースがスマホ対応していても、画像、テキスト、その他パーツがスマートフォンという狭い画面、アウトドア環境、移動中の環境というPCとは違った環境で見やすい、使いやすいというユーザー体験を提供するためのモバイルウェブデザインという技術とセンスが要求されます。

(4)スマホSEOのためのコンテンツ展開
こうしたアプリでのプレゼンスを確立したら今度は自社のスマホ対応サイトに誘導する事が必要になります。

ほとんどの場合ユーザーが御社の商品・サービスを買ってくれるのは自社サイト内になります。
そうしないと楽天のアプリやアマゾンのアプリなどで物が売れても、あるいは宿泊予約サイト上で予約が入っても利益の多くを彼らに上納しなくてはならなくなります。

ただ、その時に御社のスマホ対応サイトが彼ら大手に引けを取るようなものなら勝負に負けてしまいます。
ユーザーはサイトのコンテンツを大手企業と同列に比較してより良い方を選びそこでリピート訪問、リピート購入することになります。

そこで重要になるのがスマホユーザーを意識したコンテンツ作りです。PCサイトと同じやり方、発想でコンテンツを展開したら失敗します。スマホの世界にはスマホの世界の独自ルールがあるからです。

(5)スマホSEOのためのトラフィック獲得戦
いくらスマートフォンユーザーに最適化したコンテンツを用意してもそれだけでは何の意味もありません。
そこにスマートフォンユーザーが訪問できる動線を構築しなくてはなりません。
アプリからの動線以外にも様々な動線を作ることが出来ます。
そしてそうした動線を築きあげてスマートフォンユーザーが御社のスマホ対応サイトに流れてきたらスマホ版Googleの検索順位が上がりそのデータを使っているスマホ版ヤフーでの検索順位も上がります。

(6)スマホ広告活用
アプリからの集客、スマホSEOでの集客がうまくいき利益が出たら今の商材が売れるうちにスマホ広告を活用するオプションもあります。
PC版の広告との違いはアプリ広告です。スマートフォンユーザーがダウンロードした無料アプリは多くの場合、アプリ上に表示される広告収益モデルをとっています。
他には未だまだPC版と比べると広告主が少ないスマートフォンリスティング広告があります。

このようにスマートフォン集客には少なくとも6つのステップがあります。

この6つのステップは順番が非常に重要です。上から順番に実行すれば無理なくモバイルフロンティアにおける資産が増えていきますが、下の方からやってしまうと資産が増えるどころかお金ばかりがかかり負債が増えることになります。

(1)アプリ活用
(2)スマホ対応サイトを持つ


という最初の2つのステップを完璧に実行するための研究成果をまとめた本が本日アマゾンで予約開始されました。
タイトルは「スマホ客を呼び込む最強の仕掛け」です。
私がこれまで出会った方々のご協力ご支援により先週書き上げることが出来ました。
(1)と(2)の具合的手順の様々な業種の成功事例を用いて具体策を提案しています
https://www.amazon.co.jp/dp/4863541724/
でぜひご予約いただくか、最寄りの書店でご予約下さい。
6月25日に発売されます。

(3)スマホ対応ウェブデザインをする
(4)スマホSEOのためのコンテンツ展開
(5)スマホSEOのためのトラフィック獲得戦


の3つのステップは現在開催中の
「スマートフォンSEO緊急対策セミナー」
https://www.web-planners.net/smartphone-seo.html
で詳しく解説、提案させていただいています。
熱心な受講者の皆様のおかげで5月、6月は東京国際フォーラムは満員で、急遽7月、8月に東京国際フォーラム、大阪梅田で追加開催することになり、名古屋と福岡では7月に開催されることになりました。

(6)スマホ広告活用

スマートフォンならではの広告の出し方、広告費の削減のためのスマホ対応ランディングページの作り方は
「スマホ版!クリック率が高い広告文とランディングページの作り方」ビデオ講座
https://www.web-planners.net/video/sumahoclick.html
で具体策を提案させていただいています。

やることがたくさん増えてきています。
日々忙しいなかで正直やることが増えるのは大変ことではあります。

しかし、PCインターネットではすでに大手企業のエスタブリッシュメントが版図を広げ業界内の序列は流動的というよりは固定化の方向に向かっています。

モバイルフロンティアであるスマートフォン集客の世界では彼らとてそのままのやり方で成功を再現することは出来ずにいます。

たくさんの、そして大きなチャンスに溢れるモバイルフロンティアは長期的な将来予測が困難な混沌としたマーケットです。

必ず各業界の序列に変動が起きます。

このメガトレンドに巻き込まれるのではなく、自らが積極的に参入して大きな果実を掴んで下さい。

このエントリーをはてなブックマークに追加
                    
鈴木将司の最新作品
プロフィール
一般社団法人 全日本SEO協会 代表理事

鈴木将司
<< 2015年 06月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
最新記事