HOME > 2015年06月23日
このエントリーをはてなブックマークに追加

2015年06月23日

アフィリエイト広告を利用すると検索順位が上がる!?

2015年06月23日
前回に引き続き「何故、うちのサイトよりもあのサイトの方が検索順位が上なのか?」という質問に対する5つ目の回答は・・・

A5:アフィリエイトを使っているからです。

というものです。

アフィリエイトをしているサイトが広告主のサイトにリンクを張ることによって広告主のサイトのトラフィック(アクセス)が増えることによりトラフィック効果が発生してリンク先の広告主のサイトの評価がGoogleによって上げられ、Googleの検索順位のアップに貢献するというものです。

アフィリエイトとうのは1996年に米国で始まった広告形態で、固定の広告料金を広告主が払うのではなく、紹介により実際に売上が発生したらその一部を支払うという成果報酬型の広告です。

実際に売上が発生した時に1件の紹介につきいくらというような成果に基づいて紹介料という形の広告料金を支払うので広告主にとっては非常に合理的なシステムに見えます。

しかし、アフィリエイターを探して1件1件契約するのは非常に手間がかかるためアフィリエイターたちと広告主の間に立つASP(アフィリエイトサービスプロバイダー)と契約することが良くあります。ただし、ASPと契約すると彼らへの支払いも発生します。売上の数パーセントとさらに固定で月額数万円の管理費を払わなくてはならなくなります。

そうなってくると成果報酬だったはずが月額固定料金も発生するため当初の思惑とは異なり、出費が増えてゆきます。

さらには優秀なアフィリエイターと契約するには競合他社よりも多くの紹介手数料が必要になることが多く出費はさらに増えます。

こうした問題を解決するには2つの方法があります。

(1)ASPを使わずに自社サイト上で独自にアフィリエイターを募集する

(2)ASPを使い、2度目からの取引で儲けを出す

(1)ASPを使わずに自社サイト上で独自にアフィリエイターを募集する
楽天やアマゾンなどの大手企業は信用力とリクルート力、システム力という3つの力があるため自社でアフィリエイターを募集しています。
こうした3つの力がすべて完全に揃っていない企業は、ネット上で優れているアフィリエイターを自分で探してスカウトすることがあります。また実際に取引がリンクを辿って発生した時にそれを確実に記録してアフィリエイターに報告するアフィリエイト運営システムを自前で開発出来なくても独自アフィリエイトシステムを10万円くらいの料金で販売しているシステム会社があるのでそうしたところから比較的安価でシステムを調達することも出来ます。

(2)ASPを使い、2度目からの取引で儲けを出す
ASPを使えば月額の固定料金がかかりますし、競合他社との競争もあるので成果報酬の紹介料金は高くなります。
しかし、アフィリエイターに御社の商品やサービスを紹介してもらう時に売価の9割くらいまでの高額の紹介料金を払っても長期的に利益を出すことが出来ます。
それはアフィリエイターに売価の9割を払い最も有利な形で紹介してもらい、先ずは新規客を紹介してもらうのです。
その時は9割もの紹介料金を払うので利益は出ません。しかし、新規客の連絡先が入手できるので2度目以降の購入を促す販売促進をメールで行えば2度目以降はアフィリエイターに紹介料金を払う必要がないので儲かる確率が増します。
このやり方はリピート性が高い商材または、関連商品を販売しやすい商材に適した方法です。

以上ですが、アフィリエイトという一見SEO対策には何も影響の無さそうなものが、現代のSEO対策においてはトラフィックをもたらすという点で効果を出すことが可能になってきています。

(1)ASPを使わずに自社サイト上で独自にアフィリエイターを募集する

(2)ASPを使い、2度目からの取引で儲けを出す

のいずれかが可能な場合は、検討に値するオプションです。

次回は6つ目の回答「A6」について解説させて頂きます。

このエントリーをはてなブックマークに追加
                    
鈴木将司の最新作品
プロフィール
一般社団法人 全日本SEO協会 代表理事

鈴木将司
<< 2015年 06月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
最新記事