HOME > 2019年03月14日
このエントリーをはてなブックマークに追加

2019年03月14日

【速報】Googleが3月12日に広範囲なアルゴリズムアップデートを実施!

2019年03月14日

Googleが月12日に広範囲なアルゴリズムアップデートを実施したことを公式に発表しました。

This week, we released a broad core algorithm update, as we do several times per year. Our guidance about such updates remains as we’ve covered before. Please see these tweets for more about that:
「今週、当社は広範囲なアルゴリズムアップデートを実施しました。これは毎年数回実施されるもので、このアップデートに関するガイドは以前発表したものと同じです」(2019年3月12日)


この「以前発表したもの」とは昨年2018年3月13日に発表された情報で、具体的には・・・
「検索キーワードと関連性の高いページの順位が上がり、関連性の低いページの順位が下がる」
という関連性に関するアルゴリズムアップデートです。

Googleは2018年3月、5月、8月と3回に渡り、検索キーワードと関連性の高いページの順位が上がり、関連性の低いページの順位が下がるというロジックのアルゴリズムを強化してきました。この傾向は今後も強まるのでは無いかと思っていたやさきに今回の3月12日のアルゴリズムアップデートが実施され、驚きました。

当ブログでも過去何度かにわたって報告してきたようにGoogleで上位表示するには:

1、検索ユーザーの検索意図を推測する
→ 実際にGoogleで目標キーワードを入力して検索してみてどのようなWebページが上位表示しているかを観察する

2、自分が上位表示を目指す目標ページの内容とそれらを比較する

3、自分のページに足りない項目を追加して、自分のページにだけにある余分な情報、つまり検索キーワードと関連性低いコンテンツを削除する
→ 検索キーワードと関連性の低い文章、画像、リンクは全てノイズです。ノイズを減らして、関連性の高いコンテンツを追加してください。

の3つのステップを実施することです。
私はこのことを過去のセミナーやコンサルティングを通じて提案してきました。

この3つのステップを実施することにより、ユーザーの検索意図に沿ったページに改善することが可能になり、検索キーワードとページの関連性が格段に高まります。

すでに、私のクライアント企業の中でこのステップを3ヶ月以上前から繰り返し、ページを改善してきた企業のページが今回のアルゴリズムアップデートで上位表示したという報告が複数入ってきています。

反対に、ページを未だ改善していないクライアント企業からは、検索順位が大幅に落ちたという報告が入ってきています。

勝負の分かれ道は:

(1)検索意図を検索結果上位表示集団のサイトから読み取り、それらに自社ページを近づけること

(2)それにより検索ユーザーの検索キーワード(クエリ)との関連性を高めること

これが出来るかどうかにかかっています。

こうした対策をすれば、次のインデックスアップデート、あるいは、アルゴリズムアップデートが実施されるであろう2から4ヶ月先、平均3ヶ月先には検索順位が復旧するはずです。

検索順位が落ちて困ってらっしゃる方の少しでも早い順位の回復を祈ります。
このエントリーをはてなブックマークに追加
                    
鈴木将司の最新作品
プロフィール
一般社団法人 全日本SEO協会 代表理事

鈴木将司
<< 2019年 03月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
最新記事