HOME > パンダアップデート > 『レビュー』という新しい評価基準が今後Web集客で重要になる!
このエントリーをはてなブックマークに追加

『レビュー』という新しい評価基準が今後Web集客で重要になる!

2016年08月10日
米国のSEOニュースサイトのSearch Engine Journalが『Yelp and TripAdvisor Lash Out at Google Over Recent Change to Restaurant Searches』(Yelpとトリップアドバイザーが最近のGoogleによるモバイル検索のレストラン検索を避難)(2016年8月8日)というニュースを報道しました。



これはどういうことかというとGoogleが最近になってモバイル版Googleの検索結果の上位にGoogleの子会社であるレストラン評価サイトのZagatの情報の露出を増やしたことが不公平だという事です。

Googleはこのところ以前にも増して検索結果上に自社が提供している情報を非常に目立つように表示するようになり、それまでそうした情報を自社サイト上で提供していたサイトの訪問者が減るという損害が増えています。

例えば「今日の天気は」と言葉で検索すると検索結果の上部にいきなり天気予報の情報が表示されます。それにより天気予報の情報を提供したサイトのアクセスは減ることになります。



今回のニュースは私達Web管理者に次の3つの新しいルールを教えてくれます:

1、自社サイト上で単純な情報を提供することによりアクセスを増やすことが困難になってきている
→ 独自ノウハウ、独自取材、独自調達をしていないどこにでもあるような情報を自社サイト上で提供しても、それだけでは事業は成り立たない。他社が真似できない独自性のある情報を提供しなくてはアクセスを獲得出来なくなってきています。
今後は独自ノウハウ、独自取材、独自調達をすることにより著作権的にもプロテクトされる情報を生成、発信しなくては自社サイトのアクセスをGoogle等の検索エンジンに奪われる可能性がるということです。

2、消費者のレビュー情報に対するニーズが高まってきている
→ レストランの評価というのは口コミ情報の一つであり、レビュー情報のことです。
最近、米国の消費者はサイト上にあるお客様の声を信じなくなってきていると伝えられています。何故ならサイト管理が自分に都合の良いレビューばかりを載せるので客観的というよりは主観的なものに成り下がってきている。そのため地域ビジネスの口コミサイトのYelpや、宿泊施設と飲食店の口コミサイトのトリップアドバイザー等サイト運営者以外の第三者が運営するレビューサイトの人気が高まっている

3、アップルの独自検索エンジンSpotlight検索の重要な情報源になってきている
→ もう一つの最近の傾向としてはアップルの独自検索エンジンのSpotlight検索ではYelpやトリップアドバイザー、日本では食べログのレビュー情報の数が多かったり、評価が高いサイトが検索の上位に表示されるようになってきているというものです。

私は今、東京の新橋にいますがiPhoneの通知画面の上にあるSpotlight検索で「ラーメン」というキーワードで検索したら食べログでレビューが多いサイトが3件中2件も表示されています。



アップルは旧来のアルゴリズムを使っているGoogleとは違った検索結果を提供するためにこうしたレビューサイトの情報を検索順位を決める上で重要な情報源としています。

今回のニュースは表面上はGoogleが独自サービスをモバイル版Googleの検索結果上で目立つようにさせたため一部のレビューサイトが噛み付いているだけのものに見えます。

しかし、その背景には次のIT企業の覇権争いの渦になるレビュー市場での争いの理由が見えてきます。

私達Webサイト管理者は、今後自社サイト上にある自分都合のお客様の声はもはや力を失いつつあることを認識しなくてはなりません。そして第三者のレビューをたくさん集める取り組みをしなくてはなりません。そうしないと気がついた時は追いつけないくらいの膨大なレビューをライバル会社が獲得してしまうことでしょう。
このエントリーをはてなブックマークに追加
                    
鈴木将司の最新作品
プロフィール
一般社団法人 全日本SEO協会 代表理事

鈴木将司
<< 2016年 08月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
最新記事