HOME -> モバイル時代のSEO情報ブログ

このエントリーをはてなブックマークに追加
2017年08月

【重要】Googleが警告!早急にSSL化しないとChromeユーザーがサイトに来なくなる日が迫っている!

2017年08月18日
Googleがウェブマスター向け公式ブログで7月21日に「Chrome の HTTP 接続におけるセキュリティ強化に向けて」
https://webmaster-ja.googleblog.com/2017/07/next-steps-toward-more-connection.html
という警告を発しました。



この発表によると2017年10月からはSSL/TLSにより暗号化されていないWebページにユーザーがアクセスすると:

1、ユーザーが HTTP ページにデータを入力した場合において「Not secure」の警告が表示されるようになる

2、HTTP ページにシークレット モードでアクセスした場合において「Not secure」の警告が表示されるようになる

ということです。

従来から騒がれていたWebサイトの全ページの常時SSL/TLS化の必要性が差し迫るようになりました。
Googleはすでに公式に「長期的には、HTTP で配信されるすべてのページを「保護されていません」と明示することを計画しており、この新しい警告はその一環です。」ということをはっきりと発表していますが、その時が思ったより早く近づきつつあるということになりました。

この動きに対してどのように私達Webサイト運営者は対応すべきなのか?

それは:

(1)自社サイト内の全てのページを確認して、ユーザーが何かを入力する入力欄があるページは全てSSL/TLS化すること
→ 例えば自社サイト内に

http://www.suzuki.com/form.html

というお問い合わせフォームがある場合は、ユーザーが何かを入力する可能性があるのでGoogleはそのページをSSL/TLS化することを要求します。そのためそのページは

https://www.suzuki.com/form.html (Sの部分に注目)

にして暗号化する必要があります。

(2)SSL/TLS化していない旧来のページにユーザーがアクセスすると自動的にSSL/TLS化されているページに自動転送をする(301リダイレクト等で自動転送をする)

例:
旧来のページ:
http://www.suzuki.com/form.html

にアクセスすると自動的に・・・

暗号化された新ページ:

https://www.suzuki.com/form.html (Sの部分に注目)

にジャンプするようにする。

こうすることによりユーザーだけではなく、Googleのクローラー(Webページの情報を収集するソフト)もこれまであったページを見失うことなく、新しいページに辿り着くことができるので、SEO的なマイナスは無くなります。

逆にこの自動転送を怠るとサイトからページ数が減ったとGoogleが認識してSEOにマイナスになります。

ここで一つ気をつけなくてはならないのが、ユーザーが入力するページは必ずしもお問い合わせフォームや、ショッピングカートだけではないという点です。

例えば、全ページのヘッダーにサイト内検索窓を設置している場合は、全ページがユーザーが入力する可能性のあるページになってしまいます。



あるいは、全ページのサイドメニューにメルマガ購読申込みのためにメールアドレスは名前を入力するフォームを設置しているサイトも多く見受けられます。



他にも、全ページヘッダーあたりにユーザー登録した会員が会員IDとパスワードを入力するフォームが設置されているサイトもあります。



これらのページをお持ちの方は実質的にサイト内の全てのページをSSL/TLS化することがすぐに必要だということになり、早急に行動を起こさなくてはならなくなりました。

(3)サイト内の全てのページをSSL/TLS化すること
→ Googleは「長期的には、HTTP で配信されるすべてのページを「保護されていません」と明示することを計画しており、この新しい警告はその一環です。」ということをはっきりと発表しているので、サイトの全てのページをSSL/TLS化する必要が遅かれ早かれ来ます。

もしも全ページのSSL/TLS化の対応が遅れるとChromeという日本でも、世界でも最も利用者数が多いブラウザを使うユーザーがChromeが表示する警告を見て怖がってしまい暗号化されていないページは見られなくなる可能性が高まります。
その結果、アクセス数が減っているということにGoogleが気が付き、検索順位ダウンという事態をもたらす可能性が非常に高いのです。

(4)サイト内の全てのSSL/TLS化されていないページにアクセスするユーザーを自動的にSSL/TLS化されているページに自動転送をする(301リダイレクト等で自動転送をする)
→ ページ数が多いサイトの運営者にとってこれはかなりの作業量です。自分でやる場合はかなりの時間がかかります。外注する場合はひどい場合は数十万円かかるケースもあります。

すでにGoogleはサーチコンソールに登録されたサイトで

(1)自社サイト内の全てのページを確認して、ユーザーが何かを入力する入力欄があるページは全てSSL/TLS化すること

に対応していないサイトの管理者に次のようなメールを配信するようになりました。下の図は私のクライアント企業が最近受け取った警告メールの実物です。



ご覧のようにかなり差し迫った口調でサイト運営者に対してSSL/TLS化をするようにプレッシャーをかけています。さらには「長期的には、HTTP で配信されるすべてのページを「保護されていません」と明示することを計画しており、この新しい警告はその一環です。」とはっきりと書くことにより非常に面倒な全ページの常時SSL/TLS化をするよう大きなプレッシャーをかけています。

SSL/TLS化の実施にあたり3つ大きな注意点があります:

1、高額なSSL/TLS証明書を購入する必要はないということ
→ 未だに高額なSSL証明書を買っている人がいます。昔は年間7万円程度のものも多かったのですが、最近ではラピッドSSLなら年間1,500円、AWSは無料、無料独自SSLを提供するレンタルサーバー会社も増えてきていますので高級なものを購入する必要は年商10億円を超えるような規模の会社以外は要らないはずですので、気をつけて下さい。

2、SSL/TLS化されていないhttp:のページにユーザーがアクセスしたらhttps: のページに自動転送をすること
→ ページ数が多いサイトをお持ちの方は、.htaccess ファイルに1つ1つS無しのページからS有りのページに自動転送するように記述するのは面倒です。しかしPHPのプログラマーに相談すれば自動転送を自動化するプログラムを書いてもらえることがあるのでPHPに詳しい方に依頼すれば思ったより手間はかかりません。

3、2を実施しても、1から2週間検索順位が落ち込むことがあること
→ どんなに徹底して2を実行して自動転送処理をしても、何故か、SSLすると1から2週間検索順位が落ち込むことがあります。しかし、これは一時的なものでしかなく必ず順位は復旧しますので心配しないようにしてください。

普段からやることがたくさんあるのに、全ページSSL/TLS化という余計な仕事が発生するのは非常に理不尽です。しかし、これに乗り遅れたら競合とのSEO施策上の差が生まれてしまい競争上不利になります。そして何よりもユーザーを保護するためのサイト運営者としては当たり前のことをして自社サイトに一層の磨きをかけるという姿勢が必要です。

ほとんどの場合、かなり時間がかかることなので、早速全ページSSL/TLS化への対応を始めて下さい。

SEO基礎知識コーナーをアップデートしました

2017年08月17日
SEO基礎知識コーナーをアップデートしました。
今回、情報をアップデートしたページは次のページです。
SEO対策のこと、成約率アップのこと、コンテンツマーケティングのこと等最近の動向を反映しました。御社のサイトの検索順位アップ、訪問者増、売上増のためにぜひ参考にして下さい!

・ビッグワード、ミドルワード、スモールワードそれぞれのキーワードの特徴
http://www.web-planners.net/knowledge/000654.php

・大見出し・中見出し・小見出し(2)
http://www.web-planners.net/knowledge/000133.php

・大見出し・中見出し・小見出し(1)
http://www.web-planners.net/knowledge/000035.php

・ビジュアルエイド
http://www.web-planners.net/knowledge/000093.php

・スプラッシュページを使用した際のデメリット
http://www.web-planners.net/knowledge/000493.php
http://www.web-planners.net/knowledge/000492.php
http://www.web-planners.net/knowledge/000495.php
http://www.web-planners.net/knowledge/000494.php

・検索エンジンに浸透するまでの期間
http://www.web-planners.net/knowledge/001273.php

・目標キーワードの文字間にスペースを挟まない
http://www.web-planners.net/knowledge/000324.php

・サイト名の付け方
http://www.web-planners.net/knowledge/001203.php

・サブページで上位表示を目指す
http://www.web-planners.net/knowledge/002009.php

・TDP(トップページダウンペナルティ)を意識しキーワードの過剰最適化を抑制せよ
http://www.web-planners.net/knowledge/000807.php

・TDP(トップページダウンペナルティ)の解消法
http://www.web-planners.net/knowledge/000810.php

・影響力のあるブログの特徴
http://www.web-planners.net/knowledge/000859.php

・Yahoo!カテゴリ登録ユーザーが減少するメリット
http://www.web-planners.net/knowledge/000992.php

・部分一致・完全―致 2つのマッチタイプ
http://www.web-planners.net/knowledge/000648.php

・目標キーワード(1)
http://www.web-planners.net/knowledge/000110.php

・ニュースレターのメリットとデメリット
http://www.web-planners.net/knowledge/001695.php

・ブラックハットSEOとホワイトハットSEO
http://www.web-planners.net/knowledge/002024.php

・パンくずで見やすいサイトを作る
http://www.web-planners.net/knowledge/001083.php

・パンくずリストを見出し周辺に設置する
http://www.web-planners.net/knowledge/000604.php

・パンくずリストを利用し上位階層のページのリンクを設置
http://www.web-planners.net/knowledge/000415.php

・パンくずリストがあれば階層構造を簡単に把握できる
http://www.web-planners.net/knowledge/000422.php

・パンくずリスト制作の3ポイント
http://www.web-planners.net/knowledge/000423.php

・パンくずリストの右端は必ず現在位置
http://www.web-planners.net/knowledge/000425.php

・パンくずリストの法則は統一する
http://www.web-planners.net/knowledge/000603.php

・パンくずリストを見出し周辺に設置する
http://www.web-planners.net/knowledge/000604.php

・類似するキーワードを探す術
http://www.web-planners.net/knowledge/000317.php

・短いURLがベスト
http://www.web-planners.net/knowledge/000390.php

・サイト名の変更
http://www.web-planners.net/knowledge/001204.php

・SEO(Search Engine Optimization : 検索エンジン最適化)
http://www.web-planners.net/knowledge/000254.php

・SEO対策の本質
http://www.web-planners.net/knowledge/001194.php

・SEO対策をする前にアイディアを考える
http://www.web-planners.net/knowledge/001140.php

・ユーザーサイドに立ったSEO対策
http://www.web-planners.net/knowledge/001647.php

・SEO対策と商品企画はどちらが重要か
http://www.web-planners.net/knowledge/001139.php

・dmozへの登録
http://www.web-planners.net/knowledge/001240.php

・PageRankの計算方法
http://www.web-planners.net/knowledge/001170.php

・無料宣伝ツールとしてブログを使う
http://www.web-planners.net/knowledge/001803.php

・検索エンジンはURLの大文字と小文字を区別する
http://www.web-planners.net/knowledge/000802.php

・左上の法則
http://www.web-planners.net/knowledge/001884.php

・サイトに人が来ない理由を考える - コンテンツマーケティングの必要性
http://www.web-planners.net/knowledge/001724.php

・集客出来るコンテンツ
http://www.web-planners.net/knowledge/001745.php

・集客出来るコンテンツのタイプとは
http://www.web-planners.net/knowledge/001765.php

・集客出来るコンテンツを作る時の注意点
http://www.web-planners.net/knowledge/001777.php

・集客出来るコンテンツの種類別の注意点
http://www.web-planners.net/knowledge/001776.php

・サイトコンテンツのシナリオ作り
http://www.web-planners.net/knowledge/001857.php

・マーケット・インのコンテンツ
http://www.web-planners.net/knowledge/001489.php

・他人から評価されるコンテンツ
http://www.web-planners.net/knowledge/001678.php

・コンテンツをページごとに絞り込む
http://www.web-planners.net/knowledge/001760.php

・ワンストップソリューションとは
http://www.web-planners.net/knowledge/001344.php

・販売代理店制度のメリットとデメリット
http://www.web-planners.net/knowledge/001645.php

・イベントを開催するメリットとデメリット
http://www.web-planners.net/knowledge/001700.php

・商品のサブタイトルで差別化を図る
http://www.web-planners.net/knowledge/001895.php
http://www.web-planners.net/knowledge/001116.php
http://www.web-planners.net/knowledge/001117.php
http://www.web-planners.net/knowledge/001115.php

・死筋商品の排除とは
http://www.web-planners.net/knowledge/001955.php

・キャンペーン終了後のページの表示に注意
http://www.web-planners.net/knowledge/000596.php

・共感マーケティングとは
http://www.web-planners.net/knowledge/001534.php

・リスティング広告「オークション形式」
http://www.web-planners.net/knowledge/000351.php

・資料請求の際の工夫
http://www.web-planners.net/knowledge/000675.php

・資料請求の成約率が伸びない原因
http://www.web-planners.net/knowledge/001621.php

・クリック回数を極力減らす
http://www.web-planners.net/knowledge/000506.php

・使い方がわかりにくい商品
http://www.web-planners.net/knowledge/001504.php

・インターネットビジネスの最大の特徴
http://www.web-planners.net/knowledge/000728.php

・インターネットビジネスを成功させるためには自身も楽しむ
http://www.web-planners.net/knowledge/000778.php

・インターネットビジネスは「仕込みの段階」に命を注げ
http://www.web-planners.net/knowledge/000729.php

・インターネットでは業務市場の方が市場規模が大きい
http://www.web-planners.net/knowledge/000780.php

・インターネットの業界でも大企業の独占化が進んでいる
http://www.web-planners.net/knowledge/000782.php

・取引き先に前払い制を求める場合
http://www.web-planners.net/knowledge/000757.php

・殺風景な事務所ではなく見込み客がワクワクする店舗にしよう。その店構えとは?
http://www.web-planners.net/knowledge/000764.php

・ニュースレターの書き方
http://www.web-planners.net/knowledge/001696.php

・Googleはアドセンスが大きな強み
http://www.web-planners.net/knowledge/000541.php

・粗利の取れる商材
http://www.web-planners.net/knowledge/000889.php

・商品を売るためのメリットの書き方
http://www.web-planners.net/knowledge/001103.php

・トップページの役割を考える
http://www.web-planners.net/knowledge/001625.php

・ショールームを改善する
http://www.web-planners.net/knowledge/001720.php

・理想はリピーターが8割、新規客は2割
http://www.web-planners.net/knowledge/000770.php

やらせの口コミをGoogleマイビジネスに書き込むと取り返しのつかない損害を被ることになる!

2017年08月13日

2017年8月10日 SearchEngineLandのニュースによると現在、米国でGoogleマイビジネスへのやらせの口コミが問題になっているということです。

「What are the risks for businesses that are getting fake reviews on Google?
Creating fake reviews might seem like a great way to boost your business's local profile, but columnist Joy Hawkins warns that the consequences far outweigh the benefits. After all, you're not just violating Google's guidelines -- you're breaking the law.」

(偽レビューをGoogleにすることはどのようなリスクを企業にもらたすのか?
偽レビューをGoogleマイビジネスに投稿することは素晴らしい方法に見えるが、コラムニストのジョイ・ホーキングス氏はそうした行動は企業に利益をもたらすどころか深刻な結果をもたらすことになるだろうと述べている。結局そうした行為は、Googleのガイドライン違反だけではなく、法律を破る結果になるだろう)
(2017年8月10日 SearchEngineLand)
http://searchengineland.com/risks-businesses-getting-fake-reviews-google-280024

この記事の要点は:

・テキサス州オースチンのSEO会社がFacebookグループ内でGoogleマイビジネスのレビュー(口コミ)を相互に行おうというオファーをしている

・こうした行為を行うSEO会社に料金を払って偽口コミの投稿を依頼するとクライアント企業はGoogleによってSEO上のペナルティーを受けるリスクがある。

・さらには公正取引上の法的な問題があり、当局から告発されるリスクがある

・そればかりか、不正行為を見つけた競合企業や、訴訟先を常に探している弁護士たちに集団訴訟を仕掛けられる大きな法的リスクがある

・すでにニューヨーク州では2013年に偽口コミを利用した19社が検察庁から告発されて2,500ドルから100,000ドルの罰金を払っている

という点です。

これは非常に恐ろしい話です。

インターネットの1ユーザーの感覚ならば、偽口コミを書くことはいたずら程度の認識で済まされるかも知れませんが、SEO会社やそのクライアント企業が金銭の授受をして偽口コミの組織的な売買をすることは、米国では公正取引に関する法律に違反し、明らかな犯罪行為になるということです。

日本でも最近はGoogleの地図検索に表示される口コミにヤラセのステルスマーケティングがされたり、有名な地域ポータルサイトではお金や景品をもらった人が口コミを書くことがあると言われています。

最初は軽い気持ちでやったことだとしても、企業がそうしたことをするとネット上に悪評が書き込まれるだけではなく、刑事告発されることが今後この日本でもあり得るようになりました。

こうした事態になれば、そうしたサービスを販売するSEO会社も、そのサービスを購入したクライアント企業も同時に潰れることがあり得るということではないでしょうか?

ところで何故今、海外のSEOの世界で頻繁にレビューのことが問題になるのでしょうか?

その理由の一つは、ネットの情報のいい加減さを知らないナイーブな一部の消費者がヤラセの口コミを信じて企業の売上を左右するからでしょう。


私の周りでも複数の整体院、治療院の経営者の方が非常に影響力のある地域ポータルサイトに根拠の薄い好意的な口コミがたくさん書き込まれている競合する院に患者を奪われてしまい困っています。

もう一つの理由は、恐らく将来の検索サービスの大きな柱になるであろうボイスサーチ、つまりSiriや、GoogleNOW、アレクサのような音声検索エンジンの多くが口コミ数が多いところや、評価が高いところを疑うこと無く、ユーザーに推奨するからだと思われます。

AIを使った一見、賢そうなソフトウェアは人間によって操作された偽口コミ情報を見破ることなく鵜呑みにし検索ユーザーに推奨してしまうことがあるのです。

ボイスサーチが普及する今後、益々偽口コミの世界は広がる可能性がありますが、企業にとって一番安全なのはそうしたサービスを無視することです。

そして本来の仕事である、良い口コミを投稿してもらうためのサービスの改善に全力をあげることです。

このエントリーをはてなブックマークに追加
                    
鈴木将司の最新作品
プロフィール
一般社団法人 全日本SEO協会 代表理事

鈴木将司
2017年 08月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
最新記事