HOME > アルゴリズムアップデート
このエントリーをはてなブックマークに追加

アルゴリズムアップデート

BERTアップデート・コアアップデート実施後でも検索上位表示出来るページを作る方法

2020年02月29日

年末年始にGoogleは2つのアップデートを実施しました。
1つ目のアップデートは2019年12月10日に日本語版Googleを含む70カ国で実施したBERTアップデートで、2つ目のアップデートは2020年1月14日に実施したコアアップデートです。

これら2つの大きなアップデートが実施された後でも高い検索順位を維持しているページがあります。

それらのページの最大の特徴は一問一答形式のWebコンテンツづくりに徹しているという点です。

たとえば「坐骨神経痛」というキーワードで順位を上げたいときにはどのような内容のWebページを作れば良いのでしょうか?

それは、検索ユーザの検索意図を推測して、その意図を満たすページを作成することです。

検索意図というのは検索ユーザーが探しているページに期待している情報の中身=コンテンツのことです。

検索ユーザの検索意図を知るにはどうすれば良いのでしょうか?

現実的な方法は1つしかありません。それは実際に「坐骨神経痛」というキーワードでGoogle検索してどのようなWebページが上位表示しているのか、Webページの内容を読んでみることです。

ただ、漠然と文章を読むのではなく・・・

ページの構成はどうなっているのか?

という観点で観察するのです。

実際に以前私が「坐骨神経痛」というキーワードでGoogle検索したら上位表示しているページには必ずと言ってもよいほど:

(1)意味
(2)原因
(3)治療方法
(4)予防方法


の4つの項目で構成されていました。

目標キーワードの1〜20位くらいまでが、どんな構成のWebページで占められているのか徹底的に調べましょう。

上位10位に関しては、検索意図を満たすページに仕上がっている可能性が高いです。このため、それらの構成は大いに参考になります。学ぶべき点は貪欲に取り入れましょう。

ただ11位〜20位までに関しては? それほど検索意図を満たせていない恐れがあります。そこで、ページ構成を安易に取り入れることは控えましょう。

これらの検索意図がはっきりしたら、それをページ構成に忠実に反映することです。その意図から外れたことを載せてしまうと、ノイズと判定されるため自ら墓穴を掘ってしまうことになります。

ノイズの無いページを作ることの他に、もう一つ重要なポイントがあります。

それは複数の検索意図を1つのページで満たそうとしないことです。

【複数の検索意図を1つのページで満たそうとしている悪い例】


【1つのページで1つの検索意図を満たそうとしている良い例】


このように1つの検索意図を1つのページで満たすという切り分けが上手くいっているページがBERTアップデート・コアアップデート実施後でも検索上位表示出来ています。

Googleという検索エンジン会社から見ると、検索ユーザーが検索キーワードはクエリ(問い)です。

そして私達Webサイト運営者が作成するWebページはその「問い」に対する「答え」なのです。

検索ユーザーが入力した「問い」に対して最も的確な「答え」を提供したWebページが上位表示する、それがBERTアップデート・コアアップデート実施後のSEOでの最も重要なキモです。

このキモを絶対に外さずに一問一答のWebページ作りを目指して下さい。

必ずその努力は大きく報われるはずです。

【解説】コアアップデートで検索順位が落ちたサイトの5つの共通点と復旧対策

2019年12月31日


前回のブログ記事ではコアアップデートで順位が落ちたページの共通点を2つ解説しました。

今回はさらに他の共通点が明らかになりましたので解説し、コアアップデートで検索順位が落ちたサイトの復旧方法を提案します。

御社のサイトがこれらの共通点のどれかに該当しているかを確認して、心当たりのある点があるならすぐに改善して下さい。

《共通点3》商品・サービスのことではなく、その提供者のことばかりを書いているページ


上位表示を目指している目標キーワードが商品・サービスに関するものの場合、例えば、「表札 通販」だとか、「矯正歯科 新宿」などの場合は上位表示を目指すページにはそれらの商品・サービスに関するコンテンツのみを載せると上位表示しやすくなります。

反対に、その提供者のことばかりを書いているページ、例えば、表札通販サイトの場合、そのネットショップの店長の自己紹介やスタッフの紹介、あるいは新宿にある矯正歯科の院長やスタッフの挨拶が長文で書かれていたりすると検索順位が落ちやすくなります。

その理由は、検索ユーザーのクエリ(問い=検索キーワード)は商品やサービスのことについてなのに、ページ内にそれとは直接関係の無いそこで働く人達の事柄が書かれていると検索ユーザーのクエリとの関連性が低いコンテンツだとGoogleのアルゴリズムが認識してしまうからです。

実際に私のクライアント企業の中で、コアアップデートが実施されるまでの長い間、「(業種名)経営」というクエリで、1位の座を守ってきたWebページがありました。ところがコアアップデートを経て、突如として20位くらいに落ちてしまったのです。

今でも覚えていますがそのトップページには、目立つ特徴がありました。それは「(業種名)コンサルタント」の紹介がたくさん書き込まれていたことでした。コンサルタントの写真が10枚くらいも貼り付けてあり、写真をクリックするとプロフィールページに遷移するように構成されていたのです。

横3列×縦3列の構造なら、9人分の紹介ということになります。

しかし、「(業種名)経営」を探しているユーザが、各コンサルタントの紹介をいきなり読みたいとは思わないでしょう。

【検索順位が落ちたページの例】



そうではなく、↓のどちらかを探しているはずです。
・(業種名)経営の方法・説明
・(業種名)経営を支援する企業の情報

このような、商品やサービスの提供者のことを書いてしまいやすい業界には次のものがあります:
 
・コンサルタント
・病院・クリニック
・整体院・整骨院・治療院
・エステ・マッサージ

これらの業界の方でコアアップデート後に検索順位が落ちてしまった方は、提供者の情報は大幅にカットしてください。
その代わりに、(業種名)経営のサポートについて案内するページにつくり変えなくてはいけません。

ただし、この傾向が当てはまらない業界もあります。たとえば、弁護士のような士業がその典型です。また、家庭教師センターのサイトも例外です。これらのサイトでは、その提供者(弁護士や家庭教師)の情報をたくさん書いてあっても上位を守れています。

これらのサイトの場合は、検索ユーザが「提供者の人柄や実績を知りたい(=それを確かめないことには、依頼をする気になれない)」、と願うことが多いからだと思われます。もっというと弁護士業の場合の商品は弁護士そのものであり、家庭教師センターにおいても家庭教師が商品そのものだからだと考えられます。

コアアップデートに対応するためには、検索ユーザーがそのクエリで検索した瞬間、長くても最初の60秒くらいの間に「何が見たいのか?」を考えてそれだけをページに載せて、それ以外の情報はゼロか、極力ゼロに近づけるようにしてください。それをやり抜いた時にクエリとの関連性が高いとGoogleが判断してそのページの検索順位を高めてくれるようになります。

《共通点4》ユーザが知識ページを探しているのに、商品・サービスの宣伝を多く内包しているページ


ユーザの検索意図が「知識・情報を教えてくれるページを読みたい」という場合は、「その知識・情報を無料で提供するページ」にしないと、上位表示できなくなってしまいます。ページコンテンツが、ほぼ100%その知識を得るための解説で占められている必要が出てきたのです。

「無料お役立ちコンテンツ」と「セールスコンテンツ」は、分離させることがポイントです。 



そうしないと無料お役立ちコンテンツを見に来ている人にとって中途半端にセールスコンテンツがあるページは中途半端な存在になりますし、セールスコンテンツを見に来た人はセールスコンテンツを見たいだけなのに中途半端に無料お役立ちコンテンツがあると中途半端な存在になってしまい、結局誰も満足させることの出来ない中途半端なページで終わってしまうことになります。誰も満足させることの出来ないページをGoogleは決して上位表示させるようなことはしなくなったのです。

《共通点5》本文部分はクエリへの的確な答えになっているものの……、サイドメニューのサイト内リンク等が、クエリとの関連性が低いページ


検索ユーザーもGoogleのアルゴリズムも、各Webページの本文を読むと同時にサイドメニュー等にも目を向けます。
そのため、それらサイドメニューにも、クエリと関連性が高いコンテンツやリンクを含めたほうが上位表示に貢献します。サイドメニューにサイト内リンク等を並べるなら、クエリとの関連性が高いリンクばかりになるようにすべきです。

サイドメニューの他、ヘッダーメニューやフッターメニューも同様です。関連性が低いページへのリンクはできるだけ減らしましょう。

【☓ 上位表示しにくいページのレイアウト】



【○ 上位表示しやすいページのレイアウト】


《共通点6》2種類以上の検索意図を同時に見たそうとしているページ


ひとつのWebページで、何種類ものキーワードを設定してまとめて検索上位を狙おうとする人が大勢います。しかし現在は、それをすると中途半端なページになってしまう確率が高いです。どちらの検索ユーザにとっても、あまり満足できないコンテンツに仕上がってしまう恐れが強いのです。

※たとえば、クエリが「税理士」というビッグキーワードの場合、検索ユーザの意図は数種類に分かれるでしょう↓
検索意図1:税理士事務所を探している
検索意図2:税理士という仕事・職業について知りたい
検索意図3:税理士の資格を取るための情報を欲しい

このようなケースで、↓のようなページ構成を選択して、あとから後半のコンテンツを1000文字以上も追加した〜、という事例がありました。



しかし10位以下にダウンしてしまいました。上位に復活するために、せっかく追加したコンテンツをカットしないといけませんでした(対策を実施した翌月に復活したということがわかりました)。

「税理士」というクエリだからといって、「税理士事務所」と「税理士とは?」といった系統の異なる情報コンテンツを同一ページに収めることは危険なのです。

《共通点7》流動コンテンツが多いページ


流動コンテンツをわかりやすく説明するなら、いわゆるニュースサイトのトップページや、カテゴリページをイメージしていただくとよいでしょう。Yahoo!ニュースのようなポータルサイトのほか、日経新聞のオフィシャルサイトや東洋経済オンラインあたりが良い例です。

ニュース記事は毎日新しいものが生まれ、サイトに追加されていきます。そのためニュースサイトのトップページやカテゴリページは流動コンテンツばかりになってしまいます。

【流動コンテンツが多いサイトの例】



流動コンテンツが多いと、ユーザやGoogleのクローラーがアクセスするたびにページ内のリンクが大量に入れ替わってしまうことになります。それが検索順位を非常に不安定にします。これを避けるには流動コンテンツをページから減らすか、流動コンテンツではなく、固定コンテンツが多いページの上位表示を目指すというように方針を変更する必要があります。

本物のニュースサイトや報道関係のサイトならそうなるのは仕方ありませんが、それ以外のサイトで流動コンテンツばかりのページを造り上位表示を目指すことは避けましょう。

コンテンツやリンク類の大部分を固定させるべきです。全部の固定は不可能でしょうが、流動コンテンツは全体の20%以下(たとえば、「新着情報」のリンクが5件くらいあっても、悪影響はまずないです)に抑えましょう。

【ページの一部に流動コンテンツがあるがその他は固定コンテンツが充分にあるサイトのレイアウト例】



以上が、コアアップデートで順位が落ちたページの共通点と改善案です。

次回の記事でも引き続きコアアップデートの復旧対策について提案します。


【解説】コアアップデートの実施後、文字数が多すぎるページの順位が落ちた!検索順位回復の具体策

2019年11月18日

前回の記事ではGoogleが2018年から2019年に立て続けに実施したコアアップデートの意味を解説しました。

今回からは具体的な順位回復方法を提案します。

2019年3月・6月・9月のコアアップデートで順位が低迷したWebページを調べ上げるといくつかの共通点があることが判明しています。

御社のサイトがこれらの共通点のどれかに該当しているなら、速やかに内容の見直しに取り掛かる必要があります。

《共通点1》競合他社のWebページよりも文字数を増やすために、文字数をむやみに増やしたページ


競合他社のページと比べて文字数が少なかったために、無理して文章を追加した・・・というような話は、まったく珍しいものではないでしょう。

しかしコアアップデートの結果、とにかくユーザーが期待するコンテンツを載せることが重要になりました。文字数を増やしたからといって、ユーザーが求める内容でないのなら逆効果となってしまうことになったのです。

以下の法則を、頭に入れて下さい。

「検索ユーザーが求めていないコンテンツ」=「ノイズ(Webサイトにおける、雑音のようなもの)」

ではその対策は??? 
→文字数を増やすためだけに追加した部分は、削除しましょう……しかしそれだけでは、順位が元通りになるとは限りません。

ノイズの削除に加えて、その代わりに関連性の高い文章を同じくらい追加することが必須と言えます。

ちなみに私が管理している↓のページは「SEOセミナー」というクエリで1位から陥落したことがありました



そこで見直しを行った結果「ユーザーはもっとたくさんのセミナーの情報を見たいに違いない」と考えられました。

しかしそのときは、関連性の低いリンクが多めでした。今は残っていませんが、SEOソフトのリンクが目立つところに入っていました。それらを削除することになりました。

また、「教えて!SEO」という無料お役立ちコンテンツへのリンクが5つ入っていましたが、それらも削除したのです。

そして削除したリンクの代わりに、終了した過去のセミナー案内ページへのリンクを10件程度そのページに追加しました(終わってはいても、過去のセミナーがどんな内容だったのか知りたがるユーザーがいるため、無駄ではないと判断しました)。



すると、4日くらいたつと順位を回復することができました。 その後、ずっと1位をキープできています。


《共通点2》縦長のLP型トップページ


整体院・整骨院・治療院……等のWebサイトのトップページの検索順位が、コアアップデートの直後に落ちています。
そして、これらの業種のWebサイトのトップページは、縦長の形状をとっていることが多いということがわかりました。文字数が4,000を超えているような長文であれば、縦長になってしまうのも無理はないのですが……

それだけではありません、検索ユーザーのニーズを無視した、独りよがりな内容になっていることがとても多いのです。 

例えば、「整体院+ (地域名)」「歯科医院 + (地域名)」といったクエリで検索するユーザーは、その院の全体的な説明を広く見たいはずです。

そのニーズに合うのは、以下の6種類の項目です。

【ユーザーの検索意図を満たすために、トップページに掲載すべきコンテンツ】

(1)お店としてのあいさつ


これは最初に書くとよいでしょう。誰が何のために何をやっているのか、そこを端的に書くとよいでしょう。

(2)店長の自己紹介


これがあるとユーザーは安心するものです。しかし、書きすぎは禁物です。100〜200文字くらいならいいのですが。また、長くなるようでしたら「もっと見る」「続きを見る」といった形式で、途中まで表示して残りはリンク先で読めるようにするとよいでしょう。

(3)当店の特徴・当店が選ばれる理由


ユーザーは、各店舗の特徴を比較するために各店舗のサイトをはしごしているわけです。
というわけで、店の特徴はトップページの目立つところに配置するべきです。

(4)提供サービスの一覧・各提供サービスの詳細ページへのリンク


トップページには、サービスのメニューを掲載していないために順位を落としたサイトが多数あります。提供サービスの一覧リンクはユーザーが自分のニーズを満たすサービスを提供しているかを知るために必要としています。必ず提供サービスの一覧リンクを載せて下さい。そうすればページビューが増えてサイト滞在時間が伸びることによりGoogleからの評価が上がります。

(5)店内・外観写真と、その簡単な説明


怪しい店や医院に行きたいユーザーはいません。そこで、様子を知るための写真のニーズは高まります。

(6)アクセス情報(Googleマップ、営業時間、所在地、連絡先)


なるべく近くの店や医院に行きたい、そう考えるのがユーザーです。アクセスマップ等の情報は、わかりやすい位置に入れるべきです。

以上が、ユーザーの検索意図を満たすために、トップページに掲載すべきコンテンツですが、今度は反対にユーザーの検索意図に逆らうノイズには次のようなコンテンツがあります。

【ユーザーの検索意図に逆らうノイズ】

(1)「患者さんの声」「お客様の声」等が4人分以上掲載されている。また、それぞれの声が500文字を超えている


4人×500文字=2000文字、となりますがここまでの分量となるとノイズとみなされやすいです。
ユーザーは、患者さんの声をたくさん読みたいと思って検索するわけではありませんから。それから、それぞれの患者さんの個人的な感想や医院をほめちぎる賛辞・お世辞を読みたいと思うこともないはずです。

うまくやっているサイトでは、文字数を少なめに、人数も少なめに載せていますし、詳細な声は「もっと見る」「続きを見る」といった形式を用いてリンク先に掲載しています。

(2)推薦人の声がたくさん載っている


たとえば、推薦人が3人いて、それぞれが400文字くらいだったら? 3人×400文字=1,200文字、となりますがこれまたノイズ扱いになるでしょう。

ユーザーは、依頼を受けて書かされた推薦人の声を読みたいとは思わないでしょうから。

(3)検索ユーザーを説得するために、長文の売り込みの文章(≒自画自賛する文章)を載せている


自己PRの文章を大量に読まされると、ユーザーは通常なら苦痛に感じます。

少しなら良いでしょうが、スマホで見るユーザーが多い時代です……外を移動しながらスマホを見るユーザーは、そのような独りよがりの自慢話は歓迎できるものではないでしょう。

(4)マスコミ掲載実績や、お店選びのポータルサイトでの評価やランキングを自慢している


これもまた、嫌味のように思われてしまって危険です。信頼してもらうために、そうしたコンテンツを利用してもよいのですが、やりすぎは禁物です。

(5)院の紹介ではなく、院が提供する治療法や施術のことを長文で解説している


ユーザーは院のことを知りたい(それに、じっくりと読む時間もないのです)のに、治療方法を深く掘り下げて説明してしまうと検索結果ページに引き返してしまうリスクが高まります。

治療方法を深く解説したいならそのためのページを別途作成して、トップページからリンクするべきです。

(6)院の紹介と無関係な施術内容のQ&Aをたくさん載せている


Q&Aをトップページにたくさん載せている事例はたくさんあります。しかしQ&Aは基本的に、専用のページをつくって載せるだけでOKです。

(7)副業で販売している健康器具の宣伝情報が目立っている


健康器具やサプリメントといった本業とは関係の無い副業の商材をつい宣伝したくなるのはわかります。しかしそれは違う目的で来たユーザーには関係が無いのではないでしょうか。

そのような商品についても、専用のページをつくってそこでPRするべきでしょう、

(8)サイドメニューに、何十という治療案内ページへのリンクを載せている


トップページを訪れる検索ユーザーは、院の全体的な情報を欲しています。

しかし治療内容をサイドメニューにたくさん載せてしまうと、院の紹介をするページではなく治療案内への目次ページになってしまうのです……つまり、トップページの目的を果たせません。

ちなみに今でも、上位表示に成功しているページは平均して、治療案内ページへのリンクは多くても10くらいにおさえています。その真下に「もっと見る」といった形式のリンクを入れて、治療案内メニューを大量に載せたページに誘導すればOKです。

というわけで、ある時期に流行った、「縦長のセールスレター形式のページ」「LP型の広告ページ」では上位表示できなくなっています。まして、トップページには不適格です。

その代わりに、前述したポイントに気を付けてノイズの少ないトップページをつくることが大切になってきているのです。

次回のブログではコアアップデートで順位が落ちたページの共通点をさらに紹介し、復旧方法を提案させていただきます。
このエントリーをはてなブックマークに追加
                    
鈴木将司の最新作品
プロフィール
一般社団法人 全日本SEO協会 代表理事

鈴木将司
2020年 05月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
最新記事