HOME -> モバイル時代のSEO情報ブログ

このエントリーをはてなブックマークに追加
2017年12月

【Google公式発表】医療・健康サイトの検索順位が激変!信頼性の低いサイトは上位表示出来なくなった!?

2017年12月06日


Googleが2017年12月6日に重要な公式発表をしました。それは「医療や健康に関連する検索結果の改善について」というものです。



https://webmaster-ja.googleblog.com/2017/12/for-more-reliable-health-search.html?m=1

この発表によるとGoogleは:

● 今週、日本語検索におけるページの評価方法をアップデートした

● この変更は、医療や健康に関する検索結果の改善を意図したもので、医療従事者や専門家、医療機関等から提供されるような、より信頼性が高く有益な情報が上位に表示されやすくなる

● このアップデートは医療・健康に関連する検索のおよそ 60% に影響する

● 医療や健康だけに限らず、今後も継続的に検索の改善に取り組んで行く

ということです。

実際に複数の医療健康関連のキーワードで検索すると確かに以前に比べると中小企業や個人のサイトではなく、大きな病院のサイト、医師が監修している情報サイト、製薬会社のサイト、大学のサイト、大手マスメディアのニュースサイト等が上位表示していることがわかりました。

《2017年12月6日大阪市北区で「がん」で上位表示したGoogleの上位10位検索結果》


《2017年12月6日大阪市北区で「腎臓」で上位表示したGoogleの上位10位検索結果》


ご覧のように実際に中小企業や個人のサイトではなく、大きな病院のサイト、医師が監修している情報サイト、製薬会社のサイト、大学のサイト、大手マスメディアのニュースサイト等が上位表示している傾向が非常に高いことがわかります。

特に有名な製薬会社のサイトがアップデート前に比べて著しく上位表示していることがわかります。

今回のアップデート前とアップデート後のBeforeAfterの一例をあげると:

《2017年11月3日大阪市北区で「坐骨神経痛 原因」で上位表示したGoogleの上位10位検索結果》


《2017年12月6日大阪市北区で「坐骨神経痛 原因」で上位表示したGoogleの上位10位検索結果》


というように製薬会社、医療メーカーの検索順位が上がり、医療業界に属さない一般の中小企業のサイトの順位が落ちていることが明らかです。
(※赤字が順位が落ちたサイト、青字が順位が上がったサイト、黒字が順位が変わらないサイト)

こうした変化に対応するためにはどんなコンテンツが上位表示にマイナスになるのか、マイナスコンテンツを知ることと、上位表示にプラスになるプラスコンテンツを知ることです。

【マイナスコンテンツ】

現在、上位表示にマイナスになっている可能性が高いコンテンツとしては:

・根拠のない口コミ

・自社で収集したお客様の声

・ライターが本や他社サイトの情報を合成、参考にして書いた記事

があります。

これらは今から丁度一年前に、医療・健康関連のキーワードでGoogle検索すると1位や2位をほとんど独占していたWelqという医療・健康キュレーションサイトが根拠のない医療・健康関連の記事を外部のライター達に他社サイトの情報を合成、参考にして書かせていたことが発覚して閉鎖を余儀なくされた事件に対するGoogleからの回答だということが言えます。

《参考:http://www.web-planners.net/blog/archives/internet-joho-shinraisei.html

また、数か月前に根拠のない比較サイトを作った企業が消費者庁が処分されたという事件:
「比較サイト作り、上位に自社サービス 消費者庁が処分」(2017年11月2日 朝日新聞)
http://www.asahi.com/articles/ASKC24TMZKC2UTIL01X.html
があったばかりですが、こうした不正行為を繰り広げる企業や個人が増えていることを受けてGoogleが断固とした処置を取るようになったということだと思われます。

【将来的にマイナスになりそうなコンテンツ】

・薬機法(旧薬事法)に触れる有害コンテンツ

・医学的根拠のないコンテンツ

※薬機法とは、正式には「医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律」

が考えられます。

では上位表示にプラスになるコンテンツはどうかというと・・・

【プラスコンテンツ】

・医師、薬剤師、学者等医療関係者が書いたコンテンツ

・医師、薬剤師、学者等医療関係者が監修したコンテンツ

・学術的根拠を示すためにページ内にエビデンス(証拠)を十分掲載したコンテンツ

があります。

こうしたものが全く無いサイトは早急に対応することが求められます。

Googleはサイト内のコンテンツだけで検索順位を決めるということはしません。

もう一つ重要な検索順位決定要因は外部サイトからのリンク要因です。

上位表示にプラスになるリンク要因は・・・

【プラスになるリンク要因】

・病院、学会、製薬会社、教育機関、政府機関からのリンク

です。

以上が、医療・健康サイトの運営者がGoogleで上位表示するために必要な対策です。

早急に対策を実施して下さい。

Googleマイビジネスに登録することが希望地域名での上位表示への近道

2017年12月02日

これまで2回にわたって「たくさんの地域名で上位表示するにはどうすれば良いのか?」、その対策いついて解説してきました。
今回は最後の2つの対策について提案します。

1つ目の対策は、「その地域に拠点を築く」という方法です。

これは究極の対策であり、本来Googleが最も求めている条件です。
Googleは近年「Googleマイビジネス」というサービスに力を入れています。



ここに自社事業所の所在地情報、事業内容、自社サイトの情報を入力して正式登録することによりGoogleははっきりとその事業がその地域に存在することを認識します。

Googleは最近Googleマイビジネスに非常に力を入れています。考えられる理由はいくつかあります:
(1)Google検索に表示される企業サイトの所在地情報を認識して正確な検索結果、つまり特定の地域で検索された時に「だけ」その地域に実際に存在する事業者のWebサイトを表示するため
→ Googleは実際に各事業者がGoogleマイビジネスの登録画面に申告した住所に存在するのかを確認するためにパスコード付きのハガキを郵送します(他の本人確認の手段としては電話番号に自動電話をかけてパスコードを知らせるという手段もあります。その場合恐らく電話番号の名義を誰が持っていてその名義の事業所の住所を確認していると思われます)
Googleはこうした確認手段によりかなり正確に事業者が所在する住所を確認します。



(2)Google検索に以前に地図情報を表示させ、地図検索結果ページにリンクを張りユーザーを誘導してそこに表示される地図広告の売上を増やそうとしているから
→ 2017年後期くらいから、これまでGoogle検索で地図が表示されなかった検索キーワードでも地図が表示されるようになってきています。そして同時期にそれまで頻繁に表示されていたYouTube等の動画が表示されにくくなってきています。これはGoogleが広告売上を増やす重点領域をYouTubeからGoogleマップに変更したと推測出来ます。

このようにGoogleは「Googleマイビジネス」というサービスを使い特定の地域で検索された時に「だけ」その地域に実際に存在する事業者のWebサイトを表示することを目指していると思われます。

ということは、特定の地域名を含む検索キーワードで上位表示したければ、その地域に存在しているという証拠をGoogleマイビジネスを使ってGoogleに示す必要があるということです。

千葉県浦安市にある整体院が「整体院 千葉」だけではく、確実に「整体院 東京」でも上位表示したければ江戸川を渡って東京のどこかに支店を開くことが最善の策になります。

このことは同時にチェーン店が何故最近様々なキーワードで以前に比べてGoogleで上位表示するようになっているかの説明にもなります。チェーン店の方は支店毎にGoogleマイビジネスに登録することが確実な地域キーワード対策になります。

そしてチェーン店に負けないために単独店舗を運営している経営者がすべきことは支店を希望の地域で少しでも早く開くことです。

最近、自社サイトの上にたくさんの店舗の情報を掲載しているポータルサイトが表示されて困っている場合も、Googleマイビジネスに登録してその地域に存在していることをはっきりとGoogleに認識てもらうことが効果的な対策になります。

ポータルサイトの弱点の一つは1つ1つのページをGoogleマイビジネスには決して登録出来ないという点です。ポータルサイトに負けて悔しい思いをしている方は、すぐにGoogleマイビジネスに登録して本人認証を済ませて下さい。

資金的にどうしても今は支店を開設することが出来ないという場合、一つ考えられる対策があります。それは「上位表示を目指す地域にビジネスパートナーを募集する」という方法です。例えば自社が京都で庭のお手入れサービスを提供しているとします。そして「庭 手入れ 京都」で上位表示しているとします。

しかし色々とやってみても隣の県の地域名である「庭 手入れ 滋賀県」で上位表示が出来なかったとします。その場合は滋賀県で自社サービスを取り次いでくれるような代理店を募集するのです。そしてその代理店がGoogleマイビジネスに登録する時に庭の手入れサービスも提供していることを追記してもらえば代理店のサイトが上位表示して仕事を外注として依頼してくれる可能性が拓けます。

あるいは、それだけでは不十分な場合は、その代理店に庭の手入れサービスのWebサイトを独自ドメインで開いてもらい、その上でGoogleマイビジネスに登録するのです。そうするとその地域のコンテンツが増えて、リンクを張ってくれる被リンク元も増えてその地域名でのSEOが有利になることが期待出来ます。

全てを自前でする資本力が現在ない場合は、このように代理店のようなビジネスパートナーを募集して適正な紹介料金を払って事業を拡大することが可能なはずです。このやり方が上手く行けば代理店がいある地域は全て上位表示出来るのではないでしょうか?

以上が、「たくさんの地域名で上位表示するにはどうすれば良いのか?」、その対策についてです。

小手先のテクニックはGoogleにはもはや通用しません。知恵を絞って誰がどう見てもその地域の地域名を含むキーワードで上位表示されるべきだと思われる実態を作り上げていく必要があります。

ぜひ可能なところから着手して希望の地域名での上位表示を実現して下さい!
このエントリーをはてなブックマークに追加
                    
鈴木将司の最新作品
プロフィール
一般社団法人 全日本SEO協会 代表理事

鈴木将司
2017年 12月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
最新記事