HOME -> 鈴木将司公式ブログ | SEOセミナー

このエントリーをはてなブックマークに追加
カテゴリー: ローカルSEO

Google検索の地域指定が出来なくなった!

2015年12月02日
最近成長している分野として「ローカルSEO」という分野があります。
私のセミナーでも今年一年で1番受講者様の数が多かったのがローカルSEOのセミナーです。

何故今、ローカルSEOが人気があるのかというと昨年の12月からGoogleのヴェニスアップデートの影響により日本でもそれまで以上に地域ごとに検索順位が異なる事例が増えてきたからです。

これは全ての検索キーワードというわけではなく、地域性が高いキーワードで検索した場合だけの現象です。

地域性が高いキーワードというのは「美容院」、「整体院」、「工務店」等の地域ビジネスを探すユーザーが検索しそうなキーワードです。

昨年12月にヴェニスアップデートをGoogleが実施してからは、こうした地域キーワードでの検索順位は地域ごとに異なるようになり、その地域のお店や会社のサイトが上位表示出来るようになったため、全国的に知名度の無い企業やお店でもその地域では「美容院」、「整体院」、「工務店」等の従来では上位表示が困難だったキーワードで上位表示することが可能になりました。

これは大きなチャンスです。

こうした大きなチャンスに水を差すような事が起きました。

それはつい昨日までは自分がいる場所以外で検索順位がどうなのかを調べるにはGoogleの検索結果画面のキーワード入力欄のすぐ下にある「検索ツール」というタブをクリックして位置情報を変えるだけでシュミレーションが出来ましたが出来なくなったのです。

今朝クライアントさんのサイトの他の地域での検索順位を調べるためにその欄を見ようとしたら位置情報を変更するオプションが消滅していたのです。

Search Engine LandというSEOの動向をいち早くレポートする米国のニュースサイトを見てみたら次のような記事がありました。

"Google Drops Change Location Search Filter From Search Results
Google seems to have dropped yet another search tool/filter, this one for location settings."
『Googleが検索結果ページにあった位置情報変更機能を削除した』(Barry Schwartz 2015年12月1日)




これからより過熱化が予測されるローカルSEOが盛り上がろうとする矢先に自分が今いる場所以外で検索した際のシュミレーションが簡単に出来なくなるのは困りますが、もう一つ以前より多くのユーザーが行っているシュミレーションの方法があるのでそちらのほうで検索すれば他の地域での検索順位を知ることが出来ます。

それはアドワーズの広告プレビューページです。
https://adwords.google.co.jp/apt/AdPreview

試しにアドワーズの広告プレビューページで「福岡市」に位置情報を設定して、地域性が高いキーワードである「整体院」で東京の事務所で検索したらきちんと福岡市の整体院が上位表示されている福岡市で検索したのと同じ検索結果ページが表示されました。



ぜひこのシュミレーションを使い先ず自分が狙っているキーワードが他の地域ではGoogleで何位なのかを調べてローカルSEOに本腰を入れて地元客に来てもらう対策を実施して下さい。
このエントリーをはてなブックマークに追加
鈴木将司の最新作品
プロフィール
一般社団法人 全日本SEO協会 代表理事

鈴木将司
2017年 03月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
最新記事