HOME -> 鈴木将司公式ブログ | SEOセミナー

このエントリーをはてなブックマークに追加
カテゴリー: ローカルSEO

【重要データ】地元客を集客するローカルSEOに勝つための必須条件は?ローカルSEOの検索順位決定要因2017

2017年04月22日

前回のブログではGoogleの検索結果画面の上の方に表示される地図枠に自社の情報を表示させることが果たして集客にどれだけ貢献するのかを考察しました。

今回は、地図枠の下に表示される自然検索結果部分について考えてみます。

自然検索結果画面に自社サイトを表示させるメリットは少なくとも2つあるはずです:

1、企業名、住所、営業時間という基礎的な情報しか表示されない地図枠とは違い、自然検索部分には自社Webページのタイトルタグ、メタディスクリプションに自由に記述された文言を表示することが出来る
→ これにより検索ユーザーに事前に興味をそそるような情報を提供し、自社Webページへのリンクのクリック率を高めることが出来る


2、検索ユーザーの多くが自然検索で上位表示しているサイトは人気があり、信頼できるサイトだという認識を持つようになっており、サイトを見る前から一定の信頼感を抱いてくれる
→ これは広告と比べた時にも言えることです。広告はお金さえ払えば表示できる部分であり、検索ユーザーに信頼感を持ってもらいにくい傾向があります。それに比べて自然検索で上位表示しているサイトには一定の信頼感を抱く検索ユーザーが増えてきています。

結論を言えば、広告欄や、地図欄に表示されるよりも、ローカル客を集めるには自然検索での上位表示が特効薬だということです。

しかし、誰もが自然検索欄で上位表示出来るものではありません。

上位表示するにはローカル客が検索したキーワードで上位表示する、つまりローカルSEOの仕組みを知り、それを実践する必要があります。

ここで非常に参考になるデータがあります。それはMOZという米国の大手SEO会社が発表したローカル検索の検索順位決定要因2017という調査結果です。



この調査結果によると「整体院 横浜」、「エステサロン」、「税理士 新宿」などのローカルキーワードで検索した時の検索順位は次の要因でGoogleが決めているということです:

【1】被リンク:29%
被リンクを受ける際のアンカーテキストの文言、リンクを張っている被リンク元サイトのドメインの権威性、リンクを張っているサイトのドメイン数等

【2】ページ内要因:24%
企業名、住所、電話番号の3つがWebページ内に掲載されているか。タイトルタグ内にキーワードが書かれているか、Webサイトのドメインの権威性等

【3】ユーザー行動:11%
Googleの検索結果ページ上のクリック率、モバイル版Googleの検索結果ページに電話番号が表示された場合の発信率、その他クリック率等

【4】パーソナライゼーション: 9%
検索ユーザーの過去の検索履歴

【5】サイテーションシグナル:8%
インターネット電話帳(日本ではNTTタウンページ等)への掲載状況と電話帳データとの整合性、その他ローカル性の高いWebサイトへの掲載件数等

【6】Googleマイビジネス(企業用のGoogle+)の掲載状況:7%
Googleマイビジネスに登録された地理的位置と検索ユーザーの所在地の近接度、Googleマイビジネスに入力した項目との関連性等

【7】レビュー投稿状況:7%
Googleマイビジネス(企業用のGoogle+)への口コミ投稿数やその評価の高低と多様性等

【8】ソーシャルシグナル:4%
Google、Facebook、Twitter等でその企業のソーシャルメディアアカウントがどれくらい活発に利用されているか?

これら8つがローカル検索での順位決定の重要要因だということがわかりました。

これはローカルSEOで成功するためのチェックリストそのものですので【1】から【8】まで順番にチェックして対応可能なものを探して対策をして下さい。

これが成功すれば多くの地元客を自社サイトに誘導することが可能になり業績アップに直接的に貢献するはずです。

次回のブログではこれら8つの要因を1つ1つ詳しく解説させていただきます。

【関連情報】
Googleマップで上位表示してもお客は来ない!?Google地図検索SEOに集客上の意味はあるのか?

Googleマップで上位表示してもお客は来ない!?Google地図検索SEOに集客上の意味はあるのか?

2017年04月15日

最近増えている相談で「Google検索に表示される地図の部分で上位表示するSEO対策をするサービスは使うべきか?」というものがあります。

Googleの検索結果ページの上の方に3つまで表示される地図の枠に自社の情報を表示したいというニーズは以前よりありますが、そのニーズを成果報酬という形で代行するサービスを利用すべきなのでしょうか?

上位表示代行サービスを申し込む前に次のことを考えるべきです:

1、上位表示した後半永久的に料金を払う覚悟があるのか?

2、地図枠で上位表示することが自社の売上アップに本当に繋がるのか?

1、上位表示した後半永久的に料金を払う覚悟があるのか?
成果報酬のSEOの一番の盲点は、上位表示するまでは料金を払う必要な無いとしても上位表示した後は料金をずっと払わなければならないという点です。

優秀な代行会社が仮に上位表示をすることに成功したとしても、その施策は永久に続くものではありません。その施策の効果が低減した後に、クライアント側で上位表示の努力をしたことにより検索順位が維持出来たという場合はどうでしょうか?その場合、自分が努力して上位表示を維持しているのに契約上は他人に料金を毎月半永久的に払わなければならないというのはとても理不尽ではないでしょうか?

もしその理不尽さに耐えることが出来て、どうしても地図枠に上位表示したくてならないなら問題はありません。
私の以前の東京のクライアントで来客型ビジネスを経営している方がいました。その方は3つのキーワードで地図検索でトップ3に表示してもらえる成果報酬型のMEO(地図検索部分のSEO対策)を契約してその後上位表示に成功しました。

しかし上位表示した月から1キーワードあたり月額30,000円 X 3キーワード = 90,000円をずっと払っていました。これはほぼ毎月100,000円、年間1,200,000円、10年で12,000,000円の出費です。

契約前に今一度頭を冷やして将来を考えた方がよいでしょう。

2、地図枠で上位表示することが自社の売上アップに本当に繋がるのか?
これは最も根本的な疑問ですが、Googleの検索結果の上の方に表示される地図枠3つの中に自社の情報が表示されることによってどれだけ売上が増えるのかご存知でしょうか?

私は今まで一度も地図枠で上位表示することに成功した人が「地図枠で上位表示したから売上が増えましたよ!」だとか、「地図枠で上位表示したから自社サイトのアクセスが増えましたよ」と言う人に会ったことがありません。

専門業者さんんい依頼して上位表示した人や、自力で上位表示した方を何人も知っていますが、私の知る限りでは上位表示して満足しているだけのように見えます。
前からの願望が叶って満足してその後はそのことすら忘れてしまっているように見えます。

ここで私たちは自分自身に次の質問をするべきです。それは「これまで地図部分に表示されたお店や会社のリンクを辿ってそのサイトに見に行って購入をしたことがあるか?あるいは地図部分に表示されている電話番号をクリックして電話予約や注文をしたことがあるか?」という質問です。

私はこの質問を何度もしたことがありますが、答えは「自分が知っている店ならば電話をして予約注文をしたことがある」というものです。
パターンとしては自分がいる場所の近くにモスバーガーがあるか、あるいはスターバックスがあるかと思った時に「モスバーガー 新橋」だとか、「スターバックス 梅田」とか自分が好きなブランドのお店を探す時です。人それぞれ様々な検索をすると思いますが、知り合いに聞いても同じような答えが返ってきます。

真実は大規模なアンケート調査でもしないと分からないはずです。でも、もしかしたらブランド名で指名検索されるようなスターバックス等の全国チェーンでないと集客効果はほとんど無いのかも知れません。

いずれにせよ、今自分が持っている願望が単なる思い込みではないのか?本当に集客上の効果があるのかをいつも疑うようにして下さい。
Webの世界では大多数の企業が宣伝しているものは効果があると思い込んでしまいがちです。
しかし、多くの場合はそれは単に彼らから思い込まされている可能性があるのです。

まさに「生き馬の目を抜く」ということわざどおりなのがWeb業界です。いつも見聞きする事全てを疑うようにして下さい。そしてそれでもやるべきだと思ったら誰が何と言おうと自らを信じてやり抜いて下さい。あるいは少しでも疑問があったら一度立ち止まることにより時間とお金を節約して下さい。

Google検索の地域指定が出来なくなった!

2015年12月02日
最近成長している分野として「ローカルSEO」という分野があります。
私のセミナーでも今年一年で1番受講者様の数が多かったのがローカルSEOのセミナーです。

何故今、ローカルSEOが人気があるのかというと昨年の12月からGoogleのヴェニスアップデートの影響により日本でもそれまで以上に地域ごとに検索順位が異なる事例が増えてきたからです。

これは全ての検索キーワードというわけではなく、地域性が高いキーワードで検索した場合だけの現象です。

地域性が高いキーワードというのは「美容院」、「整体院」、「工務店」等の地域ビジネスを探すユーザーが検索しそうなキーワードです。

昨年12月にヴェニスアップデートをGoogleが実施してからは、こうした地域キーワードでの検索順位は地域ごとに異なるようになり、その地域のお店や会社のサイトが上位表示出来るようになったため、全国的に知名度の無い企業やお店でもその地域では「美容院」、「整体院」、「工務店」等の従来では上位表示が困難だったキーワードで上位表示することが可能になりました。

これは大きなチャンスです。

こうした大きなチャンスに水を差すような事が起きました。

それはつい昨日までは自分がいる場所以外で検索順位がどうなのかを調べるにはGoogleの検索結果画面のキーワード入力欄のすぐ下にある「検索ツール」というタブをクリックして位置情報を変えるだけでシュミレーションが出来ましたが出来なくなったのです。

今朝クライアントさんのサイトの他の地域での検索順位を調べるためにその欄を見ようとしたら位置情報を変更するオプションが消滅していたのです。

Search Engine LandというSEOの動向をいち早くレポートする米国のニュースサイトを見てみたら次のような記事がありました。

"Google Drops Change Location Search Filter From Search Results
Google seems to have dropped yet another search tool/filter, this one for location settings."
『Googleが検索結果ページにあった位置情報変更機能を削除した』(Barry Schwartz 2015年12月1日)




これからより過熱化が予測されるローカルSEOが盛り上がろうとする矢先に自分が今いる場所以外で検索した際のシュミレーションが簡単に出来なくなるのは困りますが、もう一つ以前より多くのユーザーが行っているシュミレーションの方法があるのでそちらのほうで検索すれば他の地域での検索順位を知ることが出来ます。

それはアドワーズの広告プレビューページです。
https://adwords.google.co.jp/apt/AdPreview

試しにアドワーズの広告プレビューページで「福岡市」に位置情報を設定して、地域性が高いキーワードである「整体院」で東京の事務所で検索したらきちんと福岡市の整体院が上位表示されている福岡市で検索したのと同じ検索結果ページが表示されました。



ぜひこのシュミレーションを使い先ず自分が狙っているキーワードが他の地域ではGoogleで何位なのかを調べてローカルSEOに本腰を入れて地元客に来てもらう対策を実施して下さい。
このエントリーをはてなブックマークに追加
鈴木将司の最新作品
プロフィール
一般社団法人 全日本SEO協会 代表理事

鈴木将司
2017年 04月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
最新記事