HOME -> 英国のSEOカンファレンスでは何が話題になっているのか? | モバイル時代のSEO情報ブログ

このエントリーをはてなブックマークに追加

英国のSEOカンファレンスでは何が話題になっているのか?

2017年05月28日

先週の2017年5月22日からロンドンで開催されたSMX London 2017に参加して先ほど帰って来ました。

ロンドンのWebマーケティングのカンファレンスは今回で2回目ですが、米国のカンファレンスとは次のような点が違うように思えます:

1、英国は島国であり、ヨーロッパにある多くの近隣国との貿易に力を入れている国なので海外SEOの話題が多い
→ 1日目5月22日のプレカンファレンスではその名も「International Search Summit 2017」(国際サーチサミット)という海外SEOの話題だけで丸一日多数の講座が開催されました。SEOの対象はGoogleだけではなく、Yandex(ロシア)、Baido(中国)、Wechat(中国)等に多岐に渡るものでした。



どうしても日本人相手のビジネスばかりで精一杯になりがちですが、英国にとってヨーロッパ諸国があるように我々日本人も近くのアジア諸国という成長市場を対象にSEOを実施すれば大きな成長機会を得ることが出来るはずです。

2、米国のカンファレンスはGoogleが最近どのような発表をしたのかという解説が多いのに対して、英国のカンファレンスはそれを踏まえてどのような対策を取るべきかというGoogleとは一定の距離を置くスタンスが見れる
→ Googleの技術スタッフが公式、非公式に発表する方針に一喜一憂するのではなく一定の距離を置いて、中長期的な流れを掴み、本質的な対策を取ろうという姿勢がありました。こうした落ち着いた態度も必要なのではないかと思いました。

海外SEO以外ではどのような話題があったのかというと主に:

(1)モバイルファーストインデックスの事前対策

(2)AMPというダウンロードスピードが高速なサイトの活用方法

(3)ソーシャルメディア活用がSEOにどのくらい効果があるのか?

(4)ボイスサーチ(音声検索)とAI(人工知能)対策

(5)最新の検索順位決定要因調査結果

(6)Googleのあらゆるパターンの手動ペナルティー対策

(7)モバイル対応をしている各種SEOツールの発表

というようにそのほとんどが今後私たちWebサイト運営者に求められるモバイルファーストのSEOについてでした。

今回学んだことは今後のブログ記事に反映し、詳細については全日本SEO協会の会員専用サイトにある動画ニュースコーナー「週刊SEOビデオニュース」と
「月刊会報誌 MONTHLY SEO REPORT」https://www.ajsa-members.com
などで報告させていただきます。

Googleの公式発表によると今年末から来年初頭にかけてモバイルサイトの内部を検索順位決定要因とするモバイルファーストインデックスが導入されます。
5月も終わろうとしており、残された時間は半年しかありません。

モバイルファーストインデックスが導入されてしまったらPCサイトをいくらいじってもモバイル版Google、PC版Googleの検索順位には反映されなくなります。モバイルサイトの内部対策がモバイル版Google、PC版Googleの検索順位に反映されるようになります。

その日が来るまでの間に何としても、自社サイトのモバイル版の充実と軽量化、そして他のモバイルサイトやSNSから紹介してもらえるようなコンテンツ造りに邁進して下さい。

このエントリーをはてなブックマークに追加
                    
鈴木将司の最新作品
プロフィール
一般社団法人 全日本SEO協会 代表理事

鈴木将司
<< 2017年 05月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
最新記事