HOME -> 鈴木将司公式ブログ | SEOセミナー

このエントリーをはてなブックマークに追加
カテゴリー: パンダアップデート

『レビュー』という新しい評価基準が今後Web集客で重要になる!

2016年08月10日
米国のSEOニュースサイトのSearch Engine Journalが『Yelp and TripAdvisor Lash Out at Google Over Recent Change to Restaurant Searches』(Yelpとトリップアドバイザーが最近のGoogleによるモバイル検索のレストラン検索を避難)(2016年8月8日)というニュースを報道しました。



これはどういうことかというとGoogleが最近になってモバイル版Googleの検索結果の上位にGoogleの子会社であるレストラン評価サイトのZagatの情報の露出を増やしたことが不公平だという事です。

Googleはこのところ以前にも増して検索結果上に自社が提供している情報を非常に目立つように表示するようになり、それまでそうした情報を自社サイト上で提供していたサイトの訪問者が減るという損害が増えています。

例えば「今日の天気は」と言葉で検索すると検索結果の上部にいきなり天気予報の情報が表示されます。それにより天気予報の情報を提供したサイトのアクセスは減ることになります。



今回のニュースは私達Web管理者に次の3つの新しいルールを教えてくれます:

1、自社サイト上で単純な情報を提供することによりアクセスを増やすことが困難になってきている
→ 独自ノウハウ、独自取材、独自調達をしていないどこにでもあるような情報を自社サイト上で提供しても、それだけでは事業は成り立たない。他社が真似できない独自性のある情報を提供しなくてはアクセスを獲得出来なくなってきています。
今後は独自ノウハウ、独自取材、独自調達をすることにより著作権的にもプロテクトされる情報を生成、発信しなくては自社サイトのアクセスをGoogle等の検索エンジンに奪われる可能性がるということです。

2、消費者のレビュー情報に対するニーズが高まってきている
→ レストランの評価というのは口コミ情報の一つであり、レビュー情報のことです。
最近、米国の消費者はサイト上にあるお客様の声を信じなくなってきていると伝えられています。何故ならサイト管理が自分に都合の良いレビューばかりを載せるので客観的というよりは主観的なものに成り下がってきている。そのため地域ビジネスの口コミサイトのYelpや、宿泊施設と飲食店の口コミサイトのトリップアドバイザー等サイト運営者以外の第三者が運営するレビューサイトの人気が高まっている

3、アップルの独自検索エンジンSpotlight検索の重要な情報源になってきている
→ もう一つの最近の傾向としてはアップルの独自検索エンジンのSpotlight検索ではYelpやトリップアドバイザー、日本では食べログのレビュー情報の数が多かったり、評価が高いサイトが検索の上位に表示されるようになってきているというものです。

私は今、東京の新橋にいますがiPhoneの通知画面の上にあるSpotlight検索で「ラーメン」というキーワードで検索したら食べログでレビューが多いサイトが3件中2件も表示されています。



アップルは旧来のアルゴリズムを使っているGoogleとは違った検索結果を提供するためにこうしたレビューサイトの情報を検索順位を決める上で重要な情報源としています。

今回のニュースは表面上はGoogleが独自サービスをモバイル版Googleの検索結果上で目立つようにさせたため一部のレビューサイトが噛み付いているだけのものに見えます。

しかし、その背景には次のIT企業の覇権争いの渦になるレビュー市場での争いの理由が見えてきます。

私達Webサイト管理者は、今後自社サイト上にある自分都合のお客様の声はもはや力を失いつつあることを認識しなくてはなりません。そして第三者のレビューをたくさん集める取り組みをしなくてはなりません。そうしないと気がついた時は追いつけないくらいの膨大なレビューをライバル会社が獲得してしまうことでしょう。

不正リンクの効果があるため順位が高くなっているサイトを見た時にどうするべきか?

2016年06月22日
日々、様々なサイトの相談を受けていると例外的な現象を目にすることがあります。

例外的な現象とは、Googleのガイドラインに沿わない、もっと言うと違反しているにも関わらず難しいキーワードで上位表示しているケースです。
昨日、あるクライアントさんから相談を受けたためにその方が狙っているキーワードのほとんど全てのキーワードでいつも検索順位のトップ3位に入っているサイトの被リンク元をマジェスティックSEOという被リンク分析ソフトで解析しました。

その結果分かったのは、膨大な数のサイトからGoogleが禁止している被リンクを受けていることです。

これは具体的にどのようなことかというと:

1、キーワードだけでのリンクテキスト(例:債務整理 大阪)
2、明らかにお金を払って購入したリンク(例:PRだとか、おすすめサイトという欄からのリンク)
3、バナー広告


などです。

リンクに対する取り締まりが厳しくなった2012年からこうした形でのリンクは不正リンクと見做されて通常、Googleによりペナルティーを受けて検索順位が少なくとも40位以上は下がるようになってきました。

2と3に関してはお金の受け渡しによって得たリンクは必ず「rel="nofollow"」という属性情報をアンカータグに張らなくてはならいということをGoogleは過去何度も様々な場所で通達しています。

にもかかわらず、不正リンクがたくさんあるにも関わらず今でも上位表示しているサイトが調べれば調べるほど出てくるのです。

何故このようなことが起きているのでしょうか?

考えられる理由は・・・

1、Googleのチェック機能が未だ未熟な状態にある

2、Googleのサーチクオリティーチームの人出が足りない

3、良質なリンクもあるので、不正なリンクが多少あっても相殺され許される

4、不正なリンクが増えるにしたがってリスティング広告などを積極的に買っているのでGoogleが不審に思わない

5、サイトのアクセスがとても多いので不正リンクがあっても許されている

という5つが少なくとも考えられます。

1、Googleのチェック機能が未だ未熟な状態にある

→ Googleは通常、ソフトウェア(アルゴリズム)によって不正なリンクを見つており、たくさんの不正が発覚したら自動的にそのサイトの検索順位を大きく落とします。
しかし、そのソフトウェアも未だ完璧なものではなくWeb上の全てのページをチェック出来ないでいるという事も考えられます。
これが理由の場合は、遅かれ早かれ時間の問題で不正リンクによって上位表示しているサイトはすでに不正リンクが原因で順位を大幅に落とされたサイトと同様順位を下げられ不正リンクを早急に削除するか、そのドメインを捨てて一からやり直すことが強いられるはずです。

2、Googleのサーチクオリティーチームの人出が足りない

→ 上記のソフトウェアのチェックをすり抜けるような巧妙な不正は、スパムレポートフォームという密告制度や怪しげなサイトを肉眼でGoogleで働くサーチクオリティーチームのスタッフがチェックします。しかし、Web上に存在する無数のWebページのほんの一部しかチェックすることが出来ていない可能性があります。

3、良質なリンクもあるので、不正なリンクが多少あっても相殺され許される

→ これも昔から良くあるケースなのですが、アクセスをもたらす、つまりリンクをクリックしてたくさんの訪問者が来るようなクリックされているリンクが多数ある場合、不正なリンクも多数あったとしても許されていることがあります。プラス要因がマイナス要因を相殺してくれているイメージです。

4、不正なリンクが増えるにしたがってリスティング広告などを積極的に買っているのでGoogleが不審に思わない

→ 冒頭のサイトは私が見る限りこれに該当しています。この会社は業界でもとても業績が良く最近では知らない人がいないと思われるような人気サイトをもっておりそのサイトが上位表示しているのです。かなり被リンク元をマジェスティックSEOで長時間調べてもそのほとんどが不正リンクで良質なリンクはほとんど無いのです。自分の目を疑うほどです。

ただ、この会社は業績が良いこともあり、ヤフーやGoogleのリスティング広告を過去何年にも渡り購入してアクセスを増やしています。
それによりトラフィックも長期的に増えているので不正リンクがそれに比例して増えても目立たないようになっています。

ということは、もしかしたら一部の人達は、不正リンクを少しずつ増やすと同時にリスティング広告もそれに比例して出稿すれば被リンク元が増えるだけではなく、トラフィックも増えるのでGoogleからは疑われづらいということを知っているのかも知れません。

もしこれが真実だとしたら、検索エンジン会社からの広告を多量に買うことによってスパムが見逃されやすくなっている可能性があります。
だとしたらこれは一つの検索エンジン会社の盲点をつくブラックな技である可能性があります。

5、サイトのアクセスがとても多いので不正リンクがあっても許されている

→ これも昔から良く見かけるケースです。元々たくさんのユーザーが訪問する人気サイトはリンクだけではなく、サイト内部にもキーワードを詰め込み過ぎるなどのスパムを多少しても許されてしまい上位表示され続けることがあります。

いずれにせよ、こうした不条理な事実を目にした時に私達がどうするべきかが問題です。

どの世界にもルールをすり抜ける企業や個人はいます。

しかし、それらは例外的なことであり、何よりも時間の問題で崩れ去る脆いものです。

企業にとって必要なのはいつバレるかとヒヤヒヤしながら生きていくことではなく、持続可能性が高い堅牢なことを追求することです。

今後も例外的な事象を見ることはたくさんあるでしょう。しかし、決してやる気を失わず、例外になることを望むのでもなく、堅実な方向に進んで下さい。

ブログを作ったせいで検索順位が落ちているサイトが増えている!?

2015年09月08日
Googleが2015年7月18日に実施したパンダアップデート4.2の影響で、8月中旬くらいから検索順位が変動しました。
(パンダアップデートというのはコンテンツの品質が低いページがあるサイトの検索順位を落とすというペナルティー)

その結果、ある共通点のあるサイトの検索順位が落ちました。

その共通点とは、ドメイン内にブログを設置しているサイトの順位が落ちたということです。

この事はサイト内にある全てのページを一気に分析するSEOロボットドクターというソフトを使って検索順位が落ちたサイトを分析してわかりました。

ドメイン内ブログというのは上位表示を目指す自社サイトにコンテンツを増やすため、つまりページを増やすために自社サイトのあるサーバーに追加したブログの事です。

古いSEO対策においては、他のドメインからのリンクを増やすためにアメブロやライブドアブログなど他のドメインのブログを開いてそこに記事を書くとともに自社サイトにリンクを張るという、主にリンク対策として外部ドメインの無料ブログを運営するというのが主流でした。

しかし、リンクだけでは順位が上がらなくなってきている現在、どうせブログを書くなら自社サイトのページ数を増やしてコンテンツを充実させるというのが現在のSEO対策のトレンドです。

こうした理由のために、上位表示を目指す自社サイトにドメイン内ブログを設置してページを増やそうとしている企業が増えてきています。

しかし、今回わかったのは、ドメイン内ブログを設置してもそこに投稿する記事に問題がある場合、上位表示効果があるどころか、逆効果になってしまうということです。

それではどのようなものが逆効果になるのかというと・・・

1、100文字から300文字程度の文字数の少ない記事を投稿すること

2、毎回ほとんど同じ内容で代わり映えのしない内容の記事を投稿すること

3、記事内にトップページで狙っているキーワードが全く書かれていない記事を投稿すること

などです。

3に関しては中々いつもトップページで狙っている記事を記事内に含めるのは簡単なことではないので、3回に1回、できれば2回に1回投稿する記事に目標キーワードが含まれていることを目指せば十分です。

しかし、

1、100文字から300文字程度の文字数の少ない記事を投稿すること

に関しては、文字数がとても少ないためにその記事が書かれているページのヘッダーメニュー、サイドメニュー、フッターメニューに書かれている文章やテキストリンクばかりが目立ってしまい投稿された個々のページに独自性のあるコンテンツがほとんど無いというコンテンツの品質上の問題を引き起こしてしまいます。

また、

2、毎回ほとんど同じ内容で代わり映えのしない内容の記事を投稿すること

に関しても、Googleが最も嫌がる類似コンテンツがサイト内にどんどん増えていく結果になるのでトップページで狙っている目標キーワードでの検索順位が下がる一方になります。

ごく最近、自社サイトにドメイン内ブログを設置したばかりの方は最近のSEO対策の動向を知っているのでこうしたGoogleが嫌がるページを増やすことは避ける傾向にあります。

しかし、何年も前に自社サイトにドメイン内ブログを設置して更新をしてきた人達は当時のSEO対策の意識はそれほど高いものではなかったのでとにかくページを増やせば良いという感覚の時代でした。

そのため何年も前に自社サイトにドメイン内ブログを設置して更新をしてきた人達のサイトほど今回のパンダアップデートにより順位が下がっています。

もしも、御社のサイトが7月中旬から8月中旬にかけて何位か落ちてきたならば先ずはこうした点を点検して、同じような問題を発見したら・・・

1、それらの記事のあるページを思い切って削除する

2、Googleがインデックスしないように(評価対象から外すように)というタグをそうしたページに貼り付ける

3、品質の低い内容のブログ記事を他のドメインのサイトに移動する

などの選択肢がありますのでいずれかの対策を取るようにして下さい。

このエントリーをはてなブックマークに追加
                    
鈴木将司の最新作品
プロフィール
一般社団法人 全日本SEO協会 代表理事

鈴木将司
2017年 05月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
最新記事