HOME -> 鈴木将司公式ブログ | SEOセミナー

このエントリーをはてなブックマークに追加
カテゴリー: ヴェニスアップデート

Googleクロームで検索結果を見たときは、地図情報に表示されますが、IEで見たときは地図情報に表示されません。

2015年04月13日
こうしたこともあるのでしょうか?

A: ご質問ありがとうございます。そうした現象はあります。1つのブラウザーで見た検索結果表示が他のブラウザーや他のユーザーのパソコンでも同じではないということは頻繁に観察されています。

こうしたブラウザ毎に検索順位や表示される情報が違うという前提で自社の検索順位を捉えるべきです。

特に、ブラウザーや、パソコンによって検索順位が違う場合は、順位が低い方が本当の順位だと思った方が良いです。

最近は2つの要因により検索結果がさらに多様化しています。

それは:

(1)スマートフォンユーザーが使うスマホ版Googleの検索結果はそのユーザーが居る場所によって異なる

(2)PC版GoogleのGoogleの検索結果のもそのユーザーが居る場所によって異なってきている

の2つです。

(1)スマートフォンユーザーが使うスマホ版Googleの検索結果はそのユーザーが居る場所によって異なる
これはスマーフォトンユーザーが大阪駅にいてスマホ版Googleで「整体院」というキーワードで検索すると大阪駅周辺の整体院の情報が検索結果上部の地図欄に表示されるというものです。



(2)PC版Googleの検索結果もそのユーザーが居る場所によって異なってきている
これは私達が自宅や、事務所の中でパソコンでPC版Googleで「整体院」というキーワードで検索すると自宅周辺の整体院の情報が検索結果上部の地図欄に表示され、かつ地図欄の下にある自然検索のほうも自宅周辺のサイトの情報が一部表示されるというものです。これは日本で2015年12月24日から実施されたヴェニスアップデートによるものです。

このようにGoogleはすでにスマホ環境でも、PC環境でも、地域名を入れずに検索した時にユーザーが所在する地域をIPアドレスから推測してその地域周辺の情報を出すようになってきています。

今後はぜひあらゆる要因を想定して自社の検索結果を認識するようにしてください。

そしてあらゆる状況の中でも上位表示出来るように自社サイトのSEO対策に力を入れるようにしてください。

ご成功を祈っています。
このエントリーをはてなブックマークに追加
鈴木将司の最新作品
プロフィール
一般社団法人 全日本SEO協会 代表理事

鈴木将司
2017年 04月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
最新記事