HOME -> 鈴木将司公式ブログ | SEOセミナー

このエントリーをはてなブックマークに追加
カテゴリー: Bing上位表示対策

Q: Bingだと、私のサイトは主要キーワード+地域名でかなり上位に来る傾向があります。

2015年03月30日
Bingで上位表示されるサイトの特徴などは何かあるのでしょうか?
そしてほとんどの方がGoogle・Yahooどちらかを使いますが、Bingってあまり使われていないような気がします。
Bingの検索エンジンの良い部分はどんなとこでしょうか?

Yahooは現在Googleとの提携は2年契約とセミナーでお聞きしました。
今年2014年は更新の時期?だったと思いますが、引き続きGoogleとの2年契約になる可能性が高いのでしょうか?

A: 今年更新される可能性は低いです。今でも2年更新の契約ですので、次は2016年、または2018年にヤフージャパンがGoogleとの提携とやめてBingまたは、その他その時人気のある検索エンジンと提携する可能性があります。

以前ニューヨークのSMXというカンファレンスに出席してBingの上級技術者の講演を聞いてきました。

その人の話によるとBingはアンカーテキストリンクを高く評価しなく、代わりに古いサイトやヤフーカテゴリのような大手ディレクトリサービスに登録されているサイトを高く評価するそうです。

アンカーテキストリンクを高く評価しなというのはどういう意味かと言うと、Googleはあなたのサイトが「生命保険相談」というキーワードでリンクを張られていること

が多いと生命保険相談というキーワードで上位表示する傾向が高いですが、Bingはそうしたところは無視するということです。
(※注:ただし、現在のGoogleではアンカーテキストリンクにキーワードを含むリンクを短期間でたくさん増やすと手動によるリンクに関するペナルティーを与えるようになっています)

むしろ権威のある大手ディレクトリサービスやその他古いサイトからのリンクが多いとBingでは上位表示されやすくなるということです。
こうした傾向は2012年までのGoogleにもありました。
しかしその後Googleはペンギンアップデートを行いリンク対策だけでは検索順位が上がらなくなりました。

Bingだけで上位表示していて、Googleでは順位が低いというのは良いことではありません。
何故ならそれはSEO対策の手法が古いということになるからです。
Bingだけ上位表示しているというのは自社のSEO対策の手法が古くてマラソンで言えば二周くらいの遅れをとっているということになります。
自社のSEO対策の知識と技術を早急にアップデートしてGoogleの技術に追いついて下さい。
このエントリーをはてなブックマークに追加
                    
鈴木将司の最新作品
プロフィール
一般社団法人 全日本SEO協会 代表理事

鈴木将司
2017年 05月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
最新記事