HOME -> SEO用語解説 > リスティング広告のキーワード選定方法

SEO用語解説 - り

このエントリーをはてなブックマークに追加

リスティング広告のキーワード選定方法

gamen.png

リスティング広告を利用しようと考えている企業の多くは、ヤフージャパンのスポンサードサーチか、Googleのアドワーズを利用したいと思っているでしょう。


広告を出すためには、どちらもキーワードを選定する必要があります。


キーワードを選定する際には、ヤフージャパンなら「ヤフーキーワードアドバイスツール」、アドワーズなら「Googleキーワードプランナー」を利用するとキーワードを選定しやすくなります。


《ヤフージャパンのスポンサードサーチ

ysp.png


Googleアドワーズ

adwardss.png


ヤフージャパンならヤフーキーワードアドバイスツールに、あなたのサイトに関連したビックキーワードを入力してみましょう。
すると、たくさんのキーワードが表示されるはずです。


ヤフーキーワードアドバイスツールは、ヤフージャパンが独自収集している検索されたキーワードをGoogleキーワードプランナーと似た形で公開しています。利用するにはヤフービジネスID(無料取得可)が必要です。


《ヤフーキーワードアドバイスツールで表示されるデータ例

reiyahoo.png


ヤフーキーワードアドバイスツールは、Googleキーワードプランナーに比べると検索ユーザーの属性や検索数の推移、PCユーザーとスマートフォンユーザーの内訳などがビジュアルでわかりやすく表示されるのが特徴です。


上位には、クリック数が高いキーワードが表示されます。


このとき、下の方に表示されているキーワードはあまり検索されることのないキーワードです。

いくつかビックキーワードを入力して、表示された下位キーワードに注目してみてください。


この下位キーワードに注目することで、ユーザーが検索をするときに何を考えているかがわかるはずです。

そして下位キーワードを馬鹿にしないで、下位キーワードでも本気で商品、サービスを探している人が検索していそうなキーワードを見つけて入札するようにして下さい。


1つ1つは検索数が少ないかもしれませんが、本気客が検索しているキーワードですので、たくさんのそうしたキーワードを見つけて入札すればトータルで大きな集客力を持ちえます。


【関連情報】

【発見!】Googleは広告を広告に見せないようにしてクリック数を増やそうとしている!その理由とは?

【胸が痛くなる相談が増えている】広告依存のサイトは最終的に破綻するはず・・・



このエントリーをはてなブックマークに追加
PAGE TOP