HOME -> SEO用語解説 > トップページの役割を考える

SEO用語解説 - と

このエントリーをはてなブックマークに追加

トップページの役割を考える

lp.png

勝負ページ(このページだけは絶対に売上を上げると定めたランディングページ)をサイトのどのページにするかは重要な問題です。


トップページを勝負ページにしたいと考える方が多いのですが、勝負ページをトップページにするかどうかはあなたのネットショップの形態によります。


もし、あなたのネットショップが専門店の場合は、トップページを勝負ページにする意味があります。


SEOの観点から見れば上位表示されやすいというメリットがありますし、成約率が高くなるという効果もあります。


しかし、様々な商材を販売しているネットショップの場合には、トップページは勝負ページにするよりも、スーパーのちらしのように様々な商品を少しずつ紹介するタイプのトップページデザインがお勧めです。


トップページは単なるメニュー、サイトマップと割り切った方が良いでしょう。
トップページをサイト内にある勝負ページのリンク集という考え方をして、個別の勝負ページに力を向けるべきです。


サイトのトップページを企業の顔と考えて、膨大な時間やコストを費やすケースが多いようですが、様々な商材を販売しているネットショップの場合は、トップページにそこまで時間やコストをかける意味がありません。


トップページを何度修正しても効果が出ないということもあるくらいですから、勝負ページに力を入れてください。


【関連情報】

SEO対策とウェブデザインはクロスオーバーする

モバイルサイトのページは縦に長ければ長いほど良いのではないか!?

このエントリーをはてなブックマークに追加
PAGE TOP