HOME -> SEO用語解説 > 権威付けをする

SEO用語解説 - け

このエントリーをはてなブックマークに追加

権威付けをする

doctor.png

権威というものが、ユーザーに対してどのような力を持っているのでしょうか?


インターネットで商品を購入するということは、販売者側が考えているよりもユーザーは不安を感じるものです。

この不安を払拭する手段となるものが「権威」になります。


では、何故「権威」がユーザーの不安を払拭するのでしょうか?


権威というのは、ユーザーに安心感を与えるからです。
「専門性」「希少性」「特殊性」など、ユーザーは権威のあるものに弱い傾向にあり、権威のあるところから商品やサービスを購入する方が安心だと感じるのです。


このようなユーザーに対し、権威となるものを見せることは購入意欲を刺激することになります。
権威付けとなる証拠を用意し、それを掲載することでユーザーに安心感を与えることが出来るのです。


特に権威付けが重要となってくる業界は、プロフェッショナルと呼ばれる業種です。
高度な職業訓練を要する「医者」「弁護士」「会計士」「建築士」などの業種では、権威付けが重要になってきます。


もちろん、権威だけが全てではありません。
権威だけを振りかざすと、ユーザーが逃げ出してしまう可能性があります。
権威だけに頼るのではなく、権威は商品やサービスを引き立てるものだと考えてください。


権威だけを振りかざすとユーザーは逃げてしまうと言いましたが、どうすればバランスをとることが出来るのか?

それは、人間としての優しさを訴求することです。


これは医者や弁護士などについて特に言えることです。


ユーザーは確かに優秀な医者や弁護士を探しますが、優秀なだけで冷たい医者が弁護士もいることは確かです。


いくら優秀でも、質問がしにくい、要望を伝えづらい医者や弁護士にはたくさんのクライアントは来ないものです。


クライアントが潜在的に欲しているのは優秀さと優しさの両方です。


このことを念頭にいれてサイトにはこの2つの要素をバランスよく含めることを心がけて下さい。


【関連情報】

権威の探し方

このエントリーをはてなブックマークに追加
PAGE TOP