HOME -> 「SEO対策サポートニュース」バックナンバー -> Yahoo!JAPANの異変と将来予測(7)

Yahoo!JAPANの異変と将来予測(7)

検索エンジン対策セミナー参加者様のための・・・
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
SEO対策サポートニュース 【第26号】2005年8月30日
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

発行:メディアネットジャパン
http://www.medianetjapan.com
編集・執筆:鈴木将司

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
このニュースはこれまでにメディアネットジャパン主催の検索エンジン対策セ ミナー・商用ホームページ運営セミナーに参加頂いた方に無料サポートの一 環としてお送りさせて頂いております。
━ 目次 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

1、Yahoo!JAPANの異変と将来予測(7)
   - はっきりとしてきたヤフー検索結果の切り換え計画 -

2、あの方がまたヤフーに無料登録をした!
   「ヤフー無料登録の名人」

3、セミナー参加者様からのご質問と回答(Q&A)

4、札幌、盛岡、福井でも『Yahoo!JAPAN検索画面切り替え直前対策』セミナー
を緊急開催。

5、ご質問・ご意見の募集について

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

1、Yahoo!JAPANの異変と将来予測(7) ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
   - はっきりとしてきたヤフー検索結果の切り換え計画 -

8月24日の日経新聞や日経系列サイトについに「ヤフー日本法人、完全自動検索に移行・閲覧数伸ばすグーグル型」という記事が出ました。
http://it.nikkei.co.jp/internet/news/index.aspx?i=2005082410464ba

この事はこれまでヤフー検索結果画面切り替えが起きると業界で独り予測していたことがいよいよ現実になってきているということを意味します。
この日経の記事では「10月にも」とあります。はっきりと10月になるということは保証していません。
9月1日か、9月30日午後か、10月1日か、それとも10月31日か。当社の予測ではこれまでどおり9月1日か、10月1日です。

この変動に備えるためメディアネットジャパンでも、全国各地でセミナーを開催しております。
http://www.web-planners.net/webplanners_semi_top.html
8月は福岡、岡山、名古屋、大阪、東京で開催しましたが、9月は最後の追い込みで東京、大阪の他にも、あらたにネットショップの研究団体であるオンラインショップマスタークラブ様:
https://www.ippin.com/osmc-semi/sem-yahoo.html">https://www.ippin.com/osmc-semi/sem-yahoo.html
と共催で札幌、盛岡、福井でも開催することになりました。

4年近くセミナー講師をしていますが、ここまで全国的に多くの人たちが関心を持っているセミナーはあのGoogleが登場したとき以来です。

Googleで上位表示を達成したみなさまも私もこれまでのことは「リセット」して、しっかりとヤフーのページ検索エンジンであるYSTに挑んで成果をあげなくてはなりません。

今後検索エンジンの世界だけでなく、インターネットの世界が大きく変化するでしょうが、我々はこれまでのノウハウや、実績に依存するのではなく、いつでも一からやり直してノウハウを再構築する覚悟と勇気が必要です。サイクルの早い現代ではこうしたことができる企業のみが生き残ってゆけるのではないでしょうか。

そこでは、自社のSEO対策を外部の業者にまるなげしたり、被リンクに依存したりするような甘い考えを持つ者は上位表示は一時的には達成できても、永い間キープすることは困難でしょう。

みなさんが最終的に頼れるのはみなさん自信です。外部の業者やいつも目新しい広告商品を持っている代理店達ではないのです。


2、 あの方がまたヤフーに無料登録をした!
「ヤフー無料登録の名人」

度々弊社セミナーを受講していただいているあの神戸の伊藤行政書士事務所
http://www.ito-office.net
の代表 伊藤先生がまたヤフーに無料登録なさいました。私の知る限りこれで3つ目の無料登録です。

以下伊藤先生からお寄せいただいたメールをご覧ください。
-----------------------------------------
日頃は大変お世話になります。

おかげさまで、8月25日付けで
「新法律解説 一部改正道路交通法 」 http://524.higai.net/
というサイトで3つ目のヤフー無料登録を達成いたしましたので
ご報告いたします。
http://dir.yahoo.co.jp/new/20050825/Government/


●申請にあたって

鈴木先生にお教え頂いたメソッドを駆使し、紹介文も申請時と同
じものを採用していただけました。

紹介のキーワードをサイト上に大きく示すのと同時に、サイト上部
にも、申請文と同じ文章を記載しました。


●今後の対応

サイトの内容を改変し、商用サイトへのアクセスを促したいと思い
ます。

------------------------------------------------------
【申請時の文章】
飲酒運転、違法駐車対策等の道交法改正の解説。用語集、条文
のダウンロード等。
(2005年8月5日申請)

【登録時の文章】
飲酒運転、違法駐車対策等の道交法改正の解説。条文のダウ
ンロード、用語集等。
(2005年8月25日登録)

【PR文】
ノルマを課した検挙や一般の人間にはわかりづらいキップ制度な
ど現在の警察の交通取締りは多くの問題点があります。警察官の
暴挙の被害にあった方は大勢おられると思われます。当サイトで
は特に問題となっているスピード違反の取締りを取り上げ、不安
に感じている方に多くの情報を提供できるようサイトを充実させ、
ユーザビリティにも配慮し更に情報を増やしていきたいと思います。

-----------------------------------------

以上、伊藤先生からのメールです。

ヤフーに無料登録するためには世の中の人のためになるサイトをつくらねばなりません。
これまで私も無料登録申請に何度も携わりましたが、表面上お役立ちのサイトをつくろうとしてもほとんどの場合その浅さはヤフーの社員にはみすかされてヤフーに無料登録はできません。

利他の気持ちが強く、少なくとも見込み客の人にどういう情報を提供すれば幸せになれるのかのみ考えてコンテンツをつくるという真摯で誠実な姿勢を貫かなくてはならないと思います。

みなさんはインターネットを通じて小さい幸せが欲しいのでしょうか?それとも、大きな幸せ、自分の周りの人たち、お客さんたちみんなの幸せが欲しいのでしょうか?

もしも、自分だけの小さな幸せが欲しいのでしたらヤフーの無料登録はあきらめたほうが無難です。

伊藤先生の作品を見るとそうした利他の精神というメンタルな面だけでなく、
ホームページ作成のテクニックとしてはみる人たちにわかりやすい大きな文字でシンプルにつくっています。

誰でもわかる、とっつきやすい見易さがヤフー無料登録のコツの1つだと思います。

どんなにすばらしい情報でも、大量の情報でもそれがすっきりと整理されていないの最近のヤフーでは相手にもされません。

ぜひ無料登録を目指す本物のウェブマスターの方は、このシンプルさを追求してください。お願いします。
そうすればきっと登録されるはずです。

伊藤先生、また我々を励ましてくださり本当に有り難うございます。
なお一層のご活躍を祈っています。

このサポートニュースではセミナー終了後目標を達成なさった方の体験談を常
時募集しております。

ぜひ、お寄せ下さい。どんな形態、文字数でも結構ですので、読者の皆さんと
私の励みになりますのでぜひ:
suzuki@web-planners.net
までお寄せ下さい。

このサポートニュースだけでなく、当社ホームページからご紹介、リンクもさ
せて下さい。

3、セミナー参加者様からのご質問と回答(Q&A)━━━━━━━━━━━━━━━━━

読者の皆様のためにもたくさんのご質問お寄せ頂き、本当に有難うございます。

Q>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

お世話になっております。
アクア・カルテック 武井です。
凄くくだらない質問で申し訳ありませんが、
SEOでGoogle検索したところ、
今まではSEO業者が常に1ページ目を占めていたのですが、先ほど検索したところ、まったくといっていいほど1ページ目に業者がヒットしませんでした。
何かgoogleの方で対策などとられたのでしょうか?

A>>>

そういう検索結果の時もあると思いましたが、さきほどSEOで検索したら、相変わらず、SEOサービス業者さんと、SEO自動登録リンク集ばかりでした。

ただ、おっしゃるように、Googleの方で何か対策をとる時がくるかもしれません。

Q>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

以前質問を上げましたが、その後の続報です。
「かんたん相互リンク」で相互リンクを試みましたが、一向にlink:URLで検索しても反映されませんが・・・という件です。
本日3月7日にGoogleでlink検索すると、2箇所の「かんたん相互リンク」が反映されていました。
ということは無駄ではないということです。

勝手に質問を上げて、勝手に解決してしまいました。お騒がせしました。

それにしてもGoogleには、なかなか情報が反映されないものですね。

ちなみにYSTの方は未だに相互リンクが反映されていません。
(なかじま様 http://useing.com/)

A>>>

ありがとうございます。「かんたん相互リンク」のような形態のリンク集の危険なところは、誰がいつどんな危険なサイトを登録してくれかわからないところです。

以前セミナーなどでいったかもしれませんが、良心的な普通の紳士の方のホームページにたまたま「かんたん相互リンク」が設置してあり、そこにアダルトか何かのサイトが登録してあっただけで、Jリスティング
http://www.jlisting.jp/jentry.html
から注意された方がいました。

ぜひ気をつけて下さい。

Q>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

いつもSEO対策サポートニュースで役に立つ情報を戴き大変有り難うございます。

質問はGoogleの検索結果順位についてです。
多分1ヶ月位前からこの順位が毎日変わるようになりました。
http://home.s00.itscom.net/large/TOP/
最初はいつものGoogleダンスだと思っていたのですが、いっこうに収まりません。

以前は「補聴器」で検索すると通常トップでしたが、今は1ー3の間を行ったりきたりです。3番目なら構わないではないかと思われるかもしれませんが1番目と3番目ではアクセス数に大きな差があります。

何か対策は有るでしょうか。
(ラージ有限会社様)
A>>>
ありがとうございます。
http://home.s00.itscom.net/large/TOP/
を久しぶりに拝見しましたが、「補聴器」という言葉が本文中に少ないのと、タイトルタグが現在
骨伝導補聴器等、音のコミニケーション機器
とありますが、

補聴器、骨伝導補聴器等の販売

というように、補聴器というのを単体で目立たせて、文頭にもってきたほうが良いと思います。

そのほかは、セミナーで説明させていただいたいるように、サイト全体、つまり全ページに補聴器という言葉をもっと散りばめて下さい。

それと、相互リンクの数が少ないです。さらに増やしてください。

必ず、安定するようになります。


4、更新情報 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

札幌、盛岡、福井でも『Yahoo!JAPAN検索画面切り替え直前対策』セミナー
を緊急開催。OSMC様との共催です。
https://www.ippin.com/osmc-semi/sem-yahoo.html


5、ご質問・ご意見の募集について ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

セミナー参加者様よりのご質問・ご意見をお待ちしております。売り上げアッ
プのためのこと、GoogleのことでもYahoo!JAPANその他検索エンジンのことで
もご質問お寄せ下さい。
このサポートニュースの主役はあなた自身です。
皆さんのご質問・ご意見は皆さんご自身だけではなく、他の方たちのプラスに
なることですのでその方たちのためにもどうかお寄せ下さい。
ご質問フォームをご用意いたしましたので詳細は:
http://www.web-planners.net/webplanners_question.html
をご覧下さい。ご質問お待ちしております。
――――――――――――――――――――――――――――
――――――――――――――――――――――――――――
発行:メディアネットジャパン
http://www.medianetjapan.com
各地最新セミナー詳細
http://www.web-planners.net/webplanners_semi_top.html

連絡先:東京都港区西新橋1丁目11-1 丸万1号館7階
電話: 03-3519-5315 FAX: 03-3519-5316
suzuki@web-planners.net
――――――――――――――――――――――――――――
――――――――――――――――――――――――――――
※本メールはメディアネットジャパン主催の検索エンジン対策セミナー・
商用ホームページ運営セミナーに参加頂いた方に効果保証の無料サポートの一
環としてお送りさせて頂いております。
※今後サポートニュースのメール受信解除をご希望の場合、解除させていただ
きますのでお手数ですが本メールをそのまま送り返して下さい。
suzuki@web-planners.net

≫「SEO対策サポートニュース」バックナンバー一覧に戻る

PAGE TOP