HOME -> 「SEO対策サポートニュース」バックナンバー -> Yahoo!JAPANの異変と将来予測(5)

Yahoo!JAPANの異変と将来予測(5)

検索エンジン対策セミナー参加者様のための・・・
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
SEO対策サポートニュース 【第24号】2005年6月10日
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

発行:(社)全日本SEO協会
http://www.zennihon-seo.org
編集・執筆:鈴木将司

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
このニュースはこれまでに(社)全日本SEO協会主催の検索エンジン対策セ ミナー・商用ホームページ運営セミナーに参加頂いた方に無料サポートの一 環としてお送りさせて頂いております。
━ 目次 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

1、Yahoo!JAPANの異変と将来予測(5)
   - ヤフー検索結果画面からヤフー登録サイトが消える日 -

2、丸嘉の小畑さんついにフローリングで一位を獲得!!

3、社名変更と新事務所移転のお知らせ

4、セミナー参加者様からのご質問と回答(Q&A)

5、目標達成の体験談募集 

6、ご質問・ご意見の募集について


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

1、Yahoo!JAPANの異変と将来予測(5) ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
   - ヤフー検索結果画面からヤフー登録サイトが消える日 -


前回のサポートニュースで『次回ニュースでは重大な予測発表を致します。
皆さん全員に多大な影響を及ぼすことが起こると思わざるを得ない情報が集ま
ってきました。』と申し上げましたが、ハッキリとした証拠が集まりましたの

ここでヤフージャパンに関する重大な予想を発表させて頂きます。


それはヤフージャパンでこれまでキーワード検索をするとスポンサー広告の下
にいつもヤフー登録サイトが表示されてきましたが、当社の予測によりますと
今年の9月1日から10月1日の間に、ヤフー登録サイトの表示が取りやめられて、
いきなりヤフーページ検索結果、つまり、YSTの検索結果が表示されるように
なります。

これはここ1、2ヶ月の『Yahoo!JAPANページ検索SEO』セミナー
http://www.web-planners.net/webplanners_semi_yahoo.html
やOSMCの名古屋特別セミナー
http://www.gotta-ride.com/osmc/
でも予想として発表してきました。

このことはSEOコンサルタントしてリスクがあり、もしこの予想が外れたら皆
さんの信頼を裏切る結果になると思いますのでめったに口に出来ないことでも
あり、他社も発表は致しません。
しかし全てのノウハウを公開することを目指すSEO業界のガンでもある当社と
しては皆様に売り上げアップという成果を挙げていただくためにこのことを発
表せざるを得ません。

この変化がおきるとしたらものすごい変化が起きます。

これまでヤフー登録サイトであるという理由で上位表示されていたホームペー
ジがもう優先的に表示されなくなり、これまではヤフー登録サイトが表示され
る部分の下に甘んじていたホームページがいきなりスポンサーサイトの下に出
てくるのですから。

そもそも予測をすることが出来たきっかけはある調査会社(探偵会社様)の方
から頂いた情報でした。
その方の関連している企業のバナー広告がある特定のキーワードで検索すると、
これまでずっとキーワード検索結果画面に表示されてきましたが、ヤフージャ
パンさんから、突然、9月でもう表示できなくなりますという通告をもらった
とのことでした。

確認するとこの会社だけでなく、他の企業も同じ事を通達されていたというこ
とが発覚しました。

さらにネットビジネスに精通する私の友人であり信頼出来る有力な情報源によ
ると一部広告代理店さんにも10月から大幅にヤフーの何かが大きく変わると
いわれたという情報も入ってきました。

加えてちょうど3週間くらい前に当社の顧問先でフローリングで有名な丸嘉さ
ん:
http://www.maruyoshi21.com
の小畑社長からお電話を日中いただき、そこでヤフーがYSTに前面切り替えを
したというニュースを頂きました。

ただ不思議なことに、私が確認するとこれまでどおりの検索結果で、丸嘉さん
の事務所にある他のパソコンでみてもこれまでどおりの検索結果が表示される
という怪奇的な現象でした。

その日は不思議な気分に包まれていましたが、その後また他の方より同じ情報
をいただき、私が確認するとこれまでどおりの検索結果でした。

さらに翌週大阪の山本さんという方のパソコンで検索したら山本さんが、近く
にいた私にヤフーの画面が変になっていると教えていただき、見てみると本当
に丸嘉さんがおっしゃっていたYSTに前面切り替えをした検索結果、つまり新型
ヤフーになっておりました。

山本さんのご好意でキャプチャーしていただいた画面が:
http://www.web-planners.net/webplanners_semi_yahoo_04.html
にございますのでご覧下さい。

ご覧のように、アメリカ、オーストラリア、イギリスなどのヤフーと同じよう
にヤフー登録サイトの部分が表示されずに、ページ検索のYSTが表示されてい
ます。

山本さんのパソコンで私も実際、いろいろなキーワードで検索しましたが、や
はり山本さんのパソコンだけは新型ヤフーでまるでアメリカにいるようでした。

さらにダメ押しで、本日私が最も尊敬するネットショップオーナーの一人であ
る食肉販売で有名な田村さん:
http://www.gourmet-meat.com
が当社の事務所にお越しになり近況を教えていただいていると、「2、3週間
前に、何も自分はしていないのにアクセスが3倍くらいになった、、、。もし
かしたらそれはヤフージャパンが一部のユーザーさんで全面YSTを実験していた
のが理由ではないか、、、」とおっしゃっておりました。

YSTの表示になるということは、ヤフーにこれまでビジネスエクスプレスとい
う料金を支払ってヤフー登録サイトになってきた人たちに影響を与えると共に、
多くのホームページ運営者にとって莫大なチャンスをもたらします。

なぜなら昔のGoogle対策のように最新のSEO技術を駆使すれば、初心者でも、
誰でも努力さえすればするほど検索結果順位の上位を獲得することが出来るよ
うになるからです。

当社もこれに対応するため、皆様にこのチャンスを掴んでいただくため、そし
て、ピンチの方にはこのピンチを絶対に乗り切っていただくために緊急セミナ
ーとして
『Yahoo!JAPAN検索画面切り替え直前対策』セミナー- ヤフーの検索結果画
面変更で巨大なチャンスを掴むノウハウ - 
http://www.web-planners.net/webplanners_semi_yahoo_04.html
を東京、大阪、名古屋、福岡で開催させていただきます。

これまでこの日に備えて、過去1年間顧問先と一緒に準備をしてきました。

彼らのほとんどはすでに準備を完了しております。ほとんどの人たちがまだか、
と心待ちにしているはずです。

最新のYST上位表示ノウハウと最新のヤフーSEO対策の方策を全てお伝えいたし
ます。ぜひご参加下さい。

次回のSEO対策サポートニュースでは、ヤフー登録は今後意味がなくなるのか
について、そして海外のヤフーの最新動向もお伝えさせていただきます。

予告をさせていただきますと、ヤフー登録は 「これまで以上に」 重要にな
ります。

当社もいよいよ集中的にビジネスエクスプレスを利用して複数のサイトを有料
登録することに致しました。


2、丸嘉の小畑さんついにフローリングで一位を獲得!!

前回の大阪梅田のセミナー
http://www.web-planners.net/webplanners_semi_form_01osaka.html
の最中についに京都のフローリングの丸嘉さん
http://www.maruyoshi21.com
がフローリングで1位を獲得なさいました。

超多忙なお体にもかかわらず社員さん、関連している方と協力なさって達成な
さったことここよりお喜び申し上げます。

大変な中、情報発信をなさり成果をあげられたこと忘れません。


3、社名変更と新事務所移転のお知らせ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

おかげさまで、5月27日を持ちまして、社名を株式会社セミナーチャンネル
として登記してメディアネットジャパンはSEO対策セミナーと商用サイトのコ
ンサルティングに特化した事業部として、
社団法人 全日本SEO協会
として、事務所も新たにすることになりました。

全てはセミナーに参加していただいた皆様、顧問先の皆様のご支援の賜物です。
心より感謝申し上げます。

社名をセミナーチャンネルとした理由はSEO対策だけでなく、様々なセミナー
やセミナーDVDを適正価格でより多くの皆様に提供させていただくため価格破
壊を断行してこの日本全国に広めるためでもあります。

また、当社の勝手なSEO的な理由としては「セミナー」というキーワードで全
ての検索エンジンで1位を永久にとるためでもあります。
早速セミナーというキーワードでヤフーで検索するとページ検索結果であるYS
Tでも3位になってきました。

ただ、一方的に皆様に発破をかけるだけでなく、こちらも努力をいたしますの
で、皆様どうか、ご自分のポテンシャルを信じてお望みのキーワードで1位を
お取りください。


4、セミナー参加者様からのご質問と回答(Q&A)━━━━━━━━━━━━━━━━━

読者の皆様のためにもたくさんのご質問お寄せ頂き、本当に有難うございます。

Q>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

お世話になります。
鳥取県の今本ですが、覚えておられるでしょうか?
二度程セミナーに参加させて頂き参考にさせていただきました。

ところで、YAHOOの件でお尋ねですが
ダイジェスト検索は一度申請して順位が決まると入れ替わる事は無いのでしょ
うか?
(YSTではありません)
少し前は週に一回更新が掛かっていましたが・・・
多分YAHOOが大手検索エンジンの買収をしてアルゴニズムの変更もしていると
思いますが、更新頻度の変更もしているのでしょうか?
順位の変更がありえないと非常に不公平でサイトを育てる意欲がわきません。

ぶしつけな、質問で申し訳ございませんが、いろいろ調べますが分りません。
ご存知あればアドバイスをお願いいたします。
(今本様)

A>>>
回答が遅くなり申し訳ありません。

ダイジェスト検索は頻度は多くありませんが、年に数回変わります。

しかも、それはヤフー独特のアルゴリズムにのっとっております。
とてつもないシステムです。

一言で言えば、より多くクリックされているサイトがより順位が上がっていき
ます。

ですので、有名ブランド、有名企業、人気サイト、古いサイトなどが有利にな
っております。

当然これは当社が多くの人たちの協力によって得た仮説であり、ヤフー社は世
界においても一切このことだけには触れておりません。
このことを当のヤフー社がいってしまうと大変な混乱になると思います。

詳細は:
『ヤフー活用法・徹底解析』セミナー
http://www.web-planners.net/webplanners_semi_yahoo_03.html
に詳しく事例に基づいて説明させていただいております。


Q>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

先日のYhoセミナー「入門&応用編」に参加しました西村です。当セミナーで
は基本的な事柄から学ぶことができました。当社のHP戦略は始ったばかりで、
まずはそのための見識を得ること出来、着地点がおおよそ定まった、といった
ところです。(三菱樹脂方式を検討してます)

さて、質問なんですが;
当社HPは既にカテゴリ登録されておりますが、現在、「地域情報→東京都中央
区」に分類されております。これを「全国区」並びに「地域情報→大阪府」に
区分を変更するために先日ヤフースタンダード(無料)へ申し出ました。
現在のところまだ何ら変更されておりません。
 このようなカテゴリーの変更もビジネスエクスプレス(有料)からでないと
だめなんでしょうか?
 経緯を説明しますと、以前(約5年前)当社HPを大阪本社と東京支店が別々に
製作し、東京支店分のみヤフーへ登録しました。(当時は有料登録であったか
は不明)その際に地域情報に入れられました。その後、昨年HPを一本化しリニューアルしましたが、ヤフーに登録
されている東京支店分を活用して形をとりました。
 前回のセミナーを聞きまして、まずは全国区への登録に変更したい。仮に不
可能ならばせめて地域情報→大阪としたいのです。無料変更ですのであと数日
間待っておいたほうが宜しいでしょうか?(西村様)

A>>>

カテゴリーの変更はビジネスエクスプレス利用者さんだけの特別フォームでも
できますし、無料、つまり:
http://add.yahoo.co.jp/bin/change
からでもできます。
しかし、簡単ではありません。ヤフーからみて正当性がないとだめです。

私が察する限り全国区は全国を対象とした「ホームページ」であり、リアルな
商売がほとんどない通販に特化したようなサイトでないと今日では登録される
ことはほとんどありません。

最も確立が高く成功しやすいのが、

東京のホームページ、大阪のホームページを別々にして、今回登録したいと思
われている「地域情報→大阪府」のカテゴリーから大阪のホームページをビジ
ネスエクスプレスで登録なさったほうが良いです。

そうすれば結果的に2つのカテゴリーに確実に載ります。

ぜひ無料お試しコンサルティングをご利用下さい。
そこで詳しく、説明させていただきます。会場や日程は:
http://www.web-planners.net/webplanners_consulting_01.html
にございますのでご参照下さい。


Q>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

鈴木先生こんばんわ、2月にセミナーを受講した者です。クレジットカードの
アフィリエイトBlogを運営してる者ですが覚えていただいてますでしょうか?
 その後、GoogleへのSEO対策が奏効しこのサイトだけで100万円を稼ぐように
なってしまいました。現在、情報提供サイトを作成しています。

そこで質問ですが、先日のSEO対策ニュースにあったYahooディレクトリ登録の
営利サイトALL有料化の件ですが、まずは完全非営利で無料登録して掲載後に
営利サイトへ誘導する方法を取ることも許されなくなったのでしょうか? 
つまり、それが見つかると登録自体を抹消されてしまうような事態になると
いったものなのでしょうか?
(匿名希望)

A>>>

完全非営利で無料登録して掲載後に営利サイトへ誘導する方法は全く問題あり
ません。

ぜひやってください。

これをやらないとヤフー登録をしようという人たちが激減して、ヤフーが現在
のこだわりのガンコおやじのようなものすごい厳しい厳選お役立ちリンク集か
ら、三流のリンク集に墜落することすら考えられますので現在ありえないこと
です。

こうしている間にも、ヤフーには最近一日400個以上のサイトが新規登録さ
れています。多い日には600個を超えています。

私はあなたを当然覚えています。才覚と努力のスーパーアフィリエーターさん
ですので。

1個だけといわずに、複数無料登録するよう祈っております。

Q>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

ご無沙汰しております。お世話になります。
先日、同業他社のHP上にかなりの数の検索キーワードを羅列しフォントを極
めて小さく設定して掲載しているものを発見しました。その後Google等
でキーワード検索してみますと、そのHPはかなり上位に表示されているよう
でした。効果はあるものでしょうか。
スパム行為のように見受けられますが・・・。
参考にそのHPのURLをお知らせします。
http://www.■■■■■■■■■■■■■■■/
トップページの下部ENTERの下でブルーの帯状に表示される部分です。
宜しくお願いいたします。
(匿名希望)

A>>>

ご質問ありがとうございます。

最低のホームページです。
こうしたインチキ行為であるスパムをしているサイトの存在からして忘れてく
ださい。

今後のロボット検索エンジンはどんどん賢くなってきます。
こうしたスパムはもとよりテクニックに走って内容の無いサイトをどんどん排
除してゆく傾向にあります。

非常に勉強熱心である貴社はそうしたことは今後関知せずに、SEOの王道であ
る無償での情報提供に邁進なさってください。
貴重な情報を頂き、有難うございました。

そのほかたくさんのご質問いただいているにもかからず未だ回答できずにおり
申し訳ありません。
今後はサポートニュースの配信頻度を高めてより早く回答させていただきます
ので何卒よろしくお願い申し上げます。


5、目標達成の体験談募集   ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

このサポートニュースではセミナー終了後目標を達成なさった方の体験談を常
時募集しております。
ぜひ、お寄せ下さい。どんな形態、文字数でも結構ですので、読者の皆さんと
私の励みになりますのでぜひ:
suzuki@web-planners.net
までお寄せ下さい。

このサポートニュースだけでなく、当社ホームページからご紹介、リンクもさ
せて下さい。


6、ご質問・ご意見の募集について ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

セミナー参加者様よりのご質問・ご意見をお待ちしております。売り上げアッ
プのためのこと、GoogleのことでもYahoo!JAPANその他検索エンジンのことで
もご質問お寄せ下さい。
このサポートニュースの主役はあなた自身です。
皆さんのご質問・ご意見は皆さんご自身だけではなく、他の方たちのプラスに
なることですのでその方たちのためにもどうかお寄せ下さい。
ご質問フォームをご用意いたしましたので詳細は:
http://www.web-planners.net/webplanners_question.html
をご覧下さい。ご質問お待ちしております。
――――――――――――――――――――――――――――
――――――――――――――――――――――――――――
発行:(社)全日本SEO協会
http://www.zennihon-seo.org
各地最新セミナー詳細


連絡先:東京都港区西新橋1丁目11-1 丸万1号館7階
電話: 03-3519-5315 FAX: 03-3519-5316
suzuki@web-planners.net
――――――――――――――――――――――――――――
――――――――――――――――――――――――――――
※本メールは(社)全日本SEO協会主催の検索エンジン対策セミナー・
商用ホームページ運営セミナーに参加頂いた方に効果保証の無料サポートの一
環としてお送りさせて頂いております。
※今後サポートニュースのメール受信解除をご希望の場合、解除させていただ
きますのでお手数ですが本メールをそのまま送り返して下さい。
suzuki@web-planners.net

≫「SEO対策サポートニュース」バックナンバー一覧に戻る

PAGE TOP