HOME -> SEO用語解説 > ビッグキーワードとスモールキーワードの違い

SEO用語解説 - ひ

ビッグキーワードとスモールキーワードの違い

上位表示が難しく、競争率が激しいキーワードをビッグキーワードといいます。
Yahoo!検索で検索をすると、数百万から数千万、数億もの検索結果が現れるものが、ビッグキーワードと呼ばれるキーワードです。
たとえば、「ラーメン」「英語」「英会話」「セミナー」のようなキーワードがビッグキーワードになります。
あなたが「ビッグキーワード」で検索の上位表示を目指すならば、すぐに実現できないことを覚悟しなければいけません。
ビッグキーワードで上位表示を目指す場合、焦らないことが大切です。
6ヶ月や1年のような、長いスパンで実現させることを目標にして欲しいと思います。
スモールキーワードは、Yahoo!検索などで検索をかけた場合、検索該当ページ数の少ない、ビッグキーワードほど競争率が高くないキーワードです。
「チーズケーキ 販売」のように複数の単語をスペースで区切ったものや、複数の単語から成り立つ語句がスモールキーワードです。
スモールキーワードで上位表示を目指す場合、短い期間で上位表示を実現することを目指して欲しいと思います。
いくつものキーワードで上位表示を実現することを目標にしてください。
目標を達成するためには、あなたの見込み客が実際に入力しそうなキーワードを予測することがポイントになります。

PAGE TOP