HOME -> SEO用語解説 > 販売代理店制度のメリットとデメリット

SEO用語解説 - は

販売代理店制度のメリットとデメリット

販売代理店制度には、メリットもあればデメリットもあります。
全国で商品やサービスの販売をしたいが販売代理店制度の利用を迷っているという方は、まずはメリットとデメリットを比べることからはじめてみてはどうでしょうか。
販売代理店制度の一番のメリットは、商品を作る権利や売る権利、商品を作ることや売るために必要なトレーニングサービスを高額で販売出来ることでしょう。
競合が少ないことが考えられるため、価格競争になる可能性が低く、高い利益を得ることが出来ます。
販売代理店制度は利率の面では、最高の商品と言えます。
商品を売るためのシステムや、権利やノウハウを売るためにユーザーが高額な料金を払う理由は、大きな利益を生むための投資になるからです。
少ない人材と資本でも行えるビジネスのため、中小企業でも提供できるという点もメリットになるでしょう。
デメリットとして考えられることは、契約を解約され、離反される恐れがあることです。
これは、独自商品を開発されることや、強力なライバルを生み出すことに繋がりますから、デメリットになります。
システム提供者側が改善や努力を続け、離脱や離反を起こさせないようにしなければならないでしょう。

PAGE TOP