HOME -> SEO用語解説 > 広告を配置する際の良い配置・悪い配置

SEO用語解説 - こ

広告を配置する際の良い配置・悪い配置

広告をページ内に掲載する場合、配置する場所を考慮しましょう。ページの本文を読む際に目障りな配置だと、閲覧の妨げになります。これは、Webサイトの信頼度を低下させてしまう深刻な問題に成りえます。うまく配置すれば、広告効果を向上させることもかのうです。

(良い配置)
閲覧者はコンテンツを読み終わった後に広告をクリックします。これは、コンテンツが読み終わるまでは閲覧者はコンテンツを読むことが第一目的があるためです。しかし、コンテンツを読み終わった直後であれば、他のページに移動しようとするので、ここで広告がクリックされる可能性も高まります。よって広告を掲載する場所は、コンテンツの後ろに掲載しましょう。

(悪い配置)
広告を前面に掲載してコンテンツが2の次になっている構成では、閲覧者は広告をクリックしたいと思わないでしょう。各ページの先頭に広告が存在すると、広告ばかりが目につき、印象が悪くなります。また、本文の真ん中に広告を配置するのも同じく避けましょう。

PAGE TOP