HOME -> SEO用語解説 > 「大見出し」「中見出し」「小見出し」(2)

SEO用語解説 - お

「大見出し」「中見出し」「小見出し」(2)

YST(Yahoo! Search Technology)対策上、ページ内やサイト全体にキーワードが多ければそれだけ上位表示しやすくなりますが、むやみやたらにキーワードを入れてもユーザーにとって見にくいページになり、本来の目的であるメッセージを伝えるという重要な目的を失うことになります。そのような制限の中にあっても、キーワードを効率的に散りばめる方法として、

「大見出し」「中見出し」「小見出し」

にキーワードを散りばめるという手法が有効だということが判明してきました。一般的に文書は、一番上に大見出しがあり、その下の2つ目の階層として中見出し、そして3つ目の階層として小見出しから構成されます。このような階層構造が、欧米諸国で使用されている英文の文書構造です。

インターネットは、アメリカ合衆国で生まれ世界中に普及しました。そのアメリカ合衆国で生まれたGoogleグーグルやYST(Yahoo! Search Technology)などの検索エンジンは、アメリカ合衆国での英文の文書構造に基づいてサイトのページ解析をしています。ゆえにYST(Yahoo! Search Technology)にしっかりと、ページの大意について理解してもらうためには、この3層構造に基づいてページを作る必要があります。必ず「大見出し」に目標キーワードを入れるのはもちろん、「中見出し」「小見出し」にも何種類かの重要なキーワードを含めるように徹底してください。

YST(Yahoo! Search Technology)では未確認ですが、GoogleグーグルSEO(Search Engine Optimization : 検索エンジン最適化)対策上、そして将来のYST(Yahoo! Search Technology)SEO対策上も、見出しにキーワードを入れると有利に慟きます。Googleグーグルなどのロボット検索エンジンは、「見出しに含まれた単語は重要なのだ」と判断してくれていますので、必ず見出しを効果的に用いてキーワードを散りばめるようにしてください。

PAGE TOP