HOME -> 「SEO対策サポートニュース」バックナンバー -> ヤフージャパンのトップページの異変

ヤフージャパンのトップページの異変

検索エンジン対策セミナー参加者様のための・・・
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
SEO対策サポートニュース 2010年3月7日号
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

発行:社団法人 全日本SEO協会 (旧 セミナーチャンネル)
http://www.web-planners.net
編集・執筆:鈴木将司

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
このニュースはこれまでに社団法人 全日本SEO協会/セミナーチャンネル主催の 検索エンジン対策セミナー・商用ホームページ運営セミナーに参加頂いた方、 著書、DVDをご購入頂いた方に無料サポートの一環としてお送りさせて頂いて おります。
━ 目次 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

1、ヤフージャパンのトップページの異変
- ヤフーモバイルはどこに行くのか? -


2、最速でSEOに成功するためのノウハウが公開される
- 検証結果に基づいた実証的SEOのガイドブック -


3、『反応率が平均4.7倍! ホームページ企画・演出術』セミナー
- 20社の事例で学ぶ! 小さな会社が5億受注した企画・演出テクニック -


4、セミナー参加者様からのご質問と回答(Q&A)


5、ご質問・ご意見の募集について

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
1、ヤフージャパンのトップページの異変
- ヤフーモバイルはどこに行くのか? -

数週間前に気がついたことですが、ヤフージャパンのトップページのヘッダーには
いくつかのアイコンがありますがその一つが消えていることに気がつきました。

それは右上にあった「ケータイ」というアイコンが無くなり、その代わりに
「ショッピング」というアイコンが掲載されるようになりました。

セミナー中気がついたことですがみなさんはご存じでしたでしょうか?

何故「ケータイ」というアイコンが無くなり、かわりに「ショッピング」が表示さ
れるようになったのか?

いくつか理由はあると思います。

1つは「ヤフーショッピング」は週間東洋経済で数カ月目に掲載されていた統計など
を見る限りその総売上は鈍化して横ばいになってきています。

スタート時は楽天市場を抜くのではないかという勢いでしたが、出店企業は増えて
も退店する企業も増えています。

そこでもしかしたら思うように伸びないヤフーショッピングの流通総額を上げるた
めの手段としてそうしたのかもしれません。

それはわかるとしても他にもいくつものアイコンがあるのに何故「ケータイ」とい
うアイコンが無くなったのかが問題です。

考えられる理由は「ケータイ」というアイコンをクリックすると表示されていたリ
ンク先であるヤフーモバイルの重要性が徐々にダウンしてしてきたのではないかと
いうことです。

5年以上にわたってPC版のヤフージャパンのトップページからリンクされてきたもの
が削除されたというのは大きな事を意味するのではないでしょうか?

確かにPC版のヤフージャパントップページからヤフーモバイルへのリンクを削除し
ても、携帯電話では今でも見ることが出来ますしたくさんの人たちがヤフーモバイ
ルにあるニュースを読んだりキーワード検索などたくさんのサービスはこうして
いる時にもつかわれているはずです。

しかし、最近iPhoneを使っているひとたちが増えてきており彼らが自慢する事の一
つに「普通のPC版のサイトが簡単にiPhoneでもみれるし、ページは二本の指でタッチ
すれば拡大されるので何も不都合は無い」ということです。iPhoneを未だ買ってい
ない私は「自慢か・・」と思っているとその後に「モバイルサイトは無くなるんじ
ゃないですかね。だってこんなに小さく薄い機器でPCサイトが不自由なく見れるん
ですから」という方が何人もいることを思い出します。

そこでもう一つの事を思い出します。それはヤフージャパンの筆頭株主はiPhoneを国
内で独占的に販売するソフトバンクだということです。

もしかしたらソフトバンクはもうヤフーモバイルの将来性に見切りをつけているのか
も知れません。

だとしたら私たちはどうすれば良いのでしょうか?

ヤフーモバイルで見るためのモバイルサイトを作らなくて良いのでしょうか?

そのように思っている方に伝えたいのは「もしそうなるとしても、その日がいつ来る
かもわからないし、その日までのビジネスチャンスを捨てて良いのか?」ということです。

私ならその答えはNOです。つまり今こそモバイルサイトをしっかりとつくりSEO対策を
徹底することです。

私たちは無責任な評論家ではありません。日々の売上をPCだろうが、携帯だろうが、
iPhoneだろうがネットを通じて作っていかなければならないのです。

モバイルサイトを作っていない方、SEO対策をしていないかたは急いで始めて下さい。

そして競合が油断するなか、携帯電話でネットサーフィンをする信じられないくらい大勢
の人々にあなたの商品の良さを知ってもらって買ってもらって下さい!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
2、最速でSEOに成功するためのノウハウが公開される
- 検証結果に基づいた実証的SEOのガイドブック -

とても嬉しいことが実現しました。
それは私のセミナーを5年くらい前に受講してたくさんの成果をあげてくれた元受講者の
方がSEO対策の最新テクニックの本を書き下ろしたことです。

この本はただのSEO本ではありません。どこがこれまでと違うのかというとそこに書いて
いることは著者であるジャパンフレッシュ代表 芳川充さんが長年蓄積してきた緻密なデ
ータを解析して実証した上位表示の法則なのです。

思い込みや都市伝説、うわさを信じて書いたものではなく、事実に基づいたテクニックです。

氏のサイトは何度もヤフーから消されています。岩盤浴で上位表示されたと喜んだのも束
の間、すぐに消されてしまいそれきっり何カ月もそれが続いたことがあったのを覚えてい
ます。

さらにはヤフーカテゴリからも予告なしにあっさりと削除されたということもありました。

しかし芳川さんはめげるどころか、いつも明るい笑顔でSEO対策に励みました。そして安定
的に今日でも岩盤浴で1ページ目に表示されています。

そのヤフーによるSEO対策「対策」にめげずにさらにSEO対策対策「対策」をしてあらゆるハ
ンディを克服してそれをたくさんのクライアント企業の上位表示にも応用し、上位表示を達
成するという強かさに脱帽します。

この本のテーマはそうしたデータに基づいた法則だけでなく、スピードにあります。

その本のタイトルはズバリ「最速SEO」です。

すごいタイトルです。氏曰く「最速で消されても最速で上位表示が出来る」というのです。

普通のSEO対策の本には書いていないとっておきの技やお役立ち情報も満載です。

今日、3月7日(日)から2日間だけアマゾンキャンペーンを行うと聞きました。

「最速SEO」アマゾンキャンペーン
http://www.jfbb.info/

です。この特設サイトから購入していただくと、5つの特典がつきますので非常に得です。
SEO対策サポートニュースの読者のみなさんにおすすめします。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
3、『反応率が平均4.7倍! ホームページ企画・演出術』セミナー
- 20社の事例で学ぶ! 小さな会社が5億受注した企画・演出テクニック -

これまで色々な講師の方に全日本SEO協会のセミナーにお招きして講師をしていただきました
が、すごい実績をお持ちの方に4月より東京、大阪で1回づつ特別に講演をしていただくこと
になりました。

その方は12年以上のホームページ制作の実績をお持ちの株式会社アームズ・エディション

代表取締役 菅谷信一さんです。
全日本SEO協会の公認アソシエートコンサルタントでもあります。
http://www.zennihon-seo.org/associate/sugatani.html

制作実績は、ノーベル賞を輩出する国の研究機関、一部上場企業から個人商店、 農家まで
多岐に及ぶ本物の方です。

12年間320件の数もすごいですが、質がすごいです。

特に近年はホームページは作っただけでは売上をあげることが困難になってきましたが氏の
毒の手法である反応率が平均4.7倍にまで高まるホームページ企画・演出術はたくさんの同業
も唸るほどのレベルです。これまで無数の講演をされてきましたが、今回、東京と大阪で
最新のセミナー:

『反応率が平均4.7倍! ホームページ企画・演出術』セミナー
- 20社の事例で学ぶ! 小さな会社が5億受注した企画・演出テクニック -
http://www.web-planners.net/webplanners_semi_hannouritu.html

を講演していただけることなりました。

●検索上位に表示されているが問い合わせ・注文が少ないと悩んでいるサイトオーナー様やウ
ェブ担当者様、営業担当者様
●ホームページのコンテンツ企画のヒントが欲しいサイトオーナー様
●反応率向上に取り組むホームページ制作会社様
●SEO業者様
●LPO業者様
●ウェブコンサル業者様

で自社の、クライアント企業の売上アップを確実に達成したいというかたはぜひ受講なさって
ください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
4、セミナー参加者様からのご質問と回答(Q&A)


Q>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

先日は素晴らしいセミナーを開催していただきありがとうございました。

素人ながら大変勉強なり早速ホームページの見直しを行っております。

実はセミナーに参加しているときから今日まで一つの悩みを抱えております。

当社のホームページは昨年9月末に作成したのですが、グーグルでは一ヶ月後には20位以内
に表示されたのにヤフーでは今日現在まったく表示されません。

あと気になった点としては下記の点があります。
・サイトエクスプローラのインデックス状況をみると、一番上に表示されていないといけない
のに7番目に表示されている。
・サイトエクスプローラのクロール状況をみると、TOPページだけ11月14日以降クロー
ルされていない。
・TOPページのアドレスを検索窓に入力すると、クロール日時が1月1日になっている(サ
イトエクスプローラは11月のままです)

このような状況はTDPあるいはエイジングフィルタのかかった状況なのでしょうか?

またこのような場合インデックスの更新が来たら直るものでしょうか?
(匿名希望)

A>>>

詳しく教えていただきありがとうございます。
ただ、サイトエクスプローラーで何をしても、何も改善はできません。

ご自分のサイトそのものを見つめてください。

次のことを確認してください。これは最近のヤフー完全攻略セミナーでいっていることでもあ
ります:

1、SUBページに本命の第一目標キーワードが4%以上書かれていないか?書かれていたらそれらを
2%以上4%未満に落とす

2、類似サイトが無いか?あったらそれらを閉鎖するか、完全に違った商材のサイトに変更して
ください。

3、SUBページの4大エリア(タイトルタグ、メタネームキーワーズ、メタネームディスクリプショ
ン、一行目)に本命の第一目標キーワードが2回かそれ以上書いていないか。その場合最大1回に
なるように削減してください。

以上ですが、ツールは何も助けてくれません。特に検索エンジン会社がSEO対策の助けはしませ
ん。頼れるのは自分だけです。

どうか上記3つをあきらめないで実践してください。

Q>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

セミナーではいつもお世話になっています。
12/27のSEO対策サポートニュースに、
「読者の皆さんの中で何をどうやっても検索順位が30-40位くらいで固定してし
まった、あるいは検索結果に出てこなくなったという方はこの点を確認して、
本命サイトとテーマが似ている類似サイトを全て閉鎖するか、それはもったい
ないので、完全に異なったキーワードでの上位表示を目指すように内容を全て
書き換えて下さい。」とありましたが、
私は本命サイトと同じキーワードで上位表示を狙っている無料ブログを持っています。
無料ブログの場合でも完全に異なったキーワードに変更した方がよろしいのでしょうか。
本命サイトは元々ヤフーからペナルティを受けているようですので、別の理由が考えられると思
っていますが・・・。よろしくお願いいたします。
(匿名希望)

A>>>

ご質問有難うございます。無料ブログとはいえ、テーマが同じでかつその無料ブログに対して被
リンクを一所懸命増やすなどSEO対策をたくさんしたばあい、本命サイトとテーマが同じだと共
食いを起こして両方とも順位がヤフーでさがることが実際にあります。

ですので、無料ブログのタイトルから目標キーワードを削除して他の少しだけ関連性のある別の
言葉に変更してください。

そして無料ブログのSEO対策をもしがんばっているのでしたら、無料ブログはあくまでも本命サイ
トの検索順位をアップするための後方支援用の武器でしかありませんので、本命サイトの被リン
ク対策をさらに徹底したり、本命サイトに少しでも多くのページをあせらずにしかし着実に増や
していって下さい。


Q>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

「ブログからのリンクが有効」ということですが、「特定のサイトにリンクを貼る事を目的とする
ブログ」は削除されることがあります。削除されないためには、目立たない方が良いと思い、ブログを「非公開」に設定したいと考えていますが、その場合、検索エンジンにはリンク元として認識
されないのですか?
(長嶋努様)
http://www.seiritsusenmon.jp

A>>>

はい。そうなります。非公開にすれば誰も、ロボットも見ることはできませんのでSEO対策上は役
に立ちません。

対策としては他人のサイトや趣味、尊敬する人たちのサイトや好きなサイトにもリンクをはること
です。できればその無料ブログ読者に見てほしい他人のサイトを紹介する目的でリンクをはることです。

以上ですがどうか慎重におやりになってSEO対策に成功してください。


5、ご質問・ご意見の募集について ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

セミナー参加者様よりのご質問・ご意見をお待ちしております。売り上げアッ
プのためのこと、GoogleのことでもYahoo!JAPANその他検索エンジンのことで
もご質問お寄せ下さい。
このサポートニュースの主役はあなた自身です。
皆さんのご質問・ご意見は皆さんご自身だけではなく、他の方たちのプラスに
なることですのでその方たちのためにもどうかお寄せ下さい。
ご質問フォームをご用意いたしましたので詳細は:
http://www.web-planners.net/webplanners_question.html
をご覧下さい。ご質問お待ちしております。
――――――――――――――――――――――――――――
発行:社団法人 全日本SEO協会 (旧 セミナーチャンネル)
http://www.web-planners.net
各地最新セミナー詳細
http://www.web-planners.net/webplanners_semi_top.html

連絡先:
東京本部: 東京都港区西新橋1丁目11-1 丸万1号館7階
電話: 03-3519-5315 FAX: 03-3519-5316
大阪本部: 大阪府大阪市北区梅田1-1-3 大阪駅前第三ビル15階 1号
電話: 06-6155-8123 FAX: 06-6155-8323
suzuki@web-planners.net
――――――――――――――――――――――――――――
※本メールは社団法人 全日本SEO協会 (旧 セミナーチャンネル)主催の検索エ
ンジン対策セミナー・商用ホームページ運営セミナーに参加頂いた方に効果保
証の無料サポートの一環としてお送りさせて頂いております。
※今後サポートニュースのメール受信解除をご希望の場合、解除させていただ
きますのでお手数ですが本メールをそのまま送り返して下さい。
suzuki@web-planners.net

≫「SEO対策サポートニュース」バックナンバー一覧に戻る

PAGE TOP