HOME -> SEO用語解説 > Webライティングのコツ

SEO用語解説 - う

このエントリーをはてなブックマークに追加

Webライティングのコツ

相手主体のセールスライティングとは?

売れていないサイトにありがちなものがあります。
このありがちなものとは、どのようなものなのでしょうか。
売れていないサイトというのは、自分の観点で一方的に商品説明をしていることが多いという傾向があります。
そして、文章に面白みがないなど、人の心を掴むことが出来ないサイトです。
自分の観点で一方的に商品説明をしているというのは、商品説明が機能一覧、仕様一覧ページのようになっているものです。
このような機能説明のページは、寒々としており、見込み客の心を動かすことが出来ません。
技術系企業サイトだったり、技術力や商品力に過度な自信を持っているサイトがこのような商品説明をしてしまいがちです。
技術を熟知しているため、客観的に商品説明を書くことが出来ないのです。
一般ユーザーの感覚でセールス文章を書くことが出来ないことが多く、寒々とした商品説明ページを作ってしまいます。
商品説明には、一般ユーザーの感覚を持ったセールス文章を書くことが求められているのです。
さらにサイトには、相手主体のセールスライティングが必要です。
売れるサイトにするためには、見込み客に商品やサービスを購入してもらうことが出来るような文章を書かなければいけません。

このエントリーをはてなブックマークに追加
PAGE TOP