HOME -> SEO用語解説 > し

SEO用語解説

このエントリーをはてなブックマークに追加

自信をアピールして信頼を得る

上位表示達成と売上の関係

主導権は買い手にある

上位表示されることの意味

集客地獄から解放されるには

状況を改善する6ステップ

時代の変化とYahoo!カテゴリ

失敗する会社の特徴

商品の使い方や活用情報を配信する

承諾メールを送る

支払い方法や配送方法で差別化する

商品の特典を考える

死筋商品の排除とは

実名と写真入りを目指す

商品詳細に利用者の声を掲載する

自分の「想い」のページを追加する

商品仕様のページを作りQ&Aを充実させる

消費者の立場でメリットを解説する

商品のサブタイトルで差別化を図る

商品は名前が命

写真に対する甘えは捨てる

商品の良さを伝える写真を掲載する

資本力のある企業に対抗する

J LISTING広告依頼方法

Jアドリスティングとは

集客出来るメルマガの条件

集客戦略の目的

情報を出し惜しみをしないメリット

情報を出し惜しみをしない

集客出来るコンテンツを作る時の注意点

集客出来るコンテンツの種類別の注意点

商品の比較研究サイトを作る

商品の使い方と専門ポータルサイト

初心者に向けたガイドブックと地域情報

集客出来るコンテンツのタイプとは

集客のためのオーソリティとアイデンティティー

集客出来るコンテンツ

失敗のステップ

集客の前提条件

情報がないと人が来ない

実業をアピールする

ショールームを改善する

ショールームを用意出来ない場合

資料を請求してもらう

指名検索とは

新機能が追加された場合の対処方法

新機能が検索結果に反映される時期

試行錯誤型SEO対策とメーカー情報型SEO対策

商品ファミリーとは

新規顧客獲得よりもリピーターを重視する

新規ユーザーの数には限りがある

資料をプレゼントにする

資料をPDFで配布する

資料請求の成約率が伸びない原因

事例を紹介する

商品に触れることが出来るショールームの設置

自社の特徴を書くことで差別化を図る

重要なキーワードを強調する

紹介文はユーザーを主語にする

自分のサイトの環境を把握する

情報提供と最良のSEO対策

情報を出せるだけ出す

資格や受賞実績、マスコミ掲載実績の表示

証言情報をユーザーは求めている

証言情報とは

商品やメニューを整理する

勝負ページはコミュニケーションの場

勝負ページに足りないもの

商品の魅力を伝える

商品の使い方を見せる

真実のデータとデータの表現方法

商品やサービスをPRする

取材されやすいプレスリリース

社会的貢献をアピールする

社会的責任を伝える

商品購入に対する不安や恐れ

実績を数字で示す

信頼性の掲載箇所

写真でアピールする方法

写真は思い入れが伝わる

商品提供者の姿を見せる

商品やサービスを売る5つのステップ

自信は恥ずかしがらずに表現する

自信をサイト全体に散りばめる

信頼性

支払いスタイルは多様化している

支払い方法

商品購入のリスク

柔軟性をアピール

柔軟な対応

初期費用を抑え継続させる

初期費用をゼロに近づける

商品の送料

時間軸の設定とスピード感掲載箇所

時間を形にする

勝負ページを無駄にしないために

勝負ページのメリットがわからない

将来に向けての種とは

勝負ページの量産

勝負ページを改善する

勝負ページの結果

勝負ページの場所決め

勝負ページを作る前に

勝負ページの鉄則

失敗する商材選び

商材選定の基準

勝負ページ

商品やサービスが売れない原因は何か

商品が売れない理由はどこにあるか

自動リンク集や自動登録型検索エンジンでPageRankを上げる

自動リンク集への登録

商品一覧

商品詳細のページを追加する

商品紹介ページ作りのポイント

販売業でインパクトのある商品名

サービス業でインパクトのある商品名

商品名にインパクトはあるか

商品を購入するリスク

起業ジャンルと商材がネットに適しているか見直す

起業ジャンルと商材を見直す

使い方がよくわからないを解消する

商品の使い方について考える

商品の使い方と売れない原因

素人っぽさを感じる文章

素人っぽさを感じるサイト

商品、サービス説明のコンプライアンス

商品やサービスの素晴らしさを語ることは有効か

商品やサービス詳細のスピード

わかりやすい商品やサービスの説明

商品やサービスへの不安

事業内容を明らかにする

売り手の自信が感じられないサイト

信頼感をさらに増す方法

プロフィールや写真の掲載に問題がある場合

信頼を得るプロフィールの書き方

信頼感に繋がるプロフィール

売り手が信頼出来るか

情報営業成功例

情報営業で成功する

情報営業

情報起業

商品、サービス、テーマごとにサイトを作るメリット

商品、サービス、テーマごとにサイトを作る

価格と取引条件の明瞭性

商品・サービスの明瞭性

商品・サービスが明確ではないサイト

大手通販会社が販売しているような商材

ネットビジネスを行う際に必要な商材

オフィスで必要とされる商材

コンピュータ、ネット関連の商材

詳しい情報が購入前に必要な商材

近所では買えない趣味のグッズ

リピートが起きやすい商材

リピートが起きる商材

粗利の取れる商材

ネットに適した商材

商材に将来性がない場合

商材の将来性

信頼される起業ジャンル選定

資格がなくても信頼される方法

資格を活かす

上位表示にはリンクが必須

上位表示に必要な情報量

上位表示を狙うには

上位表示

情熱的に商材を語ることが出来るか

C言語

新聞広告

新聞折り込みチラシ

自動登録型検索エンジン

自動リンク集

集客効果

出店ノウハウ

詳細情報

商品検索

CGI

JPG

GIF

CAP

多数の人に利用されているCGMの代表的なサービス(1)

ユーザー、見込み客が情報を発信するCGM(Consumer Generated Media 消費者制作メディア)

多数の人に利用されているCGMの代表的なサービス(2)

多数の人に利用されているCGMの代表的なサービス(3)

多数の人に利用されているCGMの代表的なサービス(4)

CGMからより多くのユーザーにアクセスされる方法

新着情報・更新履歴はリピータが真先に求めるもの

新着情報はトップページにも記載せよ

CSS validation Serviceの文法チェック

信頼されて初めてアクションを起こしていただける

情報が存在していることをランディングページ提示する

JavaScriptで生成しない方がよいもの

上限入札価格を上げて上位を狙う

自社広告の前後をチェックする

資料請求の際の工夫

商品が売れない理由を思考せよ

商品が売れ出したら、次のステップを目指す

時代の流れと共に変化していけるサイトが生き残っていく

問題無ければ商品の価値無し

商品の使用方法を掲載する

様々な対象を想定した商品セットのバリエーションを用意する

商品の価値を出すために比較対象を設置する

重要項目は常にユーザーの目に映る場所に存在させる

消費者へのサポート、保証

自身の利益は後、まずは相手の心を満たせ

商品のメリットを紹介するだけでは駄目!顧客の心を惹きつけるキャッチフレーズ

商品の良さを120%引き出す写真を掲載せよ

商品ページのページトップで勝負する

商品のセット販売を活用して利益を増やす

目指すべきジャンルのN0.1に位置するサイトを参考に、総合トップページを思考する

事務所や店舗がない場合はメーカーのエ場の写真をメーカーから貰って、掲載しよう

市場環境の把握

自身でサイトに掲載する写真を撮影する

商品、サービスを販売する際の注意点

重要視されるアフィリエイト、重要視されないアフィリエイトの差

情報量の多さが直接サイトの信頼度に繋がる

このエントリーをはてなブックマークに追加
PAGE TOP