HOME -> SEO用語解説 > こ

SEO用語解説

このエントリーをはてなブックマークに追加

広告宣伝費を使わずに売上を増やす

小手先の手法から脱却する

効果のある被リンクの種類

効率的なビジネスサイクルを生み出す

顧客用メールマガジンにQ&Aを取り入れる

顧客用メールマガジンのコンテンツパターン

コストゼロで新商品を宣伝する

顧客用のメールマガジンを配信する

コストがかからないビジネス

高速道路理論で出口へ誘導する

購入申し込み後の消費者の立場

効果効能以外で見込み客にアピールする

顧客の声を集めてユーザーにアピールする

コンテンツを充実させてサイト本来のリンクを増やす

顧客を増やすお試し商品

広告文作成のヒントは他社の広告にある

広告を出す側からのアフィリエイト広告

コツコツやることが効果を出すこと

コンテストサイトと求人サイト

コンテンツをページごとに絞り込む

交流の場を作る会員制度

コンサルティングで悩みを解決する

誤植がないか文章を読み直す

心を掴む単語を使う

小見出し画像+本文3行以下とは

これ以上いらないと感じさせる情報量

コメントで共感を得る

幸福になった人の動画を掲載する

幸福の取捨選択

幸福感を演出する方法

幸福感を与えるには

購買行動を起こすためにプチエピソードを載せる

個人情報の取り扱いについての姿勢

個人情報の取り扱い

購入結果と購入後のイメージ

効果的な推薦文の掲載方法

広告の種類

顧客本位の体制

顧客と問題を考える

コアコンピタンス

細かい欲求

購入の慎重化

更新情報ページ

顧客の教え

顧客の声に耳を傾ける

5W1Hを考える「注意点」

5W1Hを考える「When、Whom、How」

5W1Hを考える「Who、What、Where」

5W1Hで見つけるキーワード

購入に対するリスクを解消する

誇大広告

個人情報保護法に触れる記述

コンプライアンスを考える

5W1H

コンプライアンスの徹底

工程表とサーチエンジン対策

工程表作り

工程表の存在

コンピュータネットワーク

更新情報ページ

合法性

コメント

コメントタグ

更新しなくても何度もユーザーに訪れてもらえるコンテンツを作る方法

「コンテンツ連動型広告」「コンテンツマッチ広告」を活用せよ

広告のリンク先はトップページである必要は無し

コンテンツの整備が最重要課題

同一のコンテンツを複数Webサイトで公開しない

更新履歴の記載方法

コメント欄を設置するメリット

広告はたくさん配置しすぎない

広告を配置する際にコンテンツと無関係なものは掲載しない

広告効果が一番高い場所が上部だとは限らない

広告を配置する際の良い配置・悪い配置

コンテンツが同一でも様々な形式で用意する

コンテンツ閲覧の際に規約を設けない

公開できる情報は何でも公開する

コンテンツ連動型広告を見ているユーザーの心情を思考する

広告テキストの中で「公式」は強い

公式サイトとしてアフィリエイトサイトとの差別化を図る

コンバージョンを曜日毎に把握する

広告テキストの時間帯別の設定方法

広告テキストをターゲットごとに使い分ける

コンテンツ連動型広告は品質に影響しない

コンバージョンが伸び悩む原因は

定期的に主要な広告テキストを見直すことが重要

広告の表示する地域を限定してコストを抑える

コストカットが成果に繋がる

コンバージョン率と顧客獲得単価

「広告テスト機能」でランディングページを比較する

ゴールまでの導線はシンプルに

ゴールページを見極める

広告を読むのはあくまでも「普通の一般人」

広告が掲載されても油断は禁物

広告に記号を多用しすぎない

広告タイトル、説明文のそれぞれの役割

広告の掲載順位は上位を常に意識せよ

広告料金はオークション方式で決定する

広告予算は最初は「大まかに」設定する

広告予算の決め方

コンバージョンツールの設定方法(スポンサードサーチ)

コンバージョンツールの設定方法(GoogleグーグルAdWords)

コンバージョンツールを使用することで広告を追跡可能になる

ゴールを明確に設置する

広告審査の基準

顧客からの証言が更なる顧客を呼ぶ

顧客の求めるものを常に先取りし読み取れ

常に顧客を思いやるインターネットビジネスの精神で挑む

許諾をあらかじめ得たメールの顧客転換率は?

未承諾広告・迷惑メールの顧客転換率は?

コストを賭けずにサイトを個性化する

ゴールはしっかりと目立たせてあげよう

顧客の商品購入の際の心理フローチャート

顧客に特典を与えてサービスの差別化を図る

顧客に成りえる人々に押し付けは禁物

小手先の検索順位対策はページの品位を下げる

顧客が集まるホームページとそうでないホームページの違い

このエントリーをはてなブックマークに追加
PAGE TOP