HOME -> SEO用語解説 > S

SEO用語解説

このエントリーをはてなブックマークに追加

S

相互リンクをしたら順位が下がるのか

相互リンクの効果は上位表示に効果があるか

サポート充実をアピールする

サイトに掲載する写真を撮影する

サイトデザインを使い回す

主導権は買い手にある

集客地獄から解放されるには

サブページのキーワードの書きすぎとは

サブページのキーワード近接とは

水平近接と垂直近接とは

SEO2.0とSEO1.0の違い

サブページで上位表示を目指す

サイトコメントマッチとは

サイトタイトルマッチとは

失敗する会社の特徴

商品の使い方や活用情報を配信する

ストレートな商品案内をする

承諾メールを送る

支払い方法や配送方法で差別化する

専門性のあるサイトで差別化を図る

セット販売で付加価値を付ける

商品の特典を考える

差別化のアイディアは様々な形のものがある

死筋商品の排除とは

サポートで不安を解消する

商品詳細に利用者の声を掲載する

商品仕様のページを作りQ&Aを充実させる

サイトのページ数を増やすテクニック

様々なサービスを利用する

消費者の立場でメリットを解説する

商品のサブタイトルで差別化を図る

商品は名前が命

写真に対する甘えは捨てる

商品の良さを伝える写真を掲載する

総合トップページに必要な項目

成功しているサイトのルックスとは

総合トップページの成功例

総合トップページで情報を分類する

総合トップページはユーザーのために作る

総合トップページのインデックス化

サイトのスタイルを1商品1サイトにする

総合トップページを専門店化する

総合トップページは情報設計を重視する

1024×768ピクセルを重視する

総合トップページはショップの入り口

総合トップページにユーザーが集まる理由

サイトデザインで重要なものは情報設計

サイトコンテンツの情報設計

サイトコンテンツのシナリオ作り

専門商品を見つけにくい企業をターゲットにする

資本力のある企業に対抗する

相互リンク依頼のポイント

SEO対策としてクロスレコメンドに登録する

集客出来るメルマガの条件

集客戦略の目的

集客出来るコンテンツを作る時の注意点

集客出来るコンテンツの種類別の注意点

測定サービスとRSSを利用したサイト

ソフトウェアのダウンロードと一括投稿サイト

商品の比較研究サイトを作る

商品の使い方と専門ポータルサイト

初心者に向けたガイドブックと地域情報

集客出来るコンテンツのタイプとは

集客のためのオーソリティとアイデンティティー

サービスや無料化する

集客出来るコンテンツ

失敗のステップ

集客の前提条件

サイトを無料で簡単に作る

最初から広告を出すという考え

サイトに人が来ない理由を考える - コンテンツマーケティングの必要性

ショールームを改善する

ショールームを用意出来ない場合

サンプルを請求してもらう

資料を請求してもらう

SEO対策上観察すべきポイント

指名検索とは

新機能が追加された場合の対処方法

新機能が検索結果に反映される時期

試行錯誤型SEO対策とメーカー情報型SEO対策

Supply(消耗品・交換部品)を販売する

Serial(連続商品)を販売する

商品ファミリーとは

新規顧客獲得よりもリピーターを重視する

新規ユーザーの数には限りがある

資料をプレゼントにする

資料をPDFで配布する

資料請求の成約率が伸びない原因

商品に触れることが出来るショールームの設置

紹介文はユーザーを主語にする

最後の一押しの一言

最終出口へ誘導する4つの手法

最終出口とは

セッションとは

資格や受賞実績、マスコミ掲載実績の表示

サイトにブログをプラスする

サイト上に安心というワードを散りばめる

証言情報をユーザーは求めている

証言情報とは

最初から得をしようと考えない

想像しやすい画像

商品やメニューを整理する

生産地で差別化する

勝負ページはコミュニケーションの場

勝負ページに足りないもの

誠実さの掲載箇所

ストーリーや作業風景を伝える

誠実さの提示

商品の魅力を伝える

商品の使い方を見せる

サクセスストーリー効果

サクセスストーリーの提示

成功までの道のりを伝える

推薦者の声を集める

推薦されていることを伝える

推薦者の声

真実のデータとデータの表現方法

商品やサービスをPRする

取材されやすいプレスリリース

積極的なPR活動

社会的貢献をアピールする

社会的責任を伝える

存在感のないショップ

商品購入に対する不安や恐れ

成功は続かない

成功したステップを他に適用する

サイトはリニューアルが必要

サイトをリニューアルする理由

SEO対策で複雑なサイトにしない

SEO対策の前に

数値で人気をアピールする

数字を利用した広告

信頼性の掲載箇所

写真でアピールする方法

写真は思い入れが伝わる

スタッフの写真を見せる

商品提供者の姿を見せる

サービスでリアル感を出す

成功に導く力があるか

サイト完成後につまづかないために

専門サイトが有利な理由

商品やサービスを売る5つのステップ

サーチエンジンマーケティング

SWOT分析

信頼性

支払いスタイルは多様化している

支払い方法

商品購入のリスク

すべての人は初心者という考え方

初期費用を抑え継続させる

初期費用をゼロに近づける

送料を無料にする効果

サービスの販売では何を無料にするか

商品の送料

数字でスピード感を出す

スピード感を大切にする

勝負ページを無駄にしないために

背中を押す一言

勝負ページのメリットがわからない

将来に向けての種とは

勝負ページの量産

勝負ページを改善する

勝負ページの結果

勝負ページの場所決め

勝負ページを作る前に

勝負ページの鉄則

失敗する商材選び

商材選定の基準

勝負ページ

SEO対策の限界

サイト制作会社のサービス

サイトの作り方を把握しているか

商品やサービスが売れない原因は何か

サイトを持つことによって発生する問題

商品が売れない理由はどこにあるか

相互リンクを避けた方が良いサイト

相互リンクを依頼する相手のジャンル

商品一覧

サイトマップの効果

商品詳細のページを追加する

商品紹介ページ作りのポイント

サイト名の変更

サイト名の付け方

SEO対策の本質

SEO対策にアナログツールを利用出来るか

SEOは必須でしょうか?

スポンサードサーチ「オーバーチュアの仕組み」

スポンサードサーチ「上位表示させるために」

スポンサードサーチとは何か

SEO対策をする前にアイディアを考える

SEO対策と商品企画はどちらが重要か

販売業でインパクトのある商品名

サービス業でインパクトのある商品名

商品名にインパクトはあるか

商品を購入するリスク

起業ジャンルと商材がネットに適しているか見直す

起業ジャンルと商材を見直す

使い方がよくわからないを解消する

商品の使い方について考える

商品の使い方と売れない原因

素人っぽさを感じる文章

素人っぽさを感じるサイト

商品、サービス説明のコンプライアンス

商品やサービスの素晴らしさを語ることは有効か

商品やサービス詳細のスピード

わかりやすい商品やサービスの説明

商品やサービスへの不安

信頼感をさらに増す方法

プロフィールや写真の掲載に問題がある場合

信頼を得るプロフィールの書き方

信頼感に繋がるプロフィール

売り手が信頼出来るか

出口のあるサイトを作る

サイトの出口とは

何がどこにあるのかわかるサイトに変える

何があるのかわからないサイト

売れないサイトが売れない理由

商品、サービス、テーマごとにサイトを作るメリット

商品、サービス、テーマごとにサイトを作る

価格と取引条件の明瞭性

商品・サービスの明瞭性

商品・サービスが明確ではないサイト

大手通販会社が販売しているような商材

ネットビジネスを行う際に必要な商材

オフィスで必要とされる商材

コンピュータ、ネット関連の商材

詳しい情報が購入前に必要な商材

近所では買えない趣味のグッズ

リピートが起きやすい商材

リピートが起きる商材

粗利の取れる商材

ネットに適した商材

商材に将来性がない場合

商材の将来性

信頼される起業ジャンル選定

資格がなくても信頼される方法

資格を活かす

情熱的に商材を語ることが出来るか

サイト単位での相互リンクにチャレンジ

ソーシャルブックマーク登録ボタンを制作する

ソーシャルメディアスパムにならないよう注意する

損益分岐点と上限入札価格

総合トップページのメニュー以外にスクリーンに出すべき項目

総合トップページ至上主義の成功者

総合トップページ

総合トップページの正式名称はインデックスページである

静的ページを用意する

整理整頓された品揃え豊富な専門店を目指せ

セグメント

スパム

ステータスバー

スタイルシート

スーパーコンピュータ

スタッフ紹介

スモールキーワード

スタイルシートやスクリプトは独立させる

スパム的な手法を施行しないように用心せよ

スクリプトを使用した「戻る」は禁物

スタイルシートを使用して文字を装飾させる

strong要素とb要素の違いは...

スタイルシートを活用し装飾を施す

スパム対策(1)

スパム対策(2)

スプラッシュページを設けたい場合

スプラッシュページを使用した際のデメリット

スプラッシュページは使えるのか...

スプラッシュページの役割

成果のないスモールワードは放置しない

スモールワードはキャンペーンにまとめる

スポンサードサーチの品質は広告グループごとに評価される

スモールワードの目安は3語

スポンサードサーチはアカウント単位で全体の予算を管理せよ

まずはスポンサードサーチから始める

新聞広告

新聞折り込みチラシ

集客効果

出店ノウハウ

詳細情報

商品検索

新着情報・更新履歴はリピータが真先に求めるもの

新着情報はトップページにも記載せよ

信頼されて初めてアクションを起こしていただける

資料請求の際の工夫

商品が売れない理由を思考せよ

商品が売れ出したら、次のステップを目指す

問題無ければ商品の価値無し

商品の使用方法を掲載する

様々な対象を想定した商品セットのバリエーションを用意する

商品の価値を出すために比較対象を設置する

消費者へのサポート、保証

商品のメリットを紹介するだけでは駄目!顧客の心を惹きつけるキャッチフレーズ

商品の良さを120%引き出す写真を掲載せよ

商品ページのページトップで勝負する

商品のセット販売を活用して利益を増やす

市場環境の把握

商品、サービスを販売する際の注意点

サービス対応地域

再申請(ビジネスエクスプレス)Yahoo! JAPAN

サイトマップ

有料で製品やサービスを語ってもらうサービス

サイト内の全ページを入口として機能させるための必要事項

サイト内に検索機能があると便利

サイト内検索機能を設置するには

サイトマップを設置せよ

サイトマップページは検索エンジンに対しても有効

サイトマップページはリンクを並べるだけで制作可能なシンプルなページ

サイトマップファイルとは

サイトマップファイルを制作するには

サイトマップファイルの存在を検索エンジンに認識させる

サイズの大きな画像や動画を唐突に掲載しない

サイトを更新した際に同時に更新しておくべきページを忘れずに

サイト内の更新頻度を上げると検索エンジンに対して有利

サイトの情報を明確にして信頼感を出す

サイトをアピールする際のポイント

付加サービス、アフターサービスで差別化を図る

殺風景な事務所ではなく見込み客がワクワクする店舗にしましょう。そして、その店構えとは?

サイトに顧客の声や写真を掲載する

サイトデザインより情報設計が重要

サイトに個性は必要

サイトの総合メニューは様々な方向から見たインデックス化が有効

サイトの総合トップページを思考する

サイト上でご自身の店舗を掲載する際は注意が必要

他のサイトとの違いを見せる時は相手との比較広告は避ける

サイトチューニングの例

サマリー

サムネイル

サブジェクト・スペシフィック・ポピュラリティ

様々な手段に頼りすぎる結果、それだけに固執するな

SGML

SEO(Search Engine Optimization : 検索エンジン最適化)

SEM(Search Engine Marketing :検索エンジンマーケティング)

SMO(Social Media optimization : ソーシャルメディア最適化)

SEO(Search Engine optimization/検索エンジン最適化)とは何か

SEO(Search Engine optimization,検索エンジン最適化)での重要ポイント(1)

SEO(Search Engine optimization,検索エンジン最適化)での重要ポイント(2)

SEO(Search Engine optimization,検索エンジン最適化)での重要ポイント(3)

SEO(Search Engine optimization,検索エンジン最適化)での重要ポイント(4)

SEO(Search Engine optimization,検索エンジン最適化)は様々な検索エンジンに有効手段

SEO(Search Engine optimization,検索エンジン最適化)はアクセシビリティの向上にも有効

SEMはSEOよりも短期間でユーザー,見込み客を増やすことが可能である

SEM(Search Engine Marketing 検索エンジンマーケティング)キーワード広告の活用でのポイントは?(1)

SEM(Search Engine Marketing 検索エンジンマーケティング)キーワード広告の活用でのポイントは?(2)

SEM(Search Engine Marketing 検索エンジンマーケティング)キーワード広告の活用でのポイントは?(3)

SMO(Social Media optimization ソーシャルメディア最適化)はCGMサイトに対しての対策手段である

SMO(Social Media optimization ソーシャルメディア最適化)を行なう際の6つの重要命題(1)

SMO(Social Media optimization ソーシャルメディア最適化)を行なう際の6つの重要命題(2)

SMOはSEOとの相乗効果を期待せよ

SEO(Search Engine Optimization 検索エンジン最適化)は「正しく情報を伝える手法」

SEOとSEMではキーワードを分けよ

SEO(Search Engine Optimization 検索エンジン最適化)で成功しているキーワードでリスティング広告を出す

SEO(Search Engine Optimization 検索エンジン最適化)効果も発揮できるメニュー項目

SEO(Search Engine Optimization 検索エンジン最適化)効果も期待してキーワードを含める

SEO(Search Engine Optimization 検索エンジン最適化)が成功しているキーワードは広告を控えても大丈夫

SEO対策(Search Engine Optimization 検索エンジン最適化)

SEO(Search Engine Optimization 検索エンジン最適化)対策上のページ表面の重要ポイント

SEO(Search Engine Optimization 検索エンジン最適化)はいずれ死んでいくのか?

SEO(Search Engine Optimization 検索エンジン最適化)は年々複雑になっている

SEO(Search Engine Optimization 検索エンジン最適化)は年々複雑になっている

このエントリーをはてなブックマークに追加
PAGE TOP