HOME -> SEO用語解説 > K

SEO用語解説

K

検索キーワードを分類する

検索キーワード連動広告2つのトレンド

検索キーワード連動広告の実態

検索キーワード連動広告の正体

検索エンジンマーケティングのメリット

検索エンジンマーケティングに必要なものとは

広告宣伝費を使わずに売上を増やす

キーワード近接の調べ方

キーワード近接の基準

キーワードの近接ペナルティー

小手先の手法から脱却する

効果のある被リンクの種類

効率的なビジネスサイクルを生み出す

顧客用メールマガジンにQ&Aを取り入れる

顧客用メールマガジンのコンテンツパターン

顧客用のメールマガジンを配信する

カリスマ化で差別化する

関連商品のアイテム数を増やす

価格を下げて差別化出来ない場合

検索エンジンマーケティングで重要なこと

関連商品で購買意欲を喚起する

気軽に簡単にできることを何度もアピールする

高速道路理論で出口へ誘導する

購入申し込み後の消費者の立場

健康関連サイトの利用者の声掲載注意点

効果効能以外で見込み客にアピールする

健康関連のサイトは効果効能から離れてみる

顧客の声を集めてユーザーにアピールする

関連性の薄いサイトからのリンク

コンテンツを充実させてサイト本来のリンクを増やす

買いたくなるサイト構成作り

気軽に申し込めるお試し商品

顧客を増やすお試し商品

キーワードの近接度とペナルティ

検索エンジンをサイトへ設置する方法

検索エンジンをサイトへ設置するメリット

検索エンジンをサイトへ設置する前に

検索シニアとは

検索ビギナーとは

広告文作成のヒントは他社の広告にある

広告を出す側からのアフィリエイト広告

コツコツやることが効果を出すこと

コンテストサイトと求人サイト

解説を写真や画像の下にいれる

キーワードが含まれるサイト名の考案

企画でサイトの成功が決まる

キーワードに特化した専門サイト

キーワード近接ペナルティとは

検索順位を下げたサイト

検索エンジンの上位表示で勝ち続ける

交流の場を作る会員制度

会員制度のメリット

会員制度を用意する

心を掴む単語を使う

小見出し画像+本文3行以下とは

気持ち良くクリックできる工夫をする

これ以上いらないと感じさせる情報量

興味を派生させる

加工する地域で差別化する

感動を伝える方法

感動を与えるアナログツール

感動をユーザーに伝える

共感要素を生み出す方法

共感マーケティングとは

コメントで共感を得る

共感を得る

幸福になった人の動画を掲載する

幸福の取捨選択

幸福感を演出する方法

幸福感を与えるには

購買行動を起こすためにプチエピソードを載せる

共感を得るページ

個人情報の取り扱いについての姿勢

個人情報の取り扱い

購入結果と購入後のイメージ

客観的事実の掲載場所

結果を見せる

効果的な推薦文の掲載方法

広告の種類

企業が参加できる社会貢献活動

共生マーケティング

顧客本位の体制

企業の歴史を掲載する

客観的な事実とは

クチコミは伝播する

顧客と問題を考える

権威の探し方

検索エンジン上位表示のノウハウ

キーワードを最初に決める

権威付けをする

企業文化を打ち出す

企業文化はユーザーとの接点

企業文化

確固たる自信を伝える

経験と実績を実名で記載

経験と実績を明記したか

経験と実績をアピールする

細かい欲求

期間の限定

期限や納期の提示

結果がすぐにわかる

「から」「だから」「ので」で提示するメリット

検索キーワードを予測する理由

購入の慎重化

客単価の変化

検索エンジンに浸透するまでの期間

競合他社が似た条件で販売しているケース

更新情報ページ

キーワードの見つけ方のポイント

顧客の教え

顧客の声に耳を傾ける

キーワード「欲望系」

買う気のある見込み客が考えるキーワード

キーワード「問題、悩み系」

過去のロボット検索エンジン

仮説、実行、検証が上手くいった場合

仮説、実行、検証

購入に対するリスクを解消する

自信が感じられるキーワードを使うポイント

自信が感じられるキーワード

誇大広告

過大なプレゼント

個人情報保護法に触れる記述

許認可のいる職業が掲載するもの

買ってくれるユーザー

買わないユーザー

具体的なキーワード

付け加えたいキーワード

ビッグなキーワードだけを追うのは禁物

検索数だけにこだわってはいけない理由

ニッチなキーワードを利用する

ニッチで将来性のあるキーワード

サイトテーマにキーワードを入れるさらなる理由

サイトテーマにキーワードを入れる理由

スモールキーワードで検索してみる

スモールキーワードを狙う

ビッグキーワードよりもスモールキーワード

第一歩は検索キーワード選び

近所では買えない買回り品

工程表とサーチエンジン対策

工程表作り

工程表の存在

景品法

検索エンジン

検索機能における代表的検索エンジン

検索エンジンが検索結果に出すページを選択する

検索エンジン使用時に起こり得るケース

検索エンジンが出した検索結果の1位にこだわる必要はない

検索エンジンのサイト内検索サービス

検索エンジンスパムのパターン(1)

検索エンジンスパムのパターン(2)

掲載順位が変動するたびにクリック率とコンバージョンを調査する

検索エンジンスパムのパターン(3)

掲載順位が上がるとコンバージョンも上昇する

検索キーワードを想定して広告テキストを考える

検索エンジンのシェアを考慮してキーワード広告を展開する

検索エンジンの特性を見極める

検索エンジンはURLの大文字と小文字を区別する

検索結果で上位表示されても儲かるとは限らない

検索エンジン公認のサイトマップでロボット巡回を促進させる

検索エンジンのサーバーには限界が存在する

更新情報ページ

「コンテンツ連動型広告」「コンテンツマッチ広告」を活用せよ

広告のリンク先はトップページである必要は無し

コンテンツの整備が最重要課題

更新履歴の記載方法

コメント欄を設置するメリット

広告はたくさん配置しすぎない

広告を配置する際にコンテンツと無関係なものは掲載しない

広告効果が一番高い場所が上部だとは限らない

広告を配置する際の良い配置・悪い配置

公開できる情報は何でも公開する

広告テキストの中で「公式」は強い

公式サイトとしてアフィリエイトサイトとの差別化を図る

広告テキストの時間帯別の設定方法

広告テキストをターゲットごとに使い分ける

定期的に主要な広告テキストを見直すことが重要

広告の表示する地域を限定してコストを抑える

「広告テスト機能」でランディングページを比較する

広告を読むのはあくまでも「普通の一般人」

広告が掲載されても油断は禁物

広告に記号を多用しすぎない

広告タイトル、説明文のそれぞれの役割

広告の掲載順位は上位を常に意識せよ

広告料金はオークション方式で決定する

広告予算は最初は「大まかに」設定する

広告予算の決め方

広告審査の基準

顧客からの証言が更なる顧客を呼ぶ

顧客の求めるものを常に先取りし読み取れ

常に顧客を思いやるインターネットビジネスの精神で挑む

許諾をあらかじめ得たメールの顧客転換率は?

未承諾広告・迷惑メールの顧客転換率は?

顧客の商品購入の際の心理フローチャート

顧客に特典を与えてサービスの差別化を図る

顧客に成りえる人々に押し付けは禁物

小手先の検索順位対策はページの品位を下げる

顧客が集まるホームページとそうでないホームページの違い

クリック可能なものは、必ず他のページでもクリック可能が基本

クリック回数を極力減らす

クリック単価が高騰するキーワードを見極める

クイックリターン症候群

キーワード

キーワード出現頻度解析

キーワード連動型広告スペース(1)

キーワード連動型広告スペース(2)

【基礎知識】のコーナー

キャプション(1)

旧式ロボット検索エンジン

キーワード出現頻度(1)

キーワード出現頻度(2)

キャプション(2)

キーワード連動型広告スペース(3) Overtureにおいてライバル企業よりも上位に表示する方法

キーワード連動型広告スペース(4) スポンサー広告を出すその前に考えておくべきこと

キーワード(2)

キーワード(3)

キーワード広告・リスティング広告の仕組みとは?

キーワード広告だけでは継続的なアクセスの上昇には不十分である

検索エンジンにヒットしやすいキーワード作成法

1ページの中にキーワードは1つに絞るべし

目標を決めたキーワードを最適化する方法

スパムにならないようキーワード出現頻度を警戒せよ

ページ内のキーワード出現頻度を分析せよ

サイト内では複数のキーワードを使うこと

類似するキーワードを探す術

間違われやすいキーワード

目標キーワードはできるだけページの上部分に配置せよ

キーワードと無関係な内容を上部に記載しない

キャッチフレーズはページの最上部に記載すべし

サイト名やコーナー名にキーワードを含んでおくと、最適化が容易になる

キーワード広告の代表的な提供企業

同一の意味を持つ異なるキーワードを使用する

キーワード広告には検索数の多すぎる人気単語を使用しない

ユーザー、見込み客、サイト訪問者を絞り込むキーワード

キーワードの指定方法をうまく使い分けよ

可能であれば広告文の中にキーワードを挿入せよ

キーワードを強調することは検索エンジンに重要視される

長期的な視点を持つことがキーワード広告の肝

公式サイト以外のキーワード広告のルールを設ける

キーワードに関連するビッグニュースが嵐を起こす

キーワードの優先度を見極める

伸びの悪いキーワードは間引きする

品質に貢献しているキーワードを見定める

キーワード広告は「品質」を制するものが制する

キャンペーン終了後のページの表示に注意

期間限定のページは終了しても削除しない

キーワードとランディングページの見出しは統一せよ

キーワード広告から来るのは、はじめての訪問客

季節性の広告テキストは広告グループを分ける

キーワード広告は文章が要

キーワード挿入機能のタグ

キーワードごとに広告テキストを用意するのが理想

キーワードはタイトルと説明文に組み込む

キーワードの組み合わせをExcelの関数で手間と時間を削減

キーワードはある程度の検索ボリュームがなければ意味を成さない

キーワードの種類は検索数で分類される

競争の激しいキーワードは最低単価から開始する

キーワード広告の投資額は少なすぎると効果は期待できない

キーワード広告は期間を見据えた目標設定が必要

キーワード広告の要素

キーワード広告はこれからが旬

キーワード広告はユーザーの行動を常に意識する

キーワード広告の最終的な目的

キーワード広告が掲載されるまでの一連の流れ

競合相手を最大限に活用せよ

キーワード突出度

キーワード出現頻度、キーワード出現率、キーワード密度、キーワードデンシティ

キーワード注目度

仮説と分析のサイクルをまわす

管理画面ではクリック率と品質をチェックすべし

感動を生み出す幸せのサイト作り

過去のビジネスキャリアをサイトに付加せよ

関連商品や似たジャンルの商品の整理された、個性的なマーケットを展開する

隠しリンク

仮想専用サーバ

PAGE TOP