HOME -> SEO用語解説 > 個人情報保護法に触れる記述

SEO用語解説 - こ

このエントリーをはてなブックマークに追加

個人情報保護法に触れる記述

Yahoo!カテゴリは、個人情報保護法に触れる記述をしているサイトを登録してくれません。
ですから、あなたのサイトが個人情報を侵害する可能性のあるサービスを行っていないかチェックしてください。
そして、出来れば「プライバシーポリシー」や「個人情報の取り扱い」といったページを用意して欲しいと思います。
このようなページを持つことは、法的に必須とされています。
Yahoo!JAPANは、「プライバシーポリシー」や「個人情報の取り扱い」のようなページを用意していなくても掲載してくれますが、見込客のことを考えるとぜひ用意して欲しいページです。
個人情報を取得するのかや、情報管理をどうしているのかは、見込客にとって気になる情報だと思います。。
見込客が気になる情報をサイトに掲載することは、見込客のために積極的に行いたいことです。
プライバシーポリシーとして何を書けばよいのかわからないといった場合には、信頼出来る会社のサイトを探し出し、そのサイトに掲載されているプライバシーポリシーを参考にしましょう。
そして、あなたの会社独自のページを設置してください。
このように地道に見込客のための情報を掲載していくことは、信頼と安心を得るために非常に大切なことだと思います。

このエントリーをはてなブックマークに追加
PAGE TOP