HOME -> SEO用語解説 > 検索キーワード連動広告2つのトレンド

SEO用語解説 - け

検索キーワード連動広告2つのトレンド

誰でも簡単に広告を出せることから、魅力を感じる人が多いものが検索キーワード連動広告です。
1クリック○円という成果報酬的な価格を採用しているため、フェアな広告だと言うこともできるでしょう。
しかし、競争入札制によって広告価格が決定されるため、より多くの金額を入札した企業の広告が検索結果ページの上の方に表示されることになります。
このような価格決定のメカニズムから、2つのトレンドが生み出されます。
1つは、クリック単価が上昇するというトレンドです。
これは、企業間で競争原理が働くからです。
もう1つは、広告予算をたくさんもっている企業が、検索結果ページの上位を占めるようになってきたというトレンドです。
検索キーワード連動広告サービスが始まったばかりの頃は、上位に入札することが個人や中小企業でも可能でした。
しかし、現在は違います。
検索をすれば、有名な企業の広告ばかりが表示されるようになっています。
この2つのトレンドを見る限り、ハイリスクな検索キーワード連動広告よりも、検索エンジンマーケティングを実践する方が良いでしょう。
検索エンジンマーケティングは、広告費がかからない集客方法です。
検索キーワード連動広告に手を出すより先に、検索エンジンマーケティングを実践して欲しいと思います。

PAGE TOP