HOME -> SEO用語解説 > Yahoo!検索のペナルティに気がつく

SEO用語解説 - や

Yahoo!検索のペナルティに気がつく

様々なSEO対策を施し、検索の上位表示を獲得したサイトが検索結果から消えてしまったり、一気に何十という単位で検索順位を下げてしまうことがあります。
このようなことが起こったときは、Yahoo!検索からペナルティを受けたのではないかということを疑ってみましょう。
Yahoo!検索のロボット検索エンジンであるYSTは、高度なアルゴリズムを進化させることで、その検索結果を常に変動させています。
この変動によって、今まで通用していたSEO対策にペナルティが課せられはじめることがあります。
今まで検索の上位に表示されていたサイトが、突然検索結果から消されてしまったり、大幅に順位が降下してしまったときは、今まで有効だったSEO対策にペナルティが課せられたことを疑ってみましょう。
そのようなペナルティには、「キーワード近接によるペナルティ」「サブページに目標キーワードを書きすぎたことによるペナルティ」「サイトのトップページと同じページか、非常に似通った内容のページを同じサイト内に存在させたことに対するペナルティ」などがあります。
YSTは検索結果を常に変動させています。
その変動に対応できなければ、上位表示を続けることは難しくなってしまいます。

PAGE TOP