HOME -> SEO用語解説 > トップページ発リンクへのペナルティ

SEO用語解説 - と

このエントリーをはてなブックマークに追加

トップページ発リンクへのペナルティ

homepage.png

トップページから、他のドメインのサイトへ多くのリンクを張っているページを見かけます。


アフィリエイトのページなどがよくこのようなトップページを構成していますが、トップページから他のドメインのサイトへ張っているリンクは減らしていったほうが良いです。


何故なら「トップページから他のドメインのサイトへリンクを一定数以上増やすと、検索順位が徐々にさがる」「さらに極端に他のドメインのサイトへのリンクを増やすと、何十位も検索順位が下がる」ということが起きるからです。


これは、そのようなトップページを構築するサイトへのGoogleからのペナルティです。

トップページはそのサイトの入り口です。
サイトを訪れたユーザーは、トップページというサイトの入り口から、このサイトにはどのようなページがあるのかと期待して、興味のあるページへのリンクをクリックしてその先へ進んで行こうとします。


このときに、トップページに外部サイトへのリンクがべたべたと張ってあったらどうでしょうか?
ユーザーは、不便だと感じてしまわないでしょうか?


Googleは、ユーザーが不快に思うサイトを嫌い、そのようなサイトが上位表示されないようにペナルティを課すのです。


ただし、関連性の高いサイトへのリンクであるならば3つから最大でも5つくらいまではリンクを張っても構いません。

ただその場合は、ページ内の文字数を増やすようにして下さい。


ページ内の文字数が数百文字くらいしか無いのに外部サイトへのリンクばかりなのは不自然だからです。それではまるで単なるリンク集のようにみえてしまいます。


また、Googleから見ると他のドメインのサイトにリンクをしてユーザーを誘導するだけの「誘導ページ」のようにすら見えてしまうでしょう。


Googleは誘導ページのことをドアウェイページと呼び、ドアウェイページはGoogleのガイドライン違反だということを様々なところで言って警告を発しています。

トップページからのリンクの張りすぎは気をつけるようにして下さい。


GoogleのSearch Console ヘルプにある誘導ページへの警告》

yuudou.png

※出典:https://support.google.com/webmasters/answer/2721311?hl=ja


《Googleウェブマスター向け公式ブログにあるドアウェイページへの警告》

doorway.png

※出典:https://webmaster-ja.googleblog.com/2012/01/doorway-page.html


【関連情報】

ペンギンアップデート対策2: 衛星サイト作りの注意点

Googleが最後のペンギンアップデートを実施!その特徴と対策は?

このエントリーをはてなブックマークに追加
PAGE TOP