HOME -> SEO用語解説 > キーワード近接の基準

SEO用語解説 - き

キーワード近接の基準

ページの中で意図せずキーワードが近接してしまうことはよくあることです。
横にも縦にもキーワードが連続しないように文章を書くことは、とても難しいことだと言えます。
では、どのくらいのキーワードの近接が起きると、ペナルティが課せられてしまうのでしょうか?
ページ全体を見て、近接が数カ所だけのときはペナルティが与えられることは少ないと言えるでしょう。
しかし、ページのほとんどの部分にキーワード接近を起こしてしまうと、ペナルティが課せられてしまいます。
サイトのトップページを検索で上位表示させたい場合は、キーワード近接が起きないように目標キーワード同士の間隔をできるだけあけるように心がけることが必要です。
ページ全体を見てください。
近接が起きすぎているところはないですか?
ここはと思う部分は目標キーワードの間隔をあけて、ペナルティを課せられないように対処しておきましょう。
メニュー部分はどうしても近接を起こしやすい場所なので、項目の全てに同じキーワードを含めてしまわないようにしてください。
同じキーワードを使うのは10個のうち5個程度まで、約50パーセント以下にしておきましょう。
メニュー部分に関しては、約50パーセント以下にすることで、近接のペナルティを避けることができます。

PAGE TOP