HOME -> SEO用語解説 > ペナルティからの復旧期間

SEO用語解説 - へ

ペナルティからの復旧期間

トップページの検索順位が大きく下がってしまった場合や、どこにも見つからなくなってしまった場合、その原因はキーワードの近接か、サブページのキーワードの書きすぎのいずれかだと思って良いでしょう。
しっかりと調べて改善しなければ、再び上位表示されることはまずありません。
きちんと対応し、ページの良くない部分を改善すれば、ペナルティから復旧することが出来ます。
キーワード接近のペナルティは、早くて2日、遅くとも1ヶ月で復旧します。
サブページのキーワードの書きすぎの方のペナルティは、キーワードの接近に比べると、復旧までかなりの時間を要します。
35日おきくらいでYahoo!検索のインデックスのアップデートが行われますから、最低でも1ヶ月、遅い場合は3ヶ月から6ヶ月ほどかかります。
1ヶ月?6ヶ月というのはずいぶん期間に幅がありますが、この幅はなぜ生まれるのでしょうか。
サイトのページ数が数十ページ以下のサイトであれば、YSTがサイトを評価するのにさほどの時間はかかりません。
このようなサイトは、比較的短期間で順位が復活すると思われます。
対して大規模なサイトの場合は、ページ数が多いことで、YSTがサイトを再評価するまでに時間がかかってしまうようです。
これが1ヶ月?6ヶ月という期間のずれを生んでいます。

PAGE TOP