HOME -> SEO用語解説 > SEO2.0とSEO1.0の違い

SEO用語解説 - え

このエントリーをはてなブックマークに追加

SEO2.0とSEO1.0の違い

トップページの目標キーワードは一つに絞り、トップページで狙わないキーワードはサブページで上位表示を狙うという方法があります。
これが新しいSEO対策である「SEO2.0」です。
「目標キーワードの絞り込みが出来ているので、トップページが検索で上位表示される」「絞り込んだ目標キーワードでトップページが上位表示されることで、サブページのキーワードも絞り込めることになり、あまり重視していなかったキーワードでサブページも上位表示される」という二つがSEO2.0のメリットです。
サブページのテーマを絞り込むと、絞り込んでいないときに比べて圧倒的に上位表示されやすくなることがわかっています。
古いSEO対策である「SEO1.0」は、トップページに多くの目標キーワードを設定して、上位表示を狙っていました。
2006年くらいまでは、今のように競争率が高くありませんでしたから、複数キーワードをトップページに設定しても上位表示を目指すことが可能でした。
しかし、競争率が高い現在では、この手法では上位表示が困難になっています。
トップページだけを上位表示させることしか考えていませんから、サブページの上位表示を全く目指していません。
これがSEO1.0が不利な点であることは明らかでしょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加
PAGE TOP