HOME -> SEO用語解説 > 関連商品のアイテム数を増やす

SEO用語解説 - か

関連商品のアイテム数を増やす

商品を種類や効果などでグループ分けすると、ショップにオリジナリティが出てきます。
オリジナリティを高めるために、商品の種類や効果などにこだわり、テーマサイトや専門サイトを作っていくことは、同じ商品を扱っている他社と差別化を図ることになるのです。
オリジナリティは、差別化を図る重要な要素と考えられるのではないかと思います。
しかし、テーマサイトや専門サイトを作っていくときには、注意しなければならないことがあります。
それは、アイテム数です。
せっかく、テーマサイトや専門サイトをオープンしても、商品アイテム数が少なければテーマサイトや専門サイトとは呼べないでしょう。
テーマサイトや専門サイトを名乗るには、競合他社よりも品揃えを良くしなければいけません。
それは、「アイテム数は多ければ多いほど売上がアップする」というネット販売売上アップの法則からもわかります。
商品アイテム数が増えれば、それだけ検索にヒットしやすくなります。
ということは、商品アイテム数を増やすことはSEO対策になると言えるでしょう。
さらに、次に欲しいものあるため、購入者がリピーターになりやすいと考えられます。
商品アイテム数が多い専門店は、見込み客には魅力的に見えるものです。
ですから、新規客を増やしやすいと言うことも出来ます。

PAGE TOP