HOME -> SEO用語解説 > 専門性のあるサイトで差別化を図る

SEO用語解説 - せ

このエントリーをはてなブックマークに追加

専門性のあるサイトで差別化を図る

他社と同じ商品を扱うことになるタイプのサイトは、メーカーから仕入れた商品を販売しているショップです。
このタイプのショップは、他社との差別化を図らなければ、見込み客を他社に奪われてしまいます。
しかし、「同じ商品を扱っているのだから、差別化など無理だ!」と差別化を図ることを諦めてしまうショップ運営者がいます。
他社と同じ商品を扱っていても、アイディア次第で差別化を図ることは出来ます。
差別化を図る方法の一つとして、テーマサイト、専門サイトを作るという方法があります。
サイトで扱っている商品に、関連商品や似たような種類の商品がある場合は、ランダムにそれらの商品を表示していると見込み客が混乱してしまいます。
そこで、種類や効果などでグループ分けをして、ショップのオリジナリティを打ち出していってください。
ショップをオリジナリティ溢れるテーマサイトや専門サイトに変えていくのです。
現在のショップに手を加えてもオリジナリティを打ち出せない場合は、ある種類の商品ばかり集めたサイトなど、テーマサイトや専門サイトを新しく作りましょう。
独特のショップや専門店を作ることで、他社と差別化を図ることが出来ます。
サイトのネーミングにもこだわって、他にはないサイトを作って欲しいと思います。

このエントリーをはてなブックマークに追加
PAGE TOP