HOME -> SEO用語解説 > 粘り強いビジネスを行う

SEO用語解説 - ね

粘り強いビジネスを行う

商品やサービスが売れないからと言って、そこで諦めてしまっていたらビジネスにはなりません。
サイトを売れるサイトに変えるためには、粘り強さが必要です。
やり手の店員ならば、顧客が探しているものがないとわかったときに、黙って顧客を帰すようなことはしません。
「現在とても人気があるこちらの商品はいかがでしょうか?」「こちらの商品は、お探しの商品によく似たタイプのものです」などと他の商品を勧めるでしょう。
このように、粘り強くビジネスを行っていくことで利益を伸ばすことが出来ます。
ただ商品を仕入れて、漫然と販売して利益を上げようとするのではなく、見込み客が何を求めているのか考えてください。
顧客が求めているものを提案していくことで、商品やサービスを販売するチャンスを広げていって欲しいと思います。
見込み客の行動を考えることで、見込み客が何を望んでいるかが見えてきます。
見込み客の求めているものを知って、粘り強く提案していってください。
たとえば、あなたが扱っている商品に関連している商品を提案するだけでも反応率が違います。
見込み客が求めているものをこちらから提案していく姿勢が、大切なのではないでしょうか。
売れないからといって諦めずに、粘り強く商品やサービスを販売していってください。

PAGE TOP