HOME -> SEO用語解説 > YSTにとっての外部要素

SEO用語解説 - や

YSTにとっての外部要素

あなたのサイトが他人のサイトからどれだけリンクされているか、他のドメインネームのサイトがあなたのサイトをどれだけリンクしているのかという評価基準を「外部要素」といいます。
2005年にヤフー検索のロボット検索エンジンであるYSTが登場した頃は、サイトをリンクするサイトの数が多いことがYSTの検索結果で上位表示されるための条件でした。
この条件は多くの人々に知られることになり、たくさんのサイト運営者が上位表示のために様々な方法を使い、リンク元の数を増やしていくようになります。
このことによって、サイト内容の充実にかかわらず、リンク元対策に成功したサイトが検索の上位に表示されることになりました。
本来、検索の上位表示をされるべきサイトとは、ユーザーにとってためになるサイト、有益なサイトのはずです。
その実現から遠く離れた検索結果を前にして、Yahoo!Japanは対策に乗り出すことになります。
この対策によって、Yahoo!Japanは張られたリンクの全てを評価することをやめ、一定の基準をクリアしたリンクを高く評価するようになりました。
最初の評価の変動は、2007年8月に訪れました。
このときから、古いドメインのサイトからのリンクが高く評価されるようになりました。

PAGE TOP