HOME -> SEO用語解説 > 見出しにキーワードを入れ込む

SEO用語解説 - み

このエントリーをはてなブックマークに追加

見出しにキーワードを入れ込む

サイトやページの中にキーワードを多く入れることで、YSTでの上位表示の可能性が高くなりますが、だからといって計画性なくキーワードを入れてしまうと、ユーザーが見にくいページを公開してしまうことになってしまいます。
サイトを公開することの目的は、自分の伝えたいメッセージを伝えることのはずです。
そのためには、ユーザーにとって見にくいページにならないようにする必要があります。
そこで、ページ中に「大見出し」「中見出し」「小見出し」を作りましょう。
そして、作った見出しの文中にはキーワードを入れ込んでください。
この手法は、ページ中にキーワードを効率的に散りばめる方法として、有効だということがわかっています。
一番上に「大見出し」、その下に「中見出し」、その下に「小見出し」という3つの階層で一般の文書はできていますが、これはアメリカの文書構造です。
アメリカで誕生し、世界中に普及したのがインターネットです。
YSTやGoogleもアメリカで生まれたものです。
ですから、これらのロボット検索エンジンは、アメリカの文書構造に基づいてサイトのページを解析しているのです。
「大見出し」「中見出し」「小見出し」という3層構造に基づいてページをつくることで、YSTはあなたのページをしっかりと理解することができると言えるでしょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加
PAGE TOP