HOME -> SEO用語解説 > YSTとメタタグの効果

SEO用語解説 - や

このエントリーをはてなブックマークに追加

YSTとメタタグの効果

メタタグは、YSTなどのロボット検索エンジンに向けて書かれている隠し文字のようなものです。
メタタグは、普通にサイトを見ているだけでは画面上で直接見ることは出来ません。
メタタグを利用することで、YSTなどのロボット検索エンジンに対してあなたのページをアピールすることができます。
メタキーワードは「META name="keywords"」と記述し、そのページのキーワードを複数書くことが出来るものです。
メタディスクリプションは「META name="description"」と記述し、そのページの説明文を書くことが出来ます。
YSTはメタキーワードとメタディスクリプションの両方を、重要情報として認識することがわかっています。
メタタグには、そのページにあわせて、ページごとに異なった記述をするべきです。
そして、真実を書くことが求められています。
何故なら、ページの中に書かれていない言葉をメタタグに書きすぎることは、検索の順位が下げられてしまうことがあることだからです。
メタキーワードは同じ単語を繰り返さないように3つ以内、多くでも5つ以内にしてください
メタディスクリプションは、なるべく短い文章で、メタキーワードの3つから5つ以内のワードを使ったものが効果的だとされています。

このエントリーをはてなブックマークに追加
PAGE TOP