HOME -> SEO用語解説 > GoogleとYSTでのメタタグ効果の違い

SEO用語解説 - く

このエントリーをはてなブックマークに追加

GoogleとYSTでのメタタグ効果の違い

メタタグは、サイトを普通に見ているときは画面上で直接見ることは出来ません。
YSTなどのロボット検索エンジンに向けて書かれている隠し文字のようなものが、メタタグだと思ってください。
メタタグを使うことで、YSTに対してあなたのページのことをアピールすることが出来ます。
「META name="keywords"」の"keywords"には、ページのキーワードを複数書くことが出来ます。
「META name="description"」の"description"は、そのページの説明文を入れることができます。
「META name="keywords"」はメタキーワード、「META name="description"」はメタディスクリプションと呼ばれています。
Googleに対しては、メタタグはあまり効果を発揮しません。
メタディスクリプションのみを見るのがGoogleの仕様です。
YSTに対して、メタタグは有効であると言えるでしょう。
YSTはメタキーワード、メタディスクリプションの両方を重要情報として認識します。
Googleに対してのメタタグと、YSTに対してのメタタグの2種類を用意することも必要かもしれません。

このエントリーをはてなブックマークに追加
PAGE TOP