HOME -> SEO用語解説 > 消費者の立場でメリットを解説する

SEO用語解説 - し

消費者の立場でメリットを解説する

商品やサービスのメリットを書く際には、消費者の立場に立つことが重要になってきます。
機能や特徴を並べていくのではなく、商品を実際に購入したときにどのようなメリットがあるかを書いていくことで、消費者は商品やサービスを購入しやすくなります。
これは、自分が消費者側に立っているときのことを考えればわかります。
淡々と商品の機能や特徴を説明しているサイトよりも、消費者の立場に立って具体的に商品を購入することでどのような良いことがあるのかを説明してくれているサイトで商品を購入したくなるものです。
これは、消費者にとって当たり前と言えるようなことでしょう。
しかし、商品やサービスを販売する側になってしまうと、この当たり前のことがわからなくなってしまいます。
消費者としての感性が、販売側に立った途端に停止してしまうのです。
これは、消費者のことよりも、利益を上げて自分が得をしたいという欲望があるからでしょう。
「自分だけが得をしよう」という考えでは、ビジネスは長続きしないものです。
消費者の立場に立って、まず消費者に得をさせてあげるという気持ちを持つことが大切です。
費者の立場に立って口語調で、家族や友人に語りかけるように商品やサービスの説明をしましょう。

PAGE TOP